不用品・粗大ゴミ回収なら24時間365日受付のKADODE!

KADODE 24時間365日受付中!0120-966-926
DISPOSAL ITEMS

発泡スチロールは何ごみ?自治体ごとに異なる捨て方を解説!

自治体ごとにルールが決まっている!捨て方を徹底解説 発泡スチロールは何ごみ?

お客様
お客様
発泡スチロールは何ごみで出せば良いの?
お客様
お客様
発泡スチロールは種類によってどんな捨て方をすれば良いのかわかりにくい!

食品トレイや梱包材など発泡スチロールは、すぐにたまってしまうものです。自治体では何ごみで出すのか、悩んでしまうことがありませんか?

 

発泡スチロールは資源ごみで出せると思っていても、自治体次第では燃えるごみの分別で回収する場合もあります。ルールを守っていないとせっかく出しても回収されません。

 

発泡スチロールは、自治体ごとに分別が指定されているので注意が必要です。発泡スチロールは軽いもののかさばってしまうのが厄介です。

 

コンパクトにまとめる方法や手軽に処分する方法もご紹介しておきますのでぜひ参考にしてみてください。

    この記事でわかること

  • 発泡スチロールは資源ごみや回収ボックスで捨てられる
  • 自治体ごとに発泡スチロールの捨て方が決めあれている
  • 梱包用の大きい発泡スチロールは小さく解体して処分できる
  • 大量の発泡スチロールやゴミを処分するなら不用品回収業者へ

0120-966-926
簡単LINE見積もりはこちら 無料見積もりフォームはこちら
0120-966-926
無料見積もりフォームはこちら 簡単LINE見積もりはこちら

発泡スチロールは種類によってごみの捨て方が異なる

資源ごみ?回収ボックス?知っていると安心 発砲スチロール種類別のごみの捨て方

発泡スチロールは、以下の3種類に分けられます。

 

  • 梱包や冷蔵の目的で使われる大きな箱型のもの
  • 肉や魚・お惣菜などのトレイ
  • 建材用

 

自治体での発砲スチロールの出し方は、それぞれ指定されているのでお住まいの自治体のルールをまず調べておきましょう。

発泡スチロールは資源ごみとして捨てられる

発泡スチロールは、通常は容器包装プラスチックの分類です。資源ごみの名称は、「プラスチック製容器包装」「容器包装プラスチック」など自治体で呼び方は異なります。

 

プラスチック製容器包装に該当しているか分かりにくい時には、「プラマーク」があれば資源ごみで出せるので確認してください。プラマークがない時や資源ごみか迷う時には一般ごみで出すようにしましょう。

発泡スチロールを回収ボックスに入れて処分

発泡スチロールの中でも、家庭ですぐにたまってしまうものは食品トレイです。資源ごみとして回収日に出すほかには、スーパーに設置されている回収ボックスに入れて処分する方法もあります。

 

発泡スチロールで回収できるものとできないもの

回収できるもの 回収できないもの
プラマークがある プラマークがない
肉や魚が入っているトレイ 汚れているトレイ
総菜や寿司の入っているトレイ 銀色や金色のトレイ

食品トレイの回収量は増えているものの、リサイクルできないものが回収ボックスに入っている事例も多いので、確認は必ずしましょう。

地域によっては細かく指定されている

自治体によって発泡スチロールは「資源ごみ」ではなく「燃えるごみ」で分別しているところもあります。自治体次第で、分別の仕方が異なるので気をつけてください。

 

たとえば、「汚れが取れないトレイは燃えるごみで出す」「汚れはある程度落とせば資源ごみで出せる」など、分別のルールが違うのでまずは自治体のホームページで確認しておきましょう。

【自治体別】発泡スチロールのごみの分別一覧

自治体で分別が異なる!チェックしておこう!発砲スチロールの分別一覧

発泡スチロールのごみ分別状況をまとめてみました。全国の主要都市で、対応が異なっていることが分かります。

 

【参考】

都道府県 自治体 分別
北海道 札幌市 容器包装プラスチック
宮城県 仙台市 プラスチック製容器包装
埼玉県 さいたま市 食品トレイは食品包装プラスチック

発泡スチロール製容器は燃えるごみ

東京都 新宿区 容器包装プラスチック(資源)

汚れのとれないものは燃やすごみ

愛知県 名古屋市 プラ容器包装(商品以外で梱包に使用したものは可燃ごみ)
岐阜県 岐阜市 廃食用油・発泡スチロール・白色トレイ・ペットボトルのキャップ

(白色トレイと他の発泡スチロールは分ける)

