不用品・粗大ゴミ回収なら24時間365日受付のKADODE!

KADODE 24時間365日受付中!0120-966-926
DISPOSAL ITEMS

ライターの安全な捨て方は?ガス抜き方法と注意点を徹底解説!

ライターの安全な捨て方は?処分方法を徹底解説!

お客様
お客様
タバコ用の使い捨てライターを使い切ったけど、捨て方がわからない…
お客様
お客様
ライターを安全に処分するにはどうすべき?

タバコを吸う際や、物に火をつけるときに重宝するライターの捨て方にお困りの方もいるのではないでしょうか。処分する方法がわからず、家に溜め込んでしまっている人もいるかもしれません。
 
そこで、今回は使い捨てライターの捨て方、ライターを有効活用する方法をご紹介します。記事を参考にして、ライターを正しく処分しましょう。

    この記事でわかること

  • ライターは使い切ってから処分しないと危険
  • 自治体ごとにライターのゴミの分別が異なる
  • 使い捨てライターのガス抜きは風通しの良い場所ですべき
  • 使っていないライターはまとめて売ることも可能
  • 不用品をまとめて処分するなら回収業者が無難

不用品回収の料金
0120-966-926
簡単LINE見積もりはこちら
無料見積もりフォームはこちら
不用品回収の料金 0120-966-926
無料見積もりフォームはこちら 簡単LINE見積もりはこちら

KADODEメディア掲載実績

ライターの安全な捨て方を解説

ライターの安全な捨て方を解説
 
ライターは自治体で処分することが可能です。ただし、何ゴミに分別されるかは自治体ごとに異なります。不燃ごみ、可燃ごみ、危険ごみなどお住いの地域で出し方が変わるため気をつけてください。
 
基本的に使い捨てライターをゴミに出すときは他のゴミとは別の袋に入れて、「危険」と表示を書きます。また袋は、紙袋ではなく中身が見える透明な袋に入れます。
 
しかし、どの自治体でもライターは危険物として扱われるので、液体ガスを使い切らなければ捨てることができません。そのため捨てる前にガス抜きを行いましょう。中身が残っていると着火して、事故が発生するかもしれません。
 
オイルライターやガスライターは使い捨てライターと分別が異なることもあります。お持ちのライターの種類を確認した上で適切に処分しましょう。
 
地域ごとにゴミの捨て方が異なるので、必ずホームページを参照してから処分するようにしてください。

地域別|ライターの捨て方を解説

使い捨てライターのガス抜き方法

使い捨てライターのガス抜き方法
 
使い捨てライターはガス抜きしてから捨てなければいけません。ガスが残っている状態で廃棄すると、火災や爆発事故につながる恐れがあります。
 
誤った捨て方で事故を起こさないためにも、以下のガス抜き方法を確認しておきましょう。

ライターのガス抜きに必要なもの

ライターのガス抜きをするときに必要なものは以下の3つです。家にあるものですぐに取り掛かれるので楽チンです。
 

  • 処分する使い捨てライター
  • ガムテープ
  • 輪ゴム

処分したいライターの数が多いと1つずつガス抜きするのが大変なので、以下で紹介する他の方法を参考にしてください。

ライターのガス抜き方法

ライターのガス抜きをするときの手順は次の通りです。周囲に燃えやすいものがないか、風通しが良いか確認してガス抜きをしましょう。
 
使い捨てライターに入っている液体がなくなればガス抜きは完了です。

  1. 操作レバーを押し下げ、火がついたら吹き消す
  2. レバー下げたまま、輪ゴムやガムテープで固定する
  3. そのままの状態でガスを抜く
  4. 火の気がなく、風通しの良い場所に半日から1日おく
  5. 着火操作で火がつかなければガス抜き完了

ライターを捨てずに有効活用する方法3選

ライターを捨てずに有効活用する方法3選
 
ライターのガス抜きをすると中身を使い切れますが、もったいないと感じる方もいるかもしれません。確かに、半日ほどかけてガス抜きを行うくらいなら他の方法で処分できないかと考えますよね。
 
使い捨てライターを有効的に活用する方法をお探しの場合は、以下の3つの方法で処分してみてはいかがでしょうか。

  1. 喫煙者にあげる
  2. ガスバーナーとして使用する
  3. ライターをフリマアプリで売る

喫煙者にあげる

使い捨てライターはタバコを吸う人に譲ることで、最も簡単に捨てることができます。中身が残っているものであれば、喜んで受け取ってもらえるでしょう。
 
ライターは郵送できないので、あげる場合は手渡しするしか方法がありません。身近に喫煙者がいなければこれから紹介する2つの方法を選択しましょう。

不用品回収の料金
0120-966-926
簡単LINE見積もりはこちら
無料見積もりフォームはこちら
不用品回収の料金 0120-966-926
無料見積もりフォームはこちら 簡単LINE見積もりはこちら

