不用品・粗大ゴミ回収なら24時間365日受付のKADODE!

KADODE 24時間365日受付中!0120-966-926
DISPOSAL ITEMS

学習机・勉強机はどうやって処分する?いつ捨てるべきかお悩みの方必見!

学習机を処分する方法8選!

お客様
お客様
子供が使ってた学習机はどのように処分したらいいのかな?
お客様
お客様
できるだけ手間をかけずに学習机を処分する方法を知りたい・・・

家具の中でも使う期間が限られている学習机。いざ処分しようと思った時に、どのような方法があるのか悩んでしまいますよね。

 

使わなくなった学習机は思いのほか場所をとるため、早めに処分したいという声を多く頂戴しています。

 

この記事では、学習机を処分する方法と処分する際の注意点、お得に処分するポイントをご紹介します。あなたにぴったりの処分方法を見つけて、賢く学習机を処分しましょう。学習机を今すぐ処分したい方は、下記よりお気軽にお問い合わせください。
 

    学習机を処分する方法をざっくりまとめると

  • 処分方法は自治体・リサイクルショップ・オークション・販売店・寄付・譲渡などがある
  • 学習机を処分する手段は時間・手間・費用面から選ぶべき
  • 学習机を解体して処分することもできるが手間がかかる
  • 総合的に見て最もおすすめなのは不用品回収業者

 

今すぐ学習机を処分する

 

不用品回収の料金
0120-966-926
簡単LINE見積もりはこちら
無料見積もりフォームはこちら
不用品回収の料金 0120-966-926
無料見積もりフォームはこちら 簡単LINE見積もりはこちら

KADODEメディア掲載実績
 

学習机を簡単に処分する方法8選!

学習机の処分方法
 
学習机を処分する方法は8つあります。
 

  1. 粗大ごみとして捨てる
  2. 解体して燃えるゴミに処分する
  3. リサイクルショップに売る
  4. ネットオークションに出品する
  5. 家具の買い替えをする際に引き取ってもらう
  6. 寄付をする
  7. ジモティーで譲る人を探す
  8. 不用品回収業者に依頼する

 

それぞれ費用や手間が異なるので、内容を詳しく確認していきましょう。

学習机を粗大ごみとして処分する方法

劣化が原因で学習机の処分を考えている場合は、粗大ごみとして処分可能です。粗大ごみは自治体に回収してもらえるので、安心して任せることができます。

 

ただし、粗大ごみは回収日が少なく、事前に予約が必要な自治体もあるため、回収までに時間がかかることが多いです。また、粗大ごみに貼り付けるシールを事前に購入する必要があり、1個あたり500~1,00円程度の処分費用がかかります。

 

さらに、粗大ごみは指定された収集場所まで運ぶ手間もかかります。電話で予約さえ取れば家の前まで回収に来てもらえる自治体もあるので、お住まいの自治体の条件を確認してみることをおすすめします。

    学習机を粗大ゴミに出す方法

  1. 自治体に粗大ゴミの処分を申し込む
  2. 手数料分の粗大ゴミ処理券を購入する
  3. 粗大ゴミ処理券を学習机に貼り付ける
  4. 収集日に学習机を指定場所へ運ぶ

解体して燃えるごみに捨てる

解体して燃えるごみに捨てる
 
学習机を解体して、燃えるごみに捨てる方法もあります。燃えるゴミ専用の袋に入るサイズにまとめて、くちをしっかり結ぶことができれば収集してもらうことができます。

 

ただし、学習机の解体は大変な作業になることが多いです。指定袋に入るサイズにまとめるには電気のこぎりなどの工具が必要となり、ケガをする恐れもあるので慎重に行いましょう。

 

作業面に問題がなければ袋代だけで処分できるため、処分費用をできるだけ抑えたい方におすすめです。

    学習机を解体する方法

  1. ドライバーでネジを外す
  2. 机の部品を外す
  3. くっついているはハンマーやノコギリで解体する

リサイクルショップで学習机を売る

不要になった学習机をできればお金に換えたいという場合は、リサイクルショップに売る方法がおすすめです。

 

ただし、傷や汚れ、劣化が見られる場合は買い取り額が低いことが多く、店舗によっては買い取りを断られることがあります。

 

しかし、学習机の状態が良ければ買い取ってもらえる可能性が高いです。お住まいの周辺にリサイクルショップが複数あれば、買い取り額を比較すると良いでしょう。参考:学習机の買取サービス

ネットオークションに出品する

ヤフオクをはじめとするネットオークションに出品すれば、より多くの人に向けて購入を呼び掛けることができます。傷や汚れが少なくて状態が良い場合や、有名メーカーの学習机であれば、購入者が見つかる可能性が高いです。

 

ただし、リーズナブルな価格で学習机が買えるようになったため、「美品・有名メーカー・格安」といった目を惹くポイントがなければすぐに買い手が見つかるケースは少ないと考えておきましょう。

