不用品回収・粗大ゴミ回収・ゴミ回収なら
24時間365日受付のKADODEにお任せください!

KADODE

ベッドは無料で処分できる?手間なくお得に処分する方法を徹底解説!

  • トップ
  • ベッドは無料で処分できる?手間なくお得に処分する方法を徹底解説!

手間なくお得にベッドを処分する方法

お客様
お客様
ベッドって大きくて処分が大変そうだけどどうすればいいの?
お客様
お客様
安く処分したい!できれば無料で。

大きくて結構重いベッドは処分するのもかなり大変そう…。

できれば簡単に、そしてお得に処分したいですよね!

 

この記事ではそんなあなたに、ベッドの様々な処分方法をご紹介します。

まずはその処分方法を知った上で、その中からあなたに一番合ったベストな方法を選びましょう。

手間なくお得にベッドを処分したい方は必見です!

 

 

ベッドの処分方法は7種類

ベッドの処分方法は7種類

 

では、ベッドを処分するにはどんな方法があるのでしょう?

主な方法は以下の7種類です。

  • 粗大ごみとして自治体に回収してもらう
  • 自治体の処理施設に自分で持ち込む
  • 解体して家庭ごみとして出す
  • 引っ越し業者に引き取ってもらう
  • 買い替え時にお店に引き取ってもらう
  • リサイクルショップに買い取ってもらう
  • 不用品回収業者に処分・買取を依頼する

 

どの処分方法にも、メリットとデメリットがあります。

それぞれの処分方法を順番に詳しくご紹介していきますので、ご自身の状況に照らし合わせて、お得な方法を選択しましょう。

粗大ごみとして自治体に回収してもらう

各自治体が行っている粗大ごみ回収でベッドを処分する方法です。

粗大ごみと言えばまずは自治体の粗大ごみ回収を思い浮かべる方が多いでしょう。

 

自治体によって多少変わりますが、大まかな流れは以下の通りです。

  1. 自治体の粗大ごみ受付センターに連絡して予約し、回収日・料金・回収場所の確認をする
  2. 回収料金分の粗大ごみシールをコンビニなどで購入する
  3. 粗大ごみシールをベッドに貼り付ける
  4. 回収日時までにベッドを玄関先や指定の回収場所まで運び出す
  5. 自治体が回収作業を行う

 

メリットとしては、比較的処分費用が安く済むことでしょう。

しかし、回収までに時間がかかり(1週間から1か月)、粗大ごみシールを用意したり、指定の場所までベッドを移動しなければならない点がデメリット。

基本的には屋内からの運び出しは行ってくれないため、ベッドの運搬となるとなかなか大変な作業です。

 

ベッドは大きいため、1人では運び出すのは難しいでしょう。

しかし、自治体によっては、障害者や高齢の方向けの有料運び出しサービスを行っているところもあります。

自治体の処理施設に自分で持ち込む

こちらは、自治体のごみ処理施設まで、ベッドをご自身で直接持ち込む方法です。

この場合も費用は安く済みますが、ご自身で処理施設まで運搬するための車両を用意しなければならず、さらに積み込み・運搬・荷下ろしまで行わなければなりません。

 

ベッドの場合、分解してもご家庭の乗用車に積み込むのは難しいので、トラックなど大きな車両を用意する必要もあります。

ご自身でトラックをお持ちでない方は難しいため、おすすめできる方法ではありません。

 

なお、自治体によっては一般の方の持ち込みを受け付けていないところもありますので、もしこの方法を利用する場合は各自治体に持ち込み可能か問い合わせてみたほうがいいでしょう。

解体して家庭ごみとして出す

ベッドを解体して家庭ごみとして出せば、無料で処分できます。

各自治体によって違いはありますが、一片の長さが30㎝以内、ゴミ袋に入る大きさのものであれば家庭ごみと出せる場合が多いでしょう。

 

ベッドは組み立て式の物が多く、ある程度までは分解ができますが、それではまだ大きいため、さらに切断し、かなり細かくしないと家庭ごみとして出すことはできません。

材質が木の物であれば、ノコギリなどで切断することも可能ですが、スチール製のベッドは素人にはまず無理でしょう。

切断する工具などをお持ちでない場合は、あまり現実的な方法とは言えません。

 

廃スプリングマットレスは適正処理困難物

ベッドのマットレスは、適正に廃棄物処理をすることが難しいため、廃棄物処理法で「適正処理困難物」に指定されています。

そのため、マットレスを個人で解体するのもかなり大変な作業となるでしょう。

マットレスはスプリングの素材によって可燃ごみか不燃ごみに分かれます。

スチール製のスプリングが使われている場合は、それを切断する工具も必要です。

 

