不用品・粗大ゴミ回収なら24時間365日受付のKADODE!

KADODE 24時間365日受付中!0120-966-926
DISPOSAL ITEMS

お得に本を処分するおすすめの方法5選!本の状態別捨て方も紹介

お得に本を処分できるおすすめの方法5選!高価買取の秘訣や本の状態別捨て方も紹介
 

お客様
お客様
増えてきた本の一番良い処分方法って何?

お客様
お客様
本を捨てないで処分する方法はないかな?

本が好きで、読んだ後の本も大事に保管しておくという方は多いでしょう。本を取っておきたい気持ちは分かりますが、保管場所が確保できなくて適当に床に山積みになっていたり、タンスの奥深くにしまい込まれたりしている本は、本来の「人に読まれる」という姿からかけ離れてしまっています。
 
本を捨てたくない方でも、お得に本を処分する方法や捨てる以外で本を処分できる方法があると知れば、納得して本を手放せるはずです。そこで今回は、本を可能な限りお得に処分できる方法を紹介します。
 
本を高く売るコツや状態別に本を処分する方法も紹介しますので、本を断捨離できずに困っているという方はぜひ参考にしてみてください。

    この記事でわかること

  • 放置している本や収まりきらない本は処分すべき
  • 本の状態や価値によって適切な捨て方は異なる
  • 状態が良ければフリマアプリや古本屋で売れる
  • 変色や破損のある本は資源ごみとして処分できる
  • 本や不用品をまとめて処分するなら不用品回収業者へ

0120-966-926
簡単LINE見積もりはこちら 無料見積もりフォームはこちら
0120-966-926
無料見積もりフォームはこちら 簡単LINE見積もりはこちら

本をお得に処分する方法6選!

本をお得に処分する方法6選!
 
本は自治体で処分することができますが、そのまま捨てるのはもったいないですよね。そこで、本をお得に処分する方法をご紹介します。
 
処分方法ごとに特徴が異なるのでご自分の都合や本の量に応じて捨て方を選択しましょう。

資源ゴミとしてまとめて捨てる

読めるような状態にない本は、残念ながらゴミとして捨てるしかありません。資源ゴミの日にまとめて出すか、近くの古紙回収センターを探して持っていくと良いでしょう。
 
自治体によっては資源ごみに分別されないこともあるので、ゴミに出す前にホームページを確認しましょう。

    注意
    本は資源ごみに分別されるので、くれぐれも燃えるごみの日にまとめて出さないようにしてください!

本を燃えるゴミに出すと回収してもらえないこともあるため、近所の方やゴミ収集業者の方の迷惑になってしまいます。

古本屋に買い取ってもらう

良い状態に保たれている本は、古本屋で高く買い取ってもらえる可能性が高いです。目立った傷や汚れが少なく変色がない本は、積極的に古本屋で買い取ってもらうようにしましょう。
 
古本屋で買い取ってもらう際は、お店に持ち込む以外に出張買取や宅配買取も選択可能です。

    買取サービスの種類

  • 持込買取:お店に本を持って行って査定してもらう方法
  • 出張買取:家に来てもらいその場で査定してもらう方法
  • 宅配買取:本を自分で箱に詰めて送り査定してもらう方法

すぐにお金が欲しい方は持込買取、自分で箱に詰めるのが面倒な方は出張買取、人との接触を避けたい方やじっくり査定をして欲しい方は宅配買取がおすすめです。ただし、宅配買取は配送料をご自分で負担しなければいけない業者もあるのでよく確認しましょう。
 
自分ですでに貴重だと分かっている本は、普通の古本屋で売ってはいけません。絶版となっている本はネットで検索し、その本の価値を分かってくれそうなお店を探して売りに行くようにしましょう。

フリマアプリで売る

フリマアプリなら自分の好きな本を存分にアピールしつつ、希望の値段で売ることができます。本の状態が良ければ写真写りも良くなるため、買いたい人の目に留まりやすくなるでしょう。
 
ご自分で梱包や配送の手続きをしなければいけませんが、古本屋よりも高く売れるケースもあります。本を売るなら以下のフリマアプリがおすすめです。

    おすすめのフリマアプリ

  • ラクマ
  • PayPayフリマ
  • メルカリ
  • ジモティー

売らずに寄付する

チャリボン

本は売らずに寄付することもできます。購入した本をゴミに捨てるくらいなら他の人に使ってもらいたいと考える方もいるでしょう。charibon(チャリボン)というサイトを利用すれば、NPO団体に本を寄付することができます。
 
状態の良い本は喜ばれる可能性が高いので、世のため人のために思い入れのある本を役立てたいと考えている方はぜひ検討してみてください。
 
世の中に出回っている数が少ない希少本だと、図書館に寄贈できる可能性があります。また、子供用の本などを受贈してくれる保育園もあるので探してみましょう。ただし、寄贈できるかどうかは実際に持って行ってみないと分かりません。

