不用品・粗大ゴミ回収なら24時間365日受付のKADODE!

KADODE 24時間365日受付中!0120-966-926
DISPOSAL ITEMS

生活家電を簡単に処分する方法|粗大ゴミとして捨てられない物もある!?

生活家電を処分する方法

お客様
お客様
生活家電を処分したいけど、どうやって捨てれば良いのか分からない
お客様
お客様
処分したい生活家電の分別が出来ない

電子レンジや冷蔵庫、洗濯機、トースター、浄水器、アイロン、エアコン、扇風機、電気毛布と
生活家電は大小様々な物があります。生活家電は全て同じ処分方法というわけではなく、
物によって処分方法が異なります。

この記事では、生活家電の処分方法を徹底解説します。
誰でも出来る簡単な処分方法から、自分で処分する方法まで複数の処分方法をご紹介しますので、
ご自身に合った処分方法を見つけて下さい。


生活家電の種類

生活家電の種類

皆さんご存知の通り、生活家電といっても多種多様ですよね。
ここでは生活家電の種類を下記の2つの種類に分けてご紹介します。
 

  1. 粗大ゴミとして処分出来る生活家電
  2. 粗大ゴミとして処分出来ない生活家電

 
処分したい製品が生活家電に含まれるかどうか分からないという方は、
こちらの商品分類表をご覧ください。

粗大ゴミとして処分できる生活家電

粗大ゴミとして処分出来る生活家電は、家電リサイクル法に該当する製品以外の
生活家電となります。
 
一般的に粗大ゴミとして扱われるものは、45Lのゴミ袋に入りきらない物です。
45Lのゴミ袋に入る小型の生活家電は、燃えないゴミの日に処分することが出来ます。
 
粗大ゴミとして処分できる生活家電の例を挙げると、電子レンジ、マッサージチェアー、ガステーブル、空気清浄機、精米機、クッキングヒーター、食器洗い器、扇風機、電気こたつ、ストーブ、換気扇、コーヒーメーカー高圧洗浄クリーナーなどがあります。
 

粗大ゴミとして処分出来ない生活家電

前項でも少し触れましたが、粗大ゴミとして処分することが出来ない生活家電があります。
それは、家電リサイクル法に該当する製品です。
 
家電リサイクル法に該当する製品は、
冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機、エアコン、テレビです。
 
冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機、エアコン、テレビは
粗大ゴミとして処分することが出来ないため、基本的に自治体では回収していません。
そのため、家電リサイクル法に該当する製品を処分したい時は
 

  • 不用品回収業者に依頼
  • 購入店に持ち込み処分してもらう
  • フリマアプリに出品
  • リサイクルショップに持ち込む
  • 買い替え時に引き取りしてもらう

 
上記の処分方法を取る必要があります。
 

生活家電を処分する方法

生活家電を処分する方法
 
生活家電の種類が分かったところで、処分する方法に移りましょう。
生活家電を処分する方法は全部で5つあります。
 
お金をかけて早く処分する方法、出来るだけ安く処分する方法など
処分方法によって特徴が違いますので、ご自身の条件にあった処分方法を
選択してください。

【生活家電の処分方法①】燃えないゴミとしてゴミ捨て場に捨てる

処分したい生活家電が家電リサイクル法に該当しておらず、45Lのゴミ袋に入る場合は
燃えないゴミの日に捨てることが出来ます。
壊れてしまって使い物にならない場合は、不燃ゴミの日に捨てましょう。
 
45Lのゴミ袋に入りきらない場合は、粗大ゴミとなるためゴミ捨て場に出すことは
出来ないので注意してください。

【生活家電の処分方法②】粗大ゴミとして各地方自治体に回収してもらう

処分したい生活家電が家電リサイクル法に該当しておらず、45Lのゴミ袋に入らない場合は、
自治体サービスを利用して処分します。
 
自治体サービスを利用して生活家電を処分するには、

  • 戸別収集を利用して処分する方法
  • 自治体の指定処理施設に直接持ち込む方法

の2つの方法があります。
 
戸別収集してもらうには、まず自治体に事前予約をします。
その後に粗大ゴミ処理シールを購入して、生活家電に貼り付け指定日に指定場所へ搬出します。
 
戸別収集を利用する際は、自分で部屋の中から外まで生活家電を搬出する必要があります。
予約してから回収まで約1週間かかることもあり、すぐに処分することは出来ません。
 