 

また、学習机はサイズが大きいので、できる限り分解をしたり、梱包や箱詰めをしたりと手間がかかります。それでも思い出の学習机を捨てるのではなく、必要としている方に使って欲しいと考えている場合はネットオークションを検討してみてください。

家具を買い替える時に引き取ってもらう

学習机の買い替えを検討しているのであれば、購入するお店に今まで使っていた学習机を引き取ってもらうのもひとつの方法です。

 

引き取りサービスだと新しい学習机が届いたときに引き取ってもらえるので、処分したい机の置き場に困ることがないのがメリットです。 以下のお店では家具の引き取りサービスを行っています。

 

  1. ニトリ
  2. ベルメゾンネット
  3. 無印良品

 
例えばニトリの家具の引き取りサービスの場合、1注文につき4,400円(税込)で購入した商品と同数量もしくは同容量の家具を引き取ってもらうことができます。

 

引き取りサービスとはいっても費用がかかりますが、回収業者に依頼するよりも安く済むことがあります。また、 お店によって引き取り費用やサービスの適用条件が異なり、引き取りサービスをしていない店もあるので、事前に詳細を確認しておきましょう。

寄付する

寄付する
 
福祉施設などに学習机を寄付をする方法もあります。今後も十分に使っていける状態の良い学習机であれば、寄付を検討するのも良いでしょう。

 

しかし、全ての施設が寄付を受け入れているわけではないので、事前に問い合わせをしておくとスムーズです。また、引き渡す時も全体を拭くなど、できるだけきれいにしてから引き渡しましょう。

不用品回収の料金
0120-966-926
簡単LINE見積もりはこちら
無料見積もりフォームはこちら
不用品回収の料金 0120-966-926
無料見積もりフォームはこちら 簡単LINE見積もりはこちら

ジモティーを使って無料で譲る

ジモティーとは、いらなくなったものを譲ることができるサービスのことです。地域密着型なので基本的に直接会って取引をするのが特徴で、発送の手間を省くことができます。

 

無料もしくは格安で譲ることになりますが、処分費用を支払いたくない方や、使ってくれる人に譲りたいと考えている方に利用されています。軽トラックやミニバンをお持ちであれば、引き渡しもスムーズに行うことができます。ジモティーのホームページはこちらからご確認ください。

不用品回収業者を利用する

不用品回収業者に回収をしてもらい、学習机を処分することも可能です。不用品回収業者の特徴として、依頼から回収までのスピードが速いことが挙げられます。依頼をした日に即日対応してもらえる業者が多く、希望の日時があれば指定することもできます。

 

また、不用品を前提に回収してもらうので学習机が壊れていても問題がなく、椅子やライトなどもまとめて回収してもらえることが多いです。

 

ただし、町中で見かける不用品回収業者の中には、無料というアナウンスをしながら実際には高額な料金を請求してくることがあります。家の中に処分したいものがある時に不用品回収業者を見かけるとついお願いしたくなりますが、業者選びは慎重に行いましょう。

学習机を安く処分する方法

お客様
お客様
学習机をなるべく安く処分するにはどうすればいい?

学習机の処分にかかる費用を安く抑えたいという方は多いでしょう。ご紹介した8つの方法の中で最も安く処分できるのは自治体のごみ回収です。粗大ごみに出す場合、ご自分で運搬や搬出をする手間がかかります。
 
福祉施設への寄付をすれば学習机を安く処分できます。ただし、配送費はご自分で負担しなければいけません。またご自分で寄付できる施設を探す手間もあります。
 
ご自分で許容できる範囲の時間をかけつつ、学習机を処分しましょう。一切手間をかけたくないという方は不用品回収業者の利用が無難です。

学習机はいつ処分すべき?使わなくなったらみんなどうしてる?

学習机を処分するタイミング
 
学習机を処分するのは、劣化が原因で買い替えを考えた時や、子どもの卒業や就職、引っ越しといった節目の時期が多いです。

 

学習机は他の家具の代わりとして使いにくいため、子どもが学習机を使わなくなった時が処分する目安と考えましょう。

 

ただし、思い出の多く、広いスペースをとる学習机は使わなくなってもそのままにしている家庭が少なくありません。

使わなくなった学習机が置かれ続ける理由

子どもが成長して使わなくなった学習机を置かれ続ける理由は主に2つあります。

  1. 重量があり大きいので処分するのに手間がかかる
  2. 中古品は売却しづらい

学習机は子供用とはいえ安全に配慮して丈夫に作られており、処分するにも一苦労です。他の部屋で使用するにも使いづらいため、そのまま置かれ続けてしまいます。
 
また、長く使用するものなので傷や汚れができてしまい、中古では売れにくい傾向にあります。処分するにはご自身で粗大ゴミに出すか業者に依頼しなければならず、そのままにしているケースが多いようです。

