不用品・粗大ゴミ回収なら24時間365日受付のKADODE!

KADODE 24時間365日受付中!0120-966-926
DISPOSAL ITEMS

神棚の適切な処分方法4選!普通ごみでは捨てない方がいい?

神棚の正しい処分方法4選!費用相場までご紹介!
 
神棚は神札を納めて神を祀るための棚です。そのため処分しようにも、どのように処分するべきなのかそもそも処分して良いのかさえ迷ってしまいますよね。

 

この記事ではそんな処分方法に困りがちな神棚について正しい処分方法や処分するタイミング、処分費用など詳しく解説していきます。ぜひとも参考にしていただき正しく神棚を処分してスッキリしましょう!

    この記事でわかること

  • 神棚を処分する目安は5年程度
  • 神棚は引っ越しや断捨離のタイミングで捨てる方が多い
  • そのまま神棚を処分するのに抵抗がある方はお焚き上げしてもらうと良い
  • 神棚以外の不用品も処分したい方は不用品回収業者へ
今すぐ神棚を処分する

0120-966-926
簡単LINE見積もりはこちら 無料見積もりフォームはこちら
0120-966-926
無料見積もりフォームはこちら 簡単LINE見積もりはこちら


 

神棚を処分する最適なタイミングはいつ?

神棚を処分するタイミングとは?
 
神棚を処分する理由は様々あるかとは思いますが買い替えの時期や、処分するタイミングが神棚には存在しています。何となくで処分してしまいますと、のちのち後悔することになりかねませんので、最初に処分するタイミングを把握しておきましょう。

 

神棚は神様が宿る場所と言われていますので、神様が宿る場所を汚くしてはいけません。そのため、神棚が経年劣化で痛んできたり、汚れてきたりした時が買い替えのタイミングです。

 

見かけでは分からないことも多いので、基本的には5年ぐらいを目安に買い替えをおすすめします。また引っ越しやリフォームの際には神棚を新調するのが、一般的となっています。

 

こういった生活スタイルや気分をリフレッシュする際にはぜひとも神棚の買い替えをしてみてはいかがでしょうか?また、近年では断捨離をして物を極力持たないという考え方が一般的になってきています。

 

その場合は、たとえ比較的傷の無い神棚でも、引っ越しタイミングでなくとも処分してしまいましょう。
 

神棚を処分する方法4選

神棚の正しい処分方法4選
 
ここからは神棚の正しい処分方法を、4つ紹介していきます。
 

  1. 自治体のゴミとして出す
  2. 神社に持ち込み処分してもらう
  3. 神棚の専門業者に依頼する
  4. 不用品回収業者に依頼してもらう

 
それでは、それぞれ詳しく見ていきましょう。
 

自治体のゴミとして出す

神棚の「神札」には先祖や神様が宿る場所とは言われてはいますが、神棚自体は別で自治体にそのままゴミとして出しても問題ないという考えがあります。そのため、特にためらいが無いのであれば、自治体のルールに従って可燃ゴミか粗大ゴミとして出しましょう。

 

自分で解体してゴミ袋に入るサイズになれば、可燃ごみで出しても問題ない場合が多いです。サイズが大きい場合や解体ができない場合は、そのまま粗大ゴミとして収集の依頼をしてシールを張り付けて指定場所に出しましょう。

 

ただし自治体によっては、神棚自体の回収を受け付けていない場合もありますので自治体のルールは必ず確認しておきましょう。神棚の中にある「神札」は特に気にならないのであれば、可燃ゴミとして出しても基本的には問題になることはありません。

 

ただ、やはり神や先祖が宿ると言われますので、おすすめはしません。神札を処分する場合は、次に紹介する神社や専門業者にお願いするのが良いですよ。
 

    自治体のゴミに出す方法

  1. 燃えるゴミに出して処分
  2. 粗大ゴミに出して処分

 

神社に持ち込み処分してもらう

神社に持ち込み、処分してもらう方法もあります。神棚と神札をまとめて正しく処分できるのでおすすめの方法です。先ほど紹介したような、ゴミとして処分する方法はためらいがある方も多いかと思いますが、神社で祈祷してもらうことで神棚は神聖なものでは無くなります。

 

祈祷後はそのまま神社でお焚き上げもしてもらえる場合が多いので、非常に楽です。費用はかかってしまいますが、れっきとした正しい処分方法となりますので清々しい気持ちで処分できますよ。

 

また持ち込みだけして、立ち合いには参加しないということもできますので忙しい方にもおすすめの方法です。
 

    神社で処分するときの流れ

  1. 祈祷する
    神棚に祈りを捧げる
  2. お札を返納する
    お札を神社の納札所に返納する
  3. お焚き上げをする
    神社の中にはお焚き上げをしていないところもあるので、事前に問い合わせておくと安心です。

