不用品・粗大ゴミ回収なら24時間365日受付のKADODE!

KADODE 24時間365日受付中!0120-966-926
DISPOSAL ITEMS

雛人形の処分はどうすべき?捨てる時期や供養の仕方をご紹介!

雛人形の処分方法 まとめてご紹介 捨てる時期や供養の仕方

お客様
お客様
雛人形の処分はどんな方法があるの?
お客様
お客様
雛人形を捨てる時に供養はどんな風にする?

「雛人形を飾らなくなってずいぶんと年数が経っているけど、手放そうかな?」「引越しを機に雛人形を手放そうかと思っているけど捨てても良いの?」など雛人形の処分は悩んでしまうものです。

 

娘の幸せを願って飾られ続けた雛人形は、普通に捨てるのは抵抗がある方も多いでしょう。

 

捨てる以外の処分方法ももちろんあります。雛人形を手放す時期や供養の仕方も詳しくまとめてみました。お悩みの方は、ぜひご覧ください。

    この記事でわかること

  • 雛人形は自治体で処分できる
  • 処分するのに抵抗があればお焚き上げ供養してもらう方法も
  • 雛人形は住居環境が変わるタイミングで処分する方が多い
  • 雛人形の処分にお困りの方は不用品回収業者にお任せ!

0120-966-926
簡単LINE見積もりはこちら 無料見積もりフォームはこちら
0120-966-926
無料見積もりフォームはこちら 簡単LINE見積もりはこちら

雛人形は自治体でそのまま処分できる

ごみで捨ててもいいの? 分別ルールに従う 雛人形は自治体で処分できる
 
雛人形の処分をせざる得ない時には、自治体のゴミとしてそのまま処分することもできます。

 

これまで子供を守ってくれた大事な存在であり、ゴミとしてそのまま捨てるには忍びない方や気持ちの区切りがつかない方は、この後ご紹介する供養を選ぶ方が後悔しないでしょう。

 

感謝の気持ちを持って処分を進められる方は、自治体のごみ回収を利用してください。

雛人形をゴミとして捨てる方法

雛人形は、お住まいの自治体のルールに従って出すようにしましょう。一辺の長さが30㎝以上になると粗大ごみとして扱われるのが一般的です。

 

粗大ごみ以外では、不燃ごみや可燃ごみに分けて出すようにしてください。

 

自分なりの供養の気持ちを示すには、雛人形を白い紙か和紙に包んで塩を振るのがおすすめです。他の家庭ごみと分けて出すようにすると、気持ちも落ち着くでしょう。

雛人形の処分方法6選

買取・譲渡・寄付・処分 こんなにもある 雛人形の処分方法6選
 
雛人形はゴミとして処分する以外には、6つの方法があります。他の粗大ごみを捨てるのとは意味が違うだけに、雛人形の処分は納得の行く方法を検討してからにしましょう。

お焚き上げ供養してもらう

これまで雛人形が守ってくれたおかげで今があると、人形へは感謝の気持ちが尽きないものです。その気持ちを込めて処分するには、お焚き上げ供養という方法があるのをご存知ですか?主に、供養の方法は以下の3つがあります。

身近な寺社の中には、持ち込みで「お焚き上げ供養」「人形供養」といった名称で受け付けているところも結構あります。

 

供養料が決まっているところもありますが、決められていないところなら3,000~10,000円程度なら問題ありません。「いくらなら失礼がないのか」分からない時には、直接、寺社へ相談しても良いでしょう。

 

寺社に持ち込む前には、あらかじめ手順や持ち込みの際の注意を伺っておくと良いでしょう。たとえば、雛人形の入っていたガラスケースや燃えない部品などは受け取りしてくれないことが多いので注意してください。

 

お経をあげてお焚き上げしてもらえるため、不安なく処分ができます。

雛人形を郵送で受け付けしている有名なのは、千葉県の長福寺です。

遠方からでも郵送で供養の依頼ができます。
長福寺の供養依頼

受付期間 365日
供養の依頼方法 持ち込み・宅配便
雛人形の供養料 10,000円(七段飾り 20,000円)
特徴 雛人形へ3ヶ月間読経を行う

専用の火葬炉で僧侶による火葬を行う

長福寺の公式ホームページ https://ningyoukuyou.jp/index.html

その他、有名なのは、明治神宮人形感謝祭のように雛人形供養イベントが全国各地で開催予定があるので、そのタイミングで供養を依頼することもできます。

明治神宮人形感謝祭の依頼方法

受付期間 9時~15時(開催日は要確認)
供養の依頼方法 持ち込み
雛人形の初穂料 一袋3,000円(オーバーすると随時算定)
特徴 毎年秋に開催される
明治神宮人形感謝祭の公式ホームページ http://ningyou-kanshasai.com//uketuke.html

専門店で買い取ってもらう

雛人形の中には、美術品や骨とう品としての価値があるものもあり、買取ができる場合もあります。

 

専門店では価値のあるものであれば、積極的な買取が可能です。以下の条件に当てはまるか分からない場合には、無料査定を依頼してみましょう。

  • 骨董価値が認められる作品
  • 有名作家の作品
  • 破損がない

ネットオークションやフリマアプリに出品する

雛人形をフリマアプリやネットオークションで売ることも可能です。ネットサービスの良さは、自分で値段を自由に設定できることです。

 