学習机を処分するときの注意点

自治体のゴミ回収サービスを利用するときは、ルールに従って正しく学習机を処分しましょう。具体的には収集日当日にゴミを出す、規定サイズを確認するなどがあげられます。
 
不適切な方法で学習机を処分しようとすると、回収してもらえなかったり、近隣トラブルに発展する恐れがあります。ですから、自治体のゴミ収集サービスを利用する前にホームページを確認することが大切です。
 
不用品回収業者に依頼するときは、業者選びを慎重に行いましょう。無料回収を謳い作業後に高額請求をする悪徳業者も存在します。違法な業者に依頼すると、思わぬトラブルに巻き込まれお金を無駄にしてしまうかもしれません。
 
事前に会社情報や口コミ、作業実績を確認しておくと失敗することも少なくなります。

学習机の処分なら不用品回収のKADODEにお任せ


 
できるだけ早く学習机を処分したいと考えている方は、ぜひKADODEにお任せください。

 

KADODEは不用品回収業者を初めて利用するお客様でも安心できるよう、丁寧なサービスを心掛けています。また、ご依頼をいただいてから最短1時間でご自宅までお伺いします。

 

また、KADODEは不用品の回収だけではなく、買い取りサービスも行っています。とりあえず査定だけしてほしいという場合も、気軽にご相談ください。
 

>> 不用品回収KADODEの無料見積もりはこちら! <<<

不用品回収の料金
0120-966-926
簡単LINE見積もりはこちら
無料見積もりフォームはこちら
不用品回収の料金 0120-966-926
無料見積もりフォームはこちら 簡単LINE見積もりはこちら

学習机の処分でよくある質問

学習机を不用品回収業者に引き取ってもらう場合、解体は必要でしょうか?
お客様
お客様
KADODE相談係
KADODE相談係
そのまま出していただいて大丈夫です。現状のまま迅速に回収するので、お客様のお手間を取らせません。

 
学習机を処分するのがなんだかもったいない。おすすめの対処方法はない?
お客様
お客様
KADODE相談係
KADODE相談係
学習机を処分せず、リメイクしてそのまま使用される方もいます。家具のリメイクに対応している業者もあるので、検討してみましょう。

 
学習机は簡単に処分できますか?
お客様
お客様
KADODE相談係
KADODE相談係
不用品回収業者にお任せいただければ、最短1時間でお伺いします。搬出から解体まで対応いたしますので、学習机を簡単に処分できます。

また学習机以外にご家庭で不要になった家具を処分したいという方はこちらの、タンスを処分するの記事もあわせてご覧ください。
 

学習机の処分・回収事例

学習机の回収事例

奈良県の学習机回収事例

学習机回収前
学習机回収後

スタッフからのコメント

学習机はいつ処分するべきかとお悩みになる方も多いですが、お子様が高校生になる時や、社会人となり家を出ていくときに処分をする方が多いです。
KADODEでは家具1品から回収を受付しております。
学習机の処分にお困りの方はお気軽にご連絡ください。

主な回収品目
学習机
作業時間
25分
ご利用エリア
奈良県奈良市

茨城県の学習机回収事例

学習机回収前
学習机回収後

スタッフからのコメント

学習机や掃除機をまとめて処分したいとのことでご依頼いただきました。学習机などの家具は重量が重く、大きいため、ご自身で処分するのは大変労力がかかります。KADODEにお任せいただければ、3,40分ほどで一切手間をかけずに処分することが可能です。

主な回収品目
学習机、掃除機
作業時間
40分
ご利用エリア
茨城県つくば市

学習机の処分方法まとめ

学習机の処分方法について解説しましたが、いかがでしたでしょうか。

 

  • なるべく費用をかけずに処分したい人:人に譲る・寄付する・解体して燃えるゴミに出す・ジモティーを利用する
  • できれば買い取ってもらいたい人:オークション・リサイクルショップを利用する
  • 新しい学習机に買い替えたい人:購入する家具店お引き取りサービスを利用する
  • 手間をかけずにすぐに処分したい人:不用品回収業者に依頼する

 

それぞれに少なからずメリットとデメリットがありますが、上記の内容をご自身の条件と照らし合わせていくと最適な処分方法が見つかるはずです。
学習机の処分を検討している方の参考にしていただけると幸いです。

関連記事

EXAMPLE

不用品回収例

単品からOK!

など、様々な不用品処分
ご活用いただけます。

下記のような場面でお役立てください! 下記のような場面でお役立てください!
AREA

対応エリア

areaページ地図

北海道地方

WEB割りキャンペーン
0120-966-926
簡単LINE見積もりはこちら 無料見積もりフォームはこちら
0120-966-926
無料見積もりフォームはこちら 簡単LINE見積もりはこちら
↑

不用品のお悩みは解決しましたか?
今ならWEB割開催中!

KDDポップアップ

>>> 料金の詳細はこちら <<<

 

KDDポップアップ