自治体の指定処理施設に持ち込む方法ですが、各自治体によって持ち込み先が異なりますので
詳しくはお住いの自治体に確認して下さい。

【生活家電の処分方法③】不用品回収業者に引き取りしてもらう

中には退去日が近いから生活家電を早く処分したいという方や、処分したい生活家電が
重くて持ち運ぶことが出来ないという方もいらっしゃると思います。
 
そんな方達にオススメな処分方法が、不用品回収業者を利用するという方法です。
不用品回収業者は自治体に比べて処分料金が高くなってしまいますが、
部屋の中から生活家電をトラックまで搬出してくれるため、一切手間を
かけることなく生活家電を処分することが出来ます。
 
KADODEのような買取制度を導入している不用品回収業者に依頼すれば、
状態の良い家電は買取して貰えるので、費用を抑えることが出来ます。

【生活家電の処分方法④】買い替え時、購入店に持ち込む

一般的な処分方法が、買い替え時に購入店に持ち込むという方法です。
家電量販店によっては配送時に引き取ってくれる店舗もあるそうなので、
購入時に確認することをオススメします。
 
車を持っていない人や、大型の生活家電を処分したい人は
商品の配送時に引き取ってくれるサービスを利用しましょう。

【生活家電の処分方法⑤】リサイクルショップに持ち込む

処分したい生活家電がまだ状態が良く利用可能な場合は、
リサイクルショップに持ち込むことで買取してもらえる可能があります。
 
正し、リサイクルショップまで生活家電を運搬しなければならない手間と
買取が不可だった場合は家に持ち帰り別の処分方法を取らなければなりません。
 
生活家電に目立つ汚れがなく、3年内の年式であればリサイクルショップに
持ち込むことを検討しましょう。

生活家電の処分はKADODEにおまかせ!

生活家電を手間をかけることなく、お得に処分したい方はKADODEにお任せください!
24時間365日営業なので深夜早朝でも回収可能です。
 

KADODEの不用品回収プランをチェック!

 
買取制度を導入しているため、状態が良く年式の新しい生活家電は買取させて頂き、
買取金額は見積もり金額よりお値引き致します。
 

生活家電の回収事例

生活家電の回収事例

東京都の回収事例

洗濯機回収前の画像
洗濯機回収後

スタッフからのコメント

家電リサイクル法に該当する製品で、自治体に回収してもらうことが出来なかっとのことでご依頼を頂きました。KADODEでは単品回収も受け付けておりますので、1点からの処分でもお気軽にお問い合わせください。

主な回収品目
洗濯機
作業時間
20分
ご利用エリア
東京都新宿区周辺

山口県の回収事例

生活家電の回収前の画像
生活家電の回収後の画像

スタッフからのコメント

引っ越しに合わせて、生活家電を買い替えるので1度にまとめて生活家電を処分したいとのことでご依頼頂きました。本来、冷蔵庫・洗濯機・電子レンジは分別して処分しなければならず非常に手間がかかりますが、KADODEにお任せ頂くことで分別不要で処分することが出来ます。

主な回収品目
冷蔵庫、洗濯機、電子レンジ
作業時間
35分
ご利用エリア
山口県下関市周辺

生活家電の処分に関してKADODEに頂く質問

生活家電で回収できないものはありますか?
お客様
お客様
KADODE
KADODE
生活家電でしたら、全て回収可能です。家電リサイクル法に該当する製品でも問題なく回収させて頂きます。

生活家電の処分方法まとめ

生活家電の種類から処分方法までご紹介いたしました。

  • なるべく安く処分したい人:自治体を利用
  • 早く、手間をかけずに処分したい人:不用品回収業者を利用
  • 状態が良く年式の新しい生活家電を処分する人:リサイクルショップに持ち込み

上記を参考に、ご自身の条件にあった処分方法を選んでいただければ幸いです。

EXAMPLE

不用品回収例

単品からOK!

など、様々な不用品処分
ご活用いただけます。

下記のような場面でお役立てください! 下記のような場面でお役立てください!
AREA

対応エリア

areaページ地図

四国地方

0120-966-926
簡単LINE見積もりはこちら 無料見積もりフォームはこちら
0120-966-926
無料見積もりフォームはこちら 簡単LINE見積もりはこちら
↑