 

神棚の専門業者に依頼する

神棚の専門業者に依頼する方法もあります。神棚や仏壇などの、神や先祖などに関する物の回収を専門で行っている業者がありますので、近くに神棚の処分をしている神社が無いのであれば専門業者にお願いしてみましょう。

 

ただし回収に来てもらうため、神社よりも料金は高くなりがちです。また神棚や仏壇などの専門なため、他の不用品があっても回収してもらえません。専門業者自体も少ないので、この方法は最後の手段だと考えておきましょう。
 

不用品回収業者に回収してもらう

複数の不用品があるときにおすすめなのが、不用品回収業者に回収してもらう方法です。電話一本で依頼が可能で、あとは家に回収に来てもらえます。お金はかかりますが非常に楽な方法なので、おすすめです。

 

即日に回収に来てもらうことも可能で、引っ越しまで時間が無い方や今すぐに家をスッキリさせたい方にもおすすめの方法です。神棚と神札、まとめて何も考えずに処分できるの大きなメリットで余計なことを考える必要が無いため、多くの人が利用されています。

 

ただし不用品回収はできるだけまとめたほうが、料金は割安になりますので他にも不用品がある場合に利用することをおすすめします。
 

神棚の処分費用はどれくらい?

神棚を処分する前に知っておくべき費用相場
 
神棚の処分をする前に、費用相場を把握してきましょう。神棚はごみに出せば500〜1,000円で処分することができます。
 
供養してもらうには5,000〜10,000円の費用がかかりますが、ゴミとして処分するのに抵抗がある場合は神社に持ち込みましょう。
 
「費用相場」

  • 粗大ゴミとして処分する場合…500~1,000円
  • 神社で処分してもらう場合…5,000~10,000円
  • 専門業者に依頼する場合…20,000~30,000円
  • 不用品回収業者に依頼する場合…1,000円~

 

多くの場合は上記のような相場になっています。処分する際に費用相場よりも高い場合は注意が必要です。

 

不用品回収業者に依頼する場合は、不用品の量によって大きく変化します。多くの不用品回収業者は料金プランを提示していますので、各社ホームページを参考にしてみましょう。
 

神棚の回収はKADODEにお任せ!

不用品をまとめて処分する場合はKADODEがおすすめです。前述のように、KADODEでは1,000円からの豊富な料金プランを用意しています。少しだけ処分したい場合にも、たくさん処分したい場合にも対応できます。

 

また無料出張見積もりも行っていますので「処分してもらいたい荷物の量が分からない」「とりあえずいくらになるか知りたい」という方もお気軽にお電話ください。迅速に対応させていただきます。

 

またKADODEは24時間365日受付しておりますので、いつでも対応可能です。「深夜しか時間が空いていない」「祝日しか家にいない」といった方にも好評いただいております。ぜひともこちらから一度プランをチェックしていただき、ご検討ください。

 

>>>KADODEの不用品回収プランをチェック!<<<

0120-966-926
簡単LINE見積もりはこちら 無料見積もりフォームはこちら
0120-966-926
無料見積もりフォームはこちら 簡単LINE見積もりはこちら

神棚の処分に関するよくある質問

神棚と神札まとめて処分してもらえるの?あと他の大型の家具や家電も回収してもらえる?
お客様
お客様
KADODE
KADODE
はい!KADODEでは基本的にどんなものでも回収しております!神棚や神札、家具や家電はもちろんのこと、遺品整理なども行っておりますので、ぜひともご相談ください!

まとめ

今回は神棚の処分方法について紹介していきました。神棚や神札には先祖や神が宿るといわれていますので、どのように処分するのかそもそも処分して良いのか、非常に迷いますよね。

 

今回紹介したように、自治体にゴミとして出すのは、ダメなわけではありませんが少し気が引ける方も多いのではないでしょうか?そういった場合は不用品回収業者にお願いして、回収してもらいましょう。他の不用品もまとめて回収してもらえますので、非常にスッキリします。

 

また電話をするだけは他にやることは無いので、手間がかからないのも大きな特徴です。無料で見積もりしてもらえますので、ぜひとも一度検討してみてくださいね。

EXAMPLE

不用品回収例

単品からOK!

など、様々な不用品処分
ご活用いただけます。

下記のような場面でお役立てください! 下記のような場面でお役立てください!
AREA

対応エリア

areaページ地図

四国地方

0120-966-926
簡単LINE見積もりはこちら 無料見積もりフォームはこちら
0120-966-926
無料見積もりフォームはこちら 簡単LINE見積もりはこちら
↑