不用品・粗大ゴミ回収なら24時間365日受付のKADODE!

KADODE 24時間365日受付中!0120-966-926
DISPOSAL ITEMS

小型家電の正しい捨て方を不用品回収業者が解説します!

小型家電の正しい捨て方を不用品回収業者が解説します!

お客様
お客様
パソコンや体重計を捨てたいけどどうすればいいの?
お客様
お客様
せっかくならお金をかけずに小型家電を捨てたい!

上記のように考えている方はいませんか?今回は実際に小型家電の処分方法や回収してもらう方法をご紹介します!
 
「小型家電」に相当するものは一般的な処分の方法で捨てることができない場合があります。処分しようとしているものは資源として再利用できるのか、燃やすと有害物質を発生させてしまうのかによって大きく変わってきます。
 
必ず事前に確認をして、適切な処分ができるようにしましょう。

    この記事でわかること

  • スマホ、カメラ、ゲーム機といった家電は小型家電に含まれる
  • 小型家電はお住まいの地域によって処分方法が異なる
  • 販売店、リサイクルショップ、自治体、業者といった捨て方がある
  • 小型家電の状態が良ければ買い取ってもらえることも
  • 壊れた小型家電をまとめて処分するなら不用品回収業者が無難
0120-966-926
簡単LINE見積もりはこちら 無料見積もりフォームはこちら
0120-966-926
無料見積もりフォームはこちら 簡単LINE見積もりはこちら

捨て方を調べる前に!そもそも小型家電とは?

そもそも小型家電とは?
 
家電といってもたくさんの種類がありますよね。どういったものを小型家電と呼ぶのかについてここでは軽く見ていきましょう。
 
サイトによって定義が若干異なることがありますが、環境省の定義では28品目あります。
 
日本では平成25年から「小型家電リサイクル法」というものが施行され、国がリサイクルを推奨しています。実は小型家電には有効活用できる資源がたくさん眠っているということです。
 
28品目を掲載しておきます。詳しい情報は環境省のホームページに詳しく掲載されていますのでそちらをご覧ください。
 
対象のものはこちらです。

    小型家電28品目

  • 電話機、FAX
  • 携帯電話、PHS端末
  • ラジオ
  • デジタルカメラ、ビデオカメラ、DVDレコーダー
  • デジタルオーディオプレイヤー、ステレオセット
  • パーソナルコンピュータ
  • 磁気ディスク装置
  • プリンターなどの印刷装置
  • ディスプレイなどの表示装置
  • 電子書籍の端末
  • 電動ミシン
  • 電気グラインダー、電気ドリル
  • 電子式卓上計算機
  • ヘルスメーター
  • 電動式吸入器
  • フィルムカメラ
  • ジャー炊飯器、電子レンジ
  • 扇風機、電気除湿機
  • 電気アイロン、電気掃除機
  • 電気コタツ、電気ストーブ
  • ドライヤー、電気カミソリ
  • 電気マッサージ器
  • ランニングマシン
  • 電気芝刈り機
  • 蛍光灯器具
  • 電子時計
  • 電子楽器
  • ゲーム機、電子器具

完全に壊れてしまった、もしくは売り物にならなかった場合はリサイクルを検討しましよう。

小型家電の捨て方

そもそも小型家電とは?
 
捨てる方法は大きく分けて2種類あります。前提として小型家電はそのままの状態で捨てることは推奨されていません。売るか、再利用するかのどちらかの場合がほとんどです。

    小型家電を捨てる方法

  • 小型家電をリサイクルする捨て方
  • 小型家電を個人で処理する場合の捨て方

それぞれ見ていきます。

小型家電をリサイクルする捨て方

リサイクルとして処分するやり方です。金、銀、銅などは再利用できるものですが、鉛など環境に被害を及ぼす物質もあるのでそれぞれの品目にあった処理をしなければなりません。
 
主な方法は以下の2種類です。

    リサイクル回収

  1. 公共施設やイベントで設置されているボックスで回収
  2. クリーンセンターなどで資源回収と共に集める

小型家電は公共施設やイベントによりますが、回収も市町村ごとの取り組みとして行なっていることがあります。場所によっては盗難の危険性もあるため、指導員が立ち会うなどして適切に行われるように回収が実施されています。
 
対象となる品目や時期は回収場所によって異なりますのでご確認ください。

小型家電を個人で処理する場合の捨て方

他には個人でゴミとして処分する方法もあります。燃えるゴミの大きさで捨てられるものは捨てて、それ以上の大きさや量とになると粗大ゴミとして処理されます。
 
ただし、使えなくなった小型家電の中にも再利用できるものが含まれている可能性があるので、個人での処分はあまりおすすめできません。しっかりと買取や再利用をしてもらえるサービスを利用しましょう。
 
業者や市町村が行なっているサービスを利用するのが確実です。対象になっているかどうかは各自治体や市町村によって異なるので必ず確認をおこなうようにしましょう。

小型家電を出張買取や店舗を利用する捨て方

そもそも小型家電とは?
 