マットレスの解体に関しては以下のサイトが参考となるでしょう。

マットレスの処分方法は8つ!無料で手間のかからない捨て方を徹底解説

基本的に廃棄物業者も手作業で生地とスプリング分ける作業を行っています。

この作業がとても手間がかかるため、自治体で粗大ごみとしてマットレスを回収する場合も別料金で設定されている場合が多いのです。

引っ越し業者に引き取ってもらう

もし引っ越しのタイミングでベッドを処分される場合は、引っ越し業者に処分を依頼するという方法もあります。

引っ越しを予定されている場合は、手間なく処分できるベストな方法と言えるかもしれません。

 

引っ越し業者によっては、無料で不用品を回収してくれるところもあるので、もし引っ越しを検討されている場合は、業者に処分してもらえるか確認してみるといいでしょう。

業者によっては買取を行っているとこもあります。

買い替え時にお店に引き取ってもらう

全ての店舗ではありませんが、新しいベッドを購入した時に古いベッドを引き取ってくれるところもあります。

ただし、無料ではありません。

 

例えば、ニトリや無印良品では引取サービスを行っています。

引取条件は以下の通りです。

ニトリ
  • 購入したベッドと同数量、または同容量のベッド
  • 配送員設置商品限定で、宅配便を使う場合は不可
  • 1度の注文・配送につき3,000円で引取可能
無印良品
  • 購入した商品と同種・同数量のもの
    (例:シングルベッド1点購入したら、シングルベッド1点引き取り)
  • 電動ベッド・ウォータベッド・布団・枕・クッション各種
    これらを除いた対象商品
  • 1回の注文で3,000円×注文個数で引取可能

 

処分費用はかかりますが、自宅にベッドが届くと同時に古いベッドを引き取ってもらえるので手間なく処分ができる方法と言えるでしょう。

リサイクルショップに買い取ってもらう

処分予定のベッドがまだまだ使える状態の物であれば、リサイクルショップに買い取ってもらえる可能性があります。

買い取り費用は店舗やベッドの状態によって様々ですが、処分費用がかからず、逆にお金が入ってくるのがメリットです。

出張買取を行ってるいる店舗もあるので、まずは電話で問い合わせてみて買取可能か確認してみましょう。

 

デメリットとしては、ベッドの状態が悪く買取してもらえない場合、別の処分方法を探さなければならない点です。

また、ベッドは店舗に展示する際にとても場所を取るため、ベッドの買取自体を行っていないリサイクルショップもあります。

不用品回収業者に処分・買取を依頼する

最後に、不用品回収業者を利用してベッドを処分する方法です。

メリットは、どんな状態のベッドであっても回収してくれて、家の中からの運び出しも行ってくれる点でしょう。

 

また、買取を行っている業者も多く、状態がよければ処分費用がかからず、買い取り代金が手に入ります。

もし査定で買取ができないとなっても、回収費用を払えば処分してもらえるので手間もかかりませんね。

 

デメリットとしては、買取ではなく処分するときの費用が自治体の料金よりも少々高くなってしまうことです。

しかし、自治体の処分のように、自身で運搬する必要が全くないので、手間はほとんどかかりません。

違法な不用品回収業者に注意!

とても便利な不用品回収業者ですが、中には不用品を回収する免許を持っていない違法な業者もあります。

回収した不用品を正しく処分せずに不法投棄してしまったり、見積りよりも高い料金を請求されたりと、トラブルに発展してしまうことがあるので注意が必要です。

 

そのような業者には次のような特徴があります。

  • 街中をスピーカーで宣伝しながら巡回してる
  • ホームページが無い
  • ホームページがあっても会社情報が記載されてない
  • 事前の見積りをしてくれない

 

このような業者は悪徳業者である確率が高いので関わらないようにしましょう。

 

回収後のベッドはどうやって処理されている?

ベッドは回収後どのように処理される?

 

ちなみにみなさんから回収されたベッドはどのように処理されているかご存知ですか?