ネットオークションに出す

ネットオークションに出せば、古本屋などでは買い取ってもらえないような古い本も売ることができます。おすすめのネットオークションサイトは以下の通りです。

    おすすめのネットオークション

  • ヤフオク
  • モバオク
  • eBay

古い本の中には非売品もあるので、自分が思っているよりも高値で売れる可能性があります。しかし、購入者がいなければ他の方法で処分しなければいけないので、捨てるまでに時間がかかります。

不用品回収業者に本を回収してもらう

買い取ってもらえなかった本は、不用品回収業者に回収してもらうのも一つの手です。

    不用品回収業者に本を回収してもらうメリット

  • 自分でまとめてゴミ出ししなくても良い
  • 深夜や早朝でも回収に来てくれる
  • 場合によっては買い取ってもらえることもある

不用品回収業者「KADODE」では、積極的に不用品の買取を行っています。できるだけお得に本を廃棄したいという方は、ぜひご一報ください。

0120-966-926
簡単LINE見積もりはこちら 無料見積もりフォームはこちら
0120-966-926
無料見積もりフォームはこちら 簡単LINE見積もりはこちら

【本の状態別】納得して処分できるおすすめの方法

納得して本を処分できる方法
 
本を処分してから後悔しないかどうかは、自分が納得できる方法で処分できたかどうかという点が大きく関わってくるものです。ここでは、本の状態ごとに本を処分する最適な方法を紹介します。
 
自分が心から納得できる本を手放す手段はどれなのか、検討してみてください。

状態の良い本

保管状態が良く汚れや古さが目立たない本は、以下の方法で処分をするのがおすすめです。

貴重な本や古い本

子供の頃や若いころに購入した本が残っているのなら、以下の方法で処分するのがおすすめです。

汚れや変形が目立つ本

中身が破れていたり、日焼けがひどい本は単品で古本屋さんに持って行ったとしてもほとんどお金にはなりません。本の状態が良くない場合は、以下の方法で処分しましょう。

    状態の良い本を処分する方法

  • 状態の良い本と一緒に古本屋で売る
  • 資源ゴミとしてまとめて捨てる
  • 不用品回収業者に回収してもらう

本を処分するときの注意点2選

本を処分するときの注意点2選
 
本を処分するときの注意点を2つご紹介します。知らずに処分して時間やお金を無駄にすることがないように確認しておきましょう。

本は資源ごみとして処分する

不要になった本は自治体のゴミに出すことができますが、燃えるゴミでは回収してもらえない地域が多いです。本を燃えるゴミの回収日に出すと、引き取ってもらえないこともあります。
 
ですから、本は資源ごみに出しましょう。古紙回収を行なっている地域にお住まいの方は、資源ごみではなく回収サービスを利用するのも1つの手段です。

買取できない本もある

本の状態が悪いと買取ってもらえない買取サービスが多いです。黄ばんでいたり、汚れている本は売れないので別の方法で処分しましょう。
 
また、本を購入するときに読み込むバーコード(ISBNコード)の表記がない本も買い取ってもらえません。本の買取基準は業者ごとに決められているので、どうにかして買い取ってもらいたい方は他の業者に査定を依頼してみてはいかがでしょうか。

本をなるべく高く買い取ってもらう3つの秘訣

高く買い取ってもらう3つの秘訣
 
本を売るのなら、できるだけ高額で買い取ってもらいたいものです。高額買取を実現させたいという方は、以下の3つのテクニックを実践してみましょう。

    高く買い取ってもらうコツ

  1. 本はきれいにしてから売る
  2. 本のジャンルによって売る店舗を変える
  3. ネットで本の価値を確認しておく

本はきれいにしてから売る

本に限らず、物を売る時はその物をクリーンアップしてから売りに出すのがマナーです。

    本をクリーンアップする方法

  • 表面や中のホコリを振るい落とす
  • 除菌ティッシュで表面を拭く
  • 日焼け部分は研磨する

濡れたティッシュで拭くときや本を研磨する時は、注意していないとより状態を悪くしてしまう可能性があります。
 
コーティングされていない紙は水拭きしない、研磨は慎重に行い削り過ぎないといった注意点をよく確認しながら、本をきれいな状態に仕上げていきましょう。

本のジャンルによって売る店舗を変える

古本屋によって買取を強化している本のジャンルが異なります。まずは自分の持っている本を「現代小説・時代小説・学術誌・雑誌・ライトノベル・マンガ・攻略本・画集」などのジャンルに分類してみましょう。
 
その後、それぞれのジャンルの本をより高く買い取ってくれるお店がどこなのかおいくらなどで探してみるのが高く売るコツです。

ネットで本の価値を確認しておく

自分が売ろうとしている本の価値や買取相場がどのくらいなのか事前に確認しておけば、低すぎる値段で売却してしまう事態を避けられます。ネットオークションや買取査定などでついた値段が適正価格なのかどうかは、ネットで調べた結果をもとに自分で判断する他ないのです。
 
