不用品・粗大ゴミ回収なら24時間365日受付のKADODE!

KADODE 24時間365日受付中!0120-966-926
DISPOSAL ITEMS

枕の捨て方を解説!燃えるゴミで捨てられる?正しい処分方法をご紹介!

枕の捨て方を解説!燃えるゴミで捨てられる?正しい処分方法をご紹介!

お客様
お客様
枕を買い替えたけど古い枕は何ごみで捨てられる?
お客様
お客様
枕の捨て方って自治体ごとに違うの?

枕の捨て方にお困りの方はいませんか?最近では素材や大きさもオーダーメイドできる枕が販売されています。枕の寿命は3年程度なので、買い替えて古くなった枕は場所をとって邪魔になりますよね。
 
サイズが大きい枕やパイプといった素材が使われている枕はどのように処分すればいいのか悩む方も多いのではないでしょうか。
 
今回は大きさ・素材・自治体によって異なる枕の捨て方をご紹介します。この記事を読めば枕の捨て方に関する悩みを全て解消できます!

    この記事でわかること

  • 枕は大きさ・素材・住んでいる地域によってゴミの捨て方が異なる
  • 基本的には燃えるゴミとして捨てられる地域が多い
  • 大きい抱き枕は粗大ゴミとして処分しなければいけないことも
  • 素材によっては不燃ゴミになることも
  • 枕や寝具をまとめて捨てるなら不用品回収がおすすめ

0120-966-926
簡単LINE見積もりはこちら 無料見積もりフォームはこちら
0120-966-926
無料見積もりフォームはこちら 簡単LINE見積もりはこちら

枕の捨て方を解説!大きさによっては燃えるゴミで処分できる

枕の捨て方を解説!大きさによっては燃えるゴミで処分できる
 
まずは一般的な枕の捨て方をご紹介します。枕は燃えるゴミとして捨てられる場合が多いです。ただし、枕のごみの分別は自治体ごとに決められているのでお住まいの地域によっては燃えるゴミに出すことができません。
 
抱き枕といった大きな枕は燃えるゴミではなく粗大ゴミになります。時間や手間をかけてでも枕を安く処分したいといった方はハサミで枕をカットして燃えるゴミに出すことをおすすめします。
 
低反発枕やビーズクッションなど枕の素材によっては燃えるゴミに出せないこともあるので気をつけてください。詳しくは次の章で解説しています。

枕の素材別の捨て方をご紹介!不燃ごみになる場合も

枕の素材別の捨て方をご紹介!不燃ごみになる場合も
 
枕の素材によっては、燃えるゴミではなく不燃ゴミに分類されることがあります。細かく分解して処分するときに燃えるゴミに出してしまうと回収されない恐れがあります。
 
処分に悩む素材が使われている枕の捨て方をご紹介するので確認していきましょう。

    枕の素材をチェック

  • パイプ
  • ビーズ
  • 低反発ウレタン素材
  • 羽根
  • ポリエステル
  • そば殻
  • ウール
  • 化学繊維
  • 真綿
  • スポンジ素材
  1. パイプを使用した枕
  2. ビーズを使用した枕
  3. 低反発枕

パイプを使用した枕

パイプ入りの枕を解体して捨てるときは、中のパイプを不燃ゴミに処分しなければいけません。布の部分は燃えるゴミとして廃棄できます。
 
どの枕も燃えるゴミに出せることが多いですが、素材によって燃えるゴミに出せないこともあるので事前に調べてから捨てるようにしましょう。

ビーズを使用した枕

ビーズを使用した枕もパイプ同様、中身を不燃ゴミかプラスチックで捨てる必要があります。カバーの部分は燃えるゴミで捨てられます。
 
広島市などプラごみとして回収している地域もあります。素材ごとに捨て方が指定されている自治体もあるので、気をつけてください。

低反発枕

低反発枕は主にウレタン素材が使われています。ウレタン素材は可燃ゴミまたは不燃ゴミとして回収している自治体が多いです。
 
自治体のゴミの分別欄に枕としか書かれていない場合は、書かれている分別にしたがって処分すれば問題ありません。回収してもらえなかったり、二度手間になるのが面倒といった方は市区町村の担当に問い合わせておくと良いでしょう。

自治体によって枕の捨て方が変わるので注意

自治体によって枕の捨て方が変わるので注意
 
先ほどもお伝えしましたが、枕の捨て方は市区町村ごとに決められているので注意が必要です。大半の自治体では枕を燃えるゴミとして捨てられますが、なかには粗大ゴミや資源ゴミに出さなければいけない地域もあります。
 
自治体のホームページにゴミの分別をまとめたページがあるので確認してから枕を捨てましょう。勝手にゴミに出すと回収してもらえなかったり、罰金を支払わなければいけなかったりします。

ごみに出す以外の枕の捨て方はある?

ごみに出す以外の枕の捨て方はある?
 
枕はごみに出す以外の方法で捨てることができます。使い始めたけど合わなかった、枕と一緒にベッドも捨てたいといったご自分の都合に合わせて枕を処分できれば効率的ですよね。
 
使用していない枕はお得に処分できる可能性があります。ぜひ参考にしてくださいね。

  1. フリマアプリに出品する
  2. 不用品回収業者に依頼する

フリマアプリに出品する

新品同様の枕であればフリマアプリやオークションサイトに出品して売却するのも1つの手段です。メルカリやラクマなどのフリマアプリは自分の好きな価格で販売できます。
 
使用頻度や状態によって買取相場は変動しますが、人気の枕であれば1,000円から5,000円程度で売れることもあります。
 
ただし、汚れや臭いがついているものは売れないのでゴミに出すのが無難でしょう。正しいことを記入しないとトラブルに発展しやすいので気をつけてください。

不用品回収業者に依頼する

枕以外のベッドや寝具をまとめて買い替える場合は不用品回収業者に依頼する方法もあります。電話一本で自宅まで回収に来てもらえます。
 
自分の都合に合わせて作業日程を決められるので忙しい方でも安心です。不用品回収業者の中には買取を行なっているところもあり、人気の品物なら売れる可能性があります。
 
いらないものをまとめて処分できるため手間がかかりません。不用品の処分に時間をかけたくない方におすすめです。

0120-966-926
簡単LINE見積もりはこちら 無料見積もりフォームはこちら
0120-966-926
無料見積もりフォームはこちら 簡単LINE見積もりはこちら

まとめ

今回は枕のごみの分別から枕の捨て方までご紹介しました。長く使用したものは自治体のごみの分別に従って処分するのが手軽です。
 
未使用に近い状態の枕や人気のブランド品であれば買い取ってもらえるかもしれません。ベッドや家具・家電をまとめて捨てたい方は不用品回収業者がおすすめです。
 
ご自分の都合に合った方法で枕を処分しましょう。

EXAMPLE

不用品回収例

単品からOK!

など、様々な不用品処分
ご活用いただけます。

下記のような場面でお役立てください! 下記のような場面でお役立てください!
AREA

対応エリア

areaページ地図

四国地方

0120-966-926
簡単LINE見積もりはこちら 無料見積もりフォームはこちら
0120-966-926
無料見積もりフォームはこちら 簡単LINE見積もりはこちら
↑