使わなくなった小型家電を有料で買い取ってもらう方法もあります。購入してからあまり時間が経っていないものは、売却できないか検討してみることをおすすめします。
 
現金化する方法は大きく分けると2種類です。

    小型家電を売る方法

  1. 小型家電を出張買取サービスを利用して捨てる
  2. 小型家電を店舗を利用して捨てる

それぞれについて見ていきます。

小型家電を出張買取サービスを利用して捨てる

出張を行なっている買取サービスを利用します。小さなものだけでなく、大きめの家具など家の他の不用品も一緒に売りたい時や1人で店舗まで持っていくことができない時はとても便利です。
 
事前に電話やwebから簡単に見積もりをしてもらい、指定の日時に自宅まで取りに来てくれます。事前にメールやお電話で見積もり査定をできることが多いので、対象となる商品なのか今の状態を詳しく伝えておくことで予算をある程度予測することができます。
 
業者によって出張費が異なります。また、扱っている種類や時期によって買取を強化していることもありますので、複数のサービスを利用して値段を比較することが大切です。

小型家電を店舗を利用して捨てる

処分したいけど使用年数が浅いものやまだ使えそうな場合は店舗に直接持っていきましょう。事前に電話で買取の対象か確認するのがおすすめです。
 
ご自分で店舗まで持ち込める場合は好きな時間に査定に行けることが魅力です。ただし、時期によっては混んでいたり時間がかかってしまうことが多いです。
 
近くにリサイクルや買取を行なっている店舗があるかどうか一度調べてから検討してみてはいかがでしょうか。

不用品回収業者を利用した小型家電の捨て方

そもそも小型家電とは?
 

お客様
お客様
他にも売れなくても捨てたい小型家電が家にある

お客様
お客様
自分で小型家電を色々な場所に持っていくことが面倒だ…

ここまで個人での処分方法や業者を利用するやり方をご紹介してきましたが上記のような考えの方におすすめなのが不用品回収業者を利用することです。小型家電の回収はもちろん、家にある大きいものやすでに要らなくなったもの、ゴミも含めて全てまとめて回収してくれます。
 
主なメリットは個人で作業するよりも圧倒的に楽であること、複数の品目を同時に処理できることです。お時間がない方や色々なものを整理したい方、引っ越しをする予定の方はぜひ検討してみてください。

小型家電を手軽に捨てたい方はKADODEにお任せください!

KADODEは24時間年中無休で不用品回収を行っています。見積もり時の出張費や費用は一切いただきません。事前にLINEやオンラインでの見積もりができ、クレジット決済も対応可能です。
 
お引越しや大掃除で大量の不用品を捨処分する場合には、定額パックでお得にご利用いただけますので安心してお電話ください。

KADODE
対応エリア 東京都、千葉県、神奈川県、静岡県、埼玉県、大阪府、愛知県
奈良県、岡山県、広島県、兵庫県、山口県、大分県、
福島県、宮崎県、佐賀県、熊本県、鹿児島県、長崎県
定額料金プラン 全部で6種類 5,000円〜
対応可能業務 不用品回収、ゴミ屋敷の片付け、不用品買取
営業時間 24時間対応(年中無休)
ホームページ https://kado-de.jp/
電話番号 0120-966-926
お客様
お客様
いくつか処分したいものがあり、1人では難しかったのでお願いしました。対応がスムーズだったのでとても助かりました。
お客様
お客様
お金にならないと思っていたものも買い取ってくれて、処分になったものもそのまま引き取ってくれたので手間がかからずに終わりました。ありがとうございました。

 

0120-966-926
簡単LINE見積もりはこちら 無料見積もりフォームはこちら
0120-966-926
無料見積もりフォームはこちら 簡単LINE見積もりはこちら

小型家電の捨て方まとめ

KADODE
KADODE
小型家電を簡単に捨てたい方はKADODEにご相談ください!

いかがでしたか?最近では、すでに要らなくなったものや壊れたものを改めて資源として利用することが増えているようです。
 
ただし、必ずしも有効資源とは限らないのでしっかりと確認をすることが必要です。リサイクルショップなどを利用しても売れずに捨ててしまう場合は、処分方法や分別方法なども自治体ごとに細かく定められているので必ず確認しましょう。
 
捨てようと考えている場合は一度、不用品回収業者に見積もりを依頼すると二度手間にならずオススメです。

EXAMPLE

不用品回収例

単品からOK!

など、様々な不用品処分
ご活用いただけます。

下記のような場面でお役立てください! 下記のような場面でお役立てください!
AREA

対応エリア

areaページ地図

四国地方

0120-966-926
簡単LINE見積もりはこちら 無料見積もりフォームはこちら
0120-966-926
無料見積もりフォームはこちら 簡単LINE見積もりはこちら
↑