大阪府 大阪市 梱包材・食品トレイは容器包装プラスチック

発泡スチロール(商品が入っていたもの以外のもの)は普通ごみ

兵庫県 神戸市 容器包装プラスチック
広島県 広島市 梱包用はリサイクルプラ

梱包・保護以外のものはその他のプラ

愛媛県 松山市 プラスチック容器包装
福岡県 福岡市 燃えるごみ

 

発泡スチロールを小さく解体して捨てる方法

安全な方法で!知って役立つ!発砲スチロールを小さく解体して捨てる方法

梱包用に使われていた発泡スチロールは、大きくてかさばってしまうものが多いでしょう。小さく解体して捨てる方法を知っておくと便利です。

カッターで切る

発泡スチロールにカッターで切れ目を入れて割ると小さくしやすくなります。薄いものなら、カッターで切り分けるのも可能です。

カッターで切れ目を入れておくと、手で割りやすいので便利に使えます。

 

発泡スチロール用のスチロールカッターを買っておくと、楽に細かくできて便利です。

  • スチロールカッターは電源式や電池式があり数千円で購入できるので重宝!

発泡スチロールを割る時には、袋に入れてから作業に取り掛かりましょう。小さなくずが散乱して掃除に手間がかかるためです。

 

カッターの他には、包丁も使えます。カッターの場合は、刃を最大まで出す必要がありますが、包丁だと刃の幅と厚みがあるため、切りやすくなるわけです。

 

包丁の刃をガスで熱するとすんなり切れやすくなるものの、やけどの可能性もあるので万人向けの方法とは言えません。

 

有機溶剤で溶かすのは危険

発泡スチロールを有機溶剤に入れて溶かせば、形がなくなるので簡単だと考える方もいます。灯油に浸けると溶けてしまうものの、引火しやすいので絶対にしてはいけません。

 

有機溶剤で溶かすと有害物質が発生してしまう場合もあり、非常に危険です。安易に、使ってしまうと危険なのでやめてください。

 

発泡スチロールを溶かす専用の薬剤が販売されていますが、費用が割高でおすすめできません。

発泡スチロールごみの処分費はどれくらい?

自治体や業者の場合 いくらかかるのか?発砲スチロールゴミの処分費は?

発泡スチロールの処分に関する費用を見て行きましょう。自治体のごみ回収やリサイクルボックス回収の他には、不用品回収業者に回収してもらう方法があります。

発泡スチロールの処分目安

処分方法 費用
自治体のごみ回収 無料(袋代のみ)
リサイクルボックス回収 無料
不用品回収業者 80~110円/㎏ 程度が相場

業者によって差がある

 

不用品回収業者だと発泡スチロールの処分に費用がかかるので、注意が必要です。お得に処分するなら、出しやすいものは自治体のゴミ回収やリサイクルボックス回収を利用するのがおすすめです。

 

しかし、自治体のゴミ回収はルールが定められているため、分別や洗浄が必要となります。その点、不用品回収業者なら種類・数量・汚れの有無にかかわらず発泡スチロールを回収してくれるので便利です。

発泡スチロールや不用品を処分するならKADODEにおまかせ

他の不用品も同時に回収!お悩みを解決!発砲スチロールの処分もKADODEのおまかせ

発泡スチロールや不用品を処分する場合、KADODEにご相談ください。他の不用品もまとめて処分したいご依頼も多数受けています。

 

「発泡スチロールの回収ボックスが最寄りにない」「発泡スチロールがたくさんあり処分するのが難しい」などのお悩みがある方は、ぜひKADODEへご一報ください。

 

KADODEでは、発泡スチロールが大量にある場合や他の不用品と一緒に出したい場合でも迅速に対応いたします。お得な定額パックプランをご用意しており、基本料金や出張費用もすべて含んでいるのでお見積り以降に追加料金がかかることもありません。

0120-966-926
簡単LINE見積もりはこちら 無料見積もりフォームはこちら
0120-966-926
無料見積もりフォームはこちら 簡単LINE見積もりはこちら

まとめ

まとめ!もう迷わない!発砲スチロールの処分が丸わかり!

発泡スチロールは、自治体の回収やボックス回収を利用すれば無料で処分可能です。お伝えした内容で、発砲スチロールの処分が全てわかるようになります。

 

まずは、発泡スチロールの分別を確認してから適切に処分するのが鉄則です。

 

早急に片付けたい時や発泡スチロールがたくさんある時、他の不用品も処分したい時には不用品回収業者が頼りになります。状況によっては、業者への依頼も活用してみてください。

EXAMPLE

不用品回収例

単品からOK!

など、様々な不用品処分
ご活用いただけます。

下記のような場面でお役立てください! 下記のような場面でお役立てください!
AREA

対応エリア

areaページ地図

四国地方

0120-966-926
簡単LINE見積もりはこちら 無料見積もりフォームはこちら
0120-966-926
無料見積もりフォームはこちら 簡単LINE見積もりはこちら
↑