一緒に売ると価値が上がる付属品などがないかどうかも検索しておくと、より高価買取の可能性が高まります。

本を処分するタイミングを見極めよう

本を処分するタイミングを見極めよう
 
捨てられないやほったらかしにしている本が大量にあることで頭を悩ませている方も多いと思います。
 
それでも今一歩本の処分に踏み切れないという方は、以下のポイントに着目して本を処分するべきタイミングが来ているのかどうか見極めるようにしましょう。

    本を処分すべきタイミング

  1. 本棚に収まり切らない本がある
  2. 自分では楽しめなかった本を放置している
  3. 処分すべきなのは分かっていても決心ができない

本を処分すべきタイミング1:本棚に収まり切らない本がある

本棚の隙間という隙間に本が詰め込まれ、収まり切らない本は床や棚の上に積み上げられているという状態なら、本を処分するべきタイミングです。
 
そこまで大量に本が溢れかえっているわけではないとしても、今の時点で本棚に入らない本が何冊かあるのなら、上記のような状態になるのも時間の問題でしょう。
 
本が増えれば増えるほど、処分するために本を整理したり運んだりする手間が多くかかるようになってきます。
 
本が多過ぎて処分が面倒だと感じる前のなるべく早い段階から、少しずつ本を処分するようにしましょう。

本を処分すべきタイミング2:自分では楽しめなかった本を放置している

買って読んでみたら案外面白くなかったという本は、本棚やタンスの奥に放置されてしまいがちです。しかし、自分がその本を楽しめなかったからといって、他の人もその本を必要としていないとは限りません
 
世界中のどこかに、必ずその本を読んで面白いと感じてくれる誰かがいます。自分が必要としていない本は家の中に放置せず、きちんと買い取ったり引き取ったりしてくれる人に手渡すようにしましょう。

本を処分すべきタイミング3:処分すべきなのは分かっていても決心ができない

本が好きな方や共感力の高い方は、なかなか本を手放せない傾向にあります。本を大切にするあまり本にも感情があるように感じられたり、思い出が消えてしまったりするような気がして、なかなかゴミに出すことができないという方もいるでしょう。
 
そのような時には、本を写真に収めたり、読んだ感想をノートにまとめたりして本の思い出を手元に残してから、本を処分してみてはいかがでしょうか
 
本の状態のまま思い出として取っておくよりも、すっきりとまとめて思い出を保存できるようになるためおすすめです。

大量の本を処分するときは不用品回収業者KADODEにお任せください

KADODE
 
KADODEでは定額パックを提供しているため、大量の本をお得に処分できます。本以外の家具や家電もまとめて回収いたします。
 
お問い合わせいただければ、最短即日で自宅まで回収に伺いますので運搬する必要はございません。KADODEは年間40,000件の実績がある不用品回収業者です。
 
不用品回収だけでなく、買取サービスにも取り組んでいるので不要なものがございましたらお気軽にお問い合わせください!

埼玉県の回収事例

本回収前
本回収後

スタッフからのコメント

雑誌や椅子を処分してほしいとのことで、ご自宅まで伺いました。作業後にお客様から「いらない物を処分したからスッキリした」とのお言葉を頂戴しました。

主な回収品目
雑誌、椅子など
作業時間
30分
ご利用エリア
埼玉県さいたま市

愛知県の回収事例

本回収前
本回収後

スタッフからのコメント

書籍や家具など断捨離で不要になった粗大ゴミを回収いたしました。自治体で不用品を捨てるにはゴミの分別が必要ですが、KADODEではスタッフがすべて作業いたしますので、お客様にお手間をおかけすることはございません。

主な回収品目
雑誌、漫画、椅子など
作業時間
30分
ご利用エリア
愛知県東海市

まとめ:本はなるべく捨てずに処分しよう!

本は読める状態で維持されている限り、なるべくゴミとして捨てるべきではありません。世界にいる誰かに向けて寄付をしたり、売ってお金に換えたり、紙としてリサイクルに出したりした方が本の有効活用になります。
 
大量にあるけど売ることができない不要な本は、不用品回収業者のKADODEが回収可能です。
 
買取も行っていますし、不用品はこちらでまとめて回収いたしますので、お得に本を処分したい方や自分で本の処分するのが面倒だと感じる方はぜひご連絡ください。

EXAMPLE

不用品回収例

単品からOK!

など、様々な不用品処分
ご活用いただけます。

下記のような場面でお役立てください! 下記のような場面でお役立てください!
AREA

対応エリア

areaページ地図

四国地方

0120-966-926
簡単LINE見積もりはこちら 無料見積もりフォームはこちら
0120-966-926
無料見積もりフォームはこちら 簡単LINE見積もりはこちら
↑