大体は以下のように処理されています。

  1. 廃棄物として処理される
  2. 中古販売店(リサイクルショップ)などに持ち込まれる
  3. 中古品が売買される古物市場へ持ち込まれる
  4. リユース品として海外に輸出される
  5. 中古品としてインターネットで販売される
  6. 店舗販売でリユースされる

 

1番が回収業者にとって最も費用がかかり、下に行くにつれて費用が少なくなっていく、またはリユースするため回収業者の利益になります。

そのため、ベッドを回収した業者がその後どのようにして処理するかで、請求される金額が変わってくるのです。

 

ベッドの処分ならKADODEにおまかせ!

手間をかけず、ベッドをすぐに処分したい場合は不用品回収業者「KADODE」がおすすめです!

即日対応も可能なため、お問い合わせから最短1時間でご自宅まで回収に伺います。

 

また、当日以外でもお客様の都合に合わせて回収日時を設定させていただきますので、土日祝日や夜遅い時間でも対応可能。

さらに、KADODEは買取にも力を入れていますので、まだまだ使用可能なベッドであればしっかりと査定させていただきますので、お気軽にお問い合わせください。

 

また、ベッドだけだはなく、使っていなかったり古くなって処分したい家具や家電があれば、それらも一緒に回収させていただきます。

不用品の点数が多い場合は、お得な定額プランもご利用いただけますので、1度チェックしてみてください。

もちろんベッド以外の買取も行っています。

 

>> KADODE の不用品回収プランをチェック! <<<

 

ベッドの回収事例

ベッドの回収事例

宮崎県の回収事例

宮崎県延岡市周辺不用品回収前画像宮崎県延岡市周辺不用品回収後画像

スタッフからのコメント

ソファーベッドの単品回収に伺いました。ご依頼主様は以前から買い替えをお考えのようでしたが、古いベッドの処分方法がよく分からずこれまで処分できなかったとのことで「これでやっと新しいのが買えます」とお喜びいただけました。

主な回収品目
ベッド
作業時間
10分
ご利用エリア
宮崎県延岡市周辺

埼玉県の回収事例

埼玉県さいたま市浦和区周辺不用品回収前画像埼玉県さいたま市浦和区周辺不用品回収後画像

スタッフからのコメント

家具を買い替えたいから古いものを回収してほしいというご依頼を受け、ご自宅に伺いました。ベッドが2点ありましたが、素早く解体し、お問い合わせ時にお伝えしていた作業時間内で作業を終わらせました。お客様が思っていたより早く回収が完了したようで、少し驚いていらっしゃったのが印象的でした。

主な回収品目
ベッド、マットレス、こたつ、カラーボックス、テレビ
作業時間
20分
ご利用エリア
埼玉県さいたま市浦和区周辺

ベッドの処分に関するよくある質問

分解しないとベッドを部屋から出せないのですが、事前にこちらで分解する必要があるのでしょうか?
お客様
お客様
KADODE不用品回収相談係
KADODE不用品回収相談係
ベッドの分解は当日に弊社の作業スタッフが行います。
お客様が事前に行っていただく作業はございません。
経験豊富なスタッフが素早く分解し、ご自宅の壁や床にキズなどを付けないよう、丁寧に搬出いたします。

ベッドの処分方法まとめ

ベッドの処分方法を7つご紹介いたしました。

それぞれ費用や手間などのメリット・デメリットがあります。

しかし、ご自身で運搬するような方法は身体的にも負担がかかり、怪我をしてしまうこともあるかもしれません。

 

そのため、できるだけ屋内からの運び出してくれるサービスを利用したほうがいいでしょう。

さらに、買取をしてくれるところであれば、その分お得に処分することが可能です。

 

特に今回ご紹介した中でも不用品回収業者のKADODEなら、手間なく、そしてお得にベッドを処分できます。

ベッドの処分でお悩みの方は、ぜひKADODEでまでご相談くださいませ。

単品からOK!まずはお問合せください

お見積もりは無料です!

お急ぎのかたはお電話で!
まずは、お気軽にお問い合わせ下さい。

0120-966-926

24時間・年中無休で対応

  • オンラインお見積り
  • 無料line査定

よくあるご質問

自分の住んでいるところが対応エリアに該当するか分かりません
電話またはメールの窓口にて、対応エリアを確認させていただきますのでお気軽にお問い……
分別は必要でしょうか?
基本的には、分別を行っていただく必要はありません。 分別されている場合、作業時……
天候が悪くても回収してもらえますか?
天候に関係なく回収可能ですので、お気軽にお問い合わせください。 また雨の日の場……
買取もやってますか?
カドデでは買取も積極的に行っております。 買取させていただいた分は回収代金より……

TELTEL
  • オンラインお見積り
  • 簡単LINE無料査定