反面、雛人形は「災いを身代わりとなって受け入れてもらう」性質があるものだけに売れやすいとは言えません。売れた後の梱包や発送方法をあらかじめ考えておく必要もあります。

寄付する

「雛人形を別の場所で再利用してもらえたら嬉しい」と思う時には、寄付をする方法もあります。

 

老人保健施設や医療機関などにも雛祭り前には雛人形の展示はしていますが、なかなか寄付を広く受け付けているものではないでしょう。そこでご紹介したいのが、寄付団体への問い合わせです。

 

不用品の寄付ができる有名な団体「セカンドライフ」でも、雛人形、ガラスケース入り人形についてで寄付の条件を詳細に記載しています。リユースしきれない雛人形の保管期間が長くなっている事情があるためです。

一般社団法人障がい者アート協会で寄付をする方法

 

サイズ 1箱160㎝サイズに入るもの
1口 10,000円(供養料・お焚き上げ以外は寄付)
雛人形 ガラスケースを外す

知り合い・友人に譲る

雛人形を知り合いや友人に譲る方法もあります。ただ「雛人形は子供の災厄を引き受けてくれる存在」なので、親しい間柄でも譲るのはこうした意味合いから見るとあまり良くないと考えられます。

 

しかし、雛人形に対する考え方は人によりさまざまであり、双方の気持ち、地域性、習慣から折り合いがつけば譲ると決めるのも良いでしょう。

不用品回収業者に引き取ってもらう

雛人形を処分する際に、不用品回収業者を利用する方法もあります。七段飾りや大型のガラスケースに入っている雛人形だと、運び出しをする際にも一苦労するものです。

 

不用品回収業者へ依頼すれば、都合の良いタイミングで回収してもらえるので非常に楽に処分ができます。雛人形以外にも初節句で贈られた人形や飾り物などもあれば、一緒に回収してもらえるので便利です。

雛人形が入っているガラスケースの処分方法は?

取扱に注意したい どこで処分できる? 雛人形が入っているガラスケースの処分方法
 
雛人形の処分で、悩んでしまうのがガラスケースです。雛人形そのものや飾り物は、可燃ごみで出せるもののガラスケースはそうは行きません。

 

ガラスケースは、自治体の粗大ごみ回収を申し込む必要があります。

  1. 粗大ごみセンターへ回収の申し込みをする
  2. 指定の「粗大ごみ処理券」を購入してガラスケースに貼る
  3. 収集日に指定場所に出す

粗大ごみ回収で出すには、上記の流れで処分ができます。ガラス製なので扱いには充分注意をしてください。

雛人形を処分する時期はいつ?何歳まで飾るもの?

雛人形の素朴な疑問 お答えします 処分する時期はいつ? 何歳まで飾るもの?
 
雛人形は何歳まで飾ると明確に決められているわけではありません。成人して家を離れた時、結婚した時から飾る機会が無くなった方が多いと考えられます。人によっては、いくつになっても雛人形か飾り続けているという方もいるので、何歳までしか飾れないという意味合いはありません。

 

そのため、成人後や娘の結婚後、引越しのタイミングなど処分しなければならないタイミングが来た時に雛人形の処分を考えます。何年も飾り続けることができるのであれば、何ら問題なく飾れるものです。

 

しかし、一般的には家族の環境が変わるにつれ、飾らなくなることが大半です。飾らなくなったら処分のタイミングが訪れたと考えるのが無難でしょう。

雛人形の処分はKADODEにお任せください!

不用品回収がおすすめ 任せて安心 雛人形の処分はKADODEにお任せ

雛人形の処分をするには、大型のものであれば運び出しにも戸惑ってしまうものです。そのような時には「KADIDE」にお気軽にご相談ください。処分に困るガラスケースも一緒に回収できるので、楽に処分が終わります。
 
お急ぎの際でも、雛人形と合わせて他の不用品と同時に回収が可能です。

 

「KADODE」では、不用品買取も行っています。まずは、お気軽に査定だけでも利用してみませんか?思い入れのある雛人形だけに、処分にお困りで依頼された方もたくさんいらっしゃいます。

0120-966-926
簡単LINE見積もりはこちら 無料見積もりフォームはこちら
0120-966-926
無料見積もりフォームはこちら 簡単LINE見積もりはこちら

まとめ

まとめ 後悔しないために!雛人形の処分は納得の行く方法で
 
雛人形は、お守りと同じような存在であり処分を考えても問題ないのか気になる方も多いものです。娘の成長を願って飾ってきた雛人形であり、思いのこもっているものだけに、処分は感謝の気持ちを込めて行いましょう。

 

雛人形への思い入れは人によって異なりますが、後悔しないで手放すためにも納得の行く処分方法を充分考えてから行うようにしましょう。

EXAMPLE

不用品回収例

単品からOK!

など、様々な不用品処分
ご活用いただけます。

下記のような場面でお役立てください! 下記のような場面でお役立てください!
AREA

対応エリア

areaページ地図

四国地方

0120-966-926
簡単LINE見積もりはこちら 無料見積もりフォームはこちら
0120-966-926
無料見積もりフォームはこちら 簡単LINE見積もりはこちら
↑