ガスバーナーとして使用する

使い捨てライターをガスバーナーとして使用する方法もあります。ガスコンロの火がつきにくいときにライターを使用し、食材を調理することができます。
 
小型のガスバーナーに使用できるポケトーチという製品も販売されています。外でキャンプをしたり食材をあぶるときにガスバーナーがあれば重宝するでしょう。

ライターをフリマアプリで売る

ライターをフリマアプリに出品する方法もあります。しかし使い捨てライターは元値が高くないので、数本出品しても売れない可能性が高いです。フリマアプリを使用する際は、10本以上まとめて売ると購入してもらいやすいです。使いかけのライターは自治体で処分するのが無難でしょう。
 
一方で高級ライターは人気があるので、フリマアプリで高く売れる可能性があります。chrome heartsといったジュエリーブランド、GUCCIやカルティエ等のファッションブランドで販売されていたライターは数万円で買い取ってもらえることもあります。
 
ただし、平成23年よりライターを売却するときは、PSCマークがついているものに限るといった規制が定められました。フリマアプリを使用したい方は、こちらからPSCマークについてざっくりと確認しておきましょう。

ライターの危険な捨て方

ライターの危険な捨て方

ライターを誤った方法で処分すると、火災事故につながる可能性がありとても危険です。必ずガス抜きをして、適切な方法で廃棄してください。
 
処分するライター数が多いからといって、以下でお伝えする方法で処分すると身体に悪影響を及ぼすこともあるのでやめましょう。

ハンマーでライターを割る

ライターのガス抜きを方法を知らないと、ハンマーで割ろうとする人もいます。しかし、ガスが残っていると爆発や引火の危険があります。
 
ですから、中身の残っているライターは上記の正しい手順でガス抜きをしてください。中身にあまりガスが残っていない状態でも、ハンマーで割ろうとすると引火することもあるので気をつけてください。

ガスやオイルが入ったまま分解する

ガスやオイルが入った状態でライターを分解しようとする人もいます。周りに電化製品やストーブのようなものがあると、引火してしまうのでオイルが残っているライターを分解するのはやめましょう。
 
ただし、ガスが残っているライターをゴミに出すとごみ収集車で爆発事故が起きるかもしれません。近隣住民や作業員の安全を守るためにも、安全な方法でガス抜きをしてくださいね。

ライター以外にまとめて捨てるものがあればKADODEにお任せ!

KADODE
 
ライター以外にもまとめて捨てるものがあればKADODEにお任せください!KADODEは1都23県でサービスを展開する不用品回収業者です。少量のお荷物から家丸ごとの大量の荷物までプロのスタッフが迅速に回収にまいります。
 
自治体で収集していないライター、タイヤ、ガスボンベといった危険物も回収可能です。自治体に出すと手続きが面倒な家具・家電も、当社にお任せいただければお客様に手間をおかけすることは一切ございません。
 
KADODEは24時間365日受付しており、お客様の好きな日時をご指定いただけます。急なご依頼も承っており、ご予約状況によっては最短即日で対応いたします。お見積もりは全て無料なので、不用品の処分にお困りの方はお気軽にご相談ください。

今すぐ不用品回収を依頼する
不用品回収の料金
0120-966-926
簡単LINE見積もりはこちら
無料見積もりフォームはこちら
不用品回収の料金 0120-966-926
無料見積もりフォームはこちら 簡単LINE見積もりはこちら

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は使い捨てライターの捨て方から、使い捨てライターの有効的な活用方法までご紹介しました。
 
ライターは自治体ごとに捨て方が決められており、正しい方法で処分しなければ重大事故につながる恐れもあります。自治体で処分する場合は、必ず中身を使い切ってから廃棄しましょう。
 
引越しや掃除でライター以外にも不用品を処分する際はKADODEにご相談ください!使い捨てライターはもちろん大型家具・家電・雑貨・日用品までなんでも回収いたします。

EXAMPLE

不用品回収例

単品からOK!

など、様々な不用品処分
ご活用いただけます。

下記のような場面でお役立てください! 下記のような場面でお役立てください!
AREA

対応エリア

areaページ地図

北海道地方

WEB割りキャンペーン
0120-966-926
簡単LINE見積もりはこちら 無料見積もりフォームはこちら
0120-966-926
無料見積もりフォームはこちら 簡単LINE見積もりはこちら
↑

不用品のお悩みは解決しましたか?
今ならWEB割開催中!

KDDポップアップ

>>> 料金の詳細はこちら <<<

 

KDDポップアップ