不用品・粗大ゴミ回収なら24時間365日受付のKADODE!

KADODE 24時間365日受付中!0120-966-926
DISPOSAL ITEMS

ゴミ箱の処分方法3選をご紹介!意外と知らない簡単な捨て方をご紹介!

ゴミ箱の処分方法3選をご紹介!意外と知らない簡単な捨て方をご紹介!

お客様
お客様
ゴミ箱って燃えるごみで処分して大丈夫なのかな?
お客様1
お客様1
お金がかかってもいいからゴミ箱を手早く処分できる方法が知りたい!

不要なゴミ箱が家にあって、早く処分したいと考えている方は多いと思います。しかし、いざ捨てるとなっても燃えるごみとして処分してもいいのか迷ってしまいますよね。
 

実は、ゴミ箱の処分方法は燃えるごみとして捨てる以外にもあります。そこで、この記事では以下に絞ってゴミ箱の処分について解説します。

  • ゴミ箱の処分方法3つ
  • 不用品回収業者KADODEの特徴
  • よくある質問

 

自分に合ったゴミ箱の処分方法が見つかりますので、ぜひご一読ください。
 

今すぐゴミ箱を処分する

 


 

プロ直伝!ゴミ箱の簡単な処分方法3選

ゴミ箱の処分方法3選をご紹介!意外と知らない簡単な捨て方をご紹介!
 
早速、ゴミ箱の簡単な処分方法3つを紹介します。

  • 小さいゴミ箱は普通ゴミに出す
  • 大きいゴミ箱は自治体の粗大ゴミに出す
  • 不用品回収業者に依頼する

 

メリットやデメリットと併せて紹介していきます。参考にして、自分が捨てやすい方法を試してみましょう。

小さいゴミ箱は普通ゴミに出す

小さいゴミ箱は普通ゴミに出す
 
まずは、小さいゴミ箱を燃えるごみとして処分する方法です。燃えるゴミで処分するメリットとしては、手軽に処分できる点です。
 
指定場所に持っていくだけで、処分できるので処分する側の負担が少ないことが挙げられます。また、料金も安く、袋代だけで済んでしまうことも魅力です。

 

デメリットとしては、ゴミ箱に金属の部品がある場合には、取り除かなければいけません。工具などを使って取り外すので、かなり手間がかかってしまいます。

 

燃えるごみとして出す場合の手順を紹介します。

  1. 市町村指定のゴミ袋を購入する
  2. ゴミ袋に入れる
  3. 指定日の朝に回収場所まで持っていく

 

袋代は10枚入って200〜300円くらいで購入できる市町村が多いです。燃えるごみを出すときは、指定の時間に遅れずに出すようにしてください。

大きいゴミ箱は自治体の粗大ゴミに出す

大きいゴミ箱は自治体の粗大ゴミに出す
 
大きいゴミ箱は、自治体の粗大ごみで処分してもらいましょう。メリットは、費用を安く済ませられることです。自治体の粗大ごみ回収は、生活している市町村税金で賄われています。そのため、費用は200〜500円程度で済ませることが可能です。

 

デメリットとしては、自分で運ぶ手間がかかることです。指定場所まで持っていく必要があるので、申し込めば終了とはなりません。安い分、手間がかかる処分方法です。

 

捨て方は、以下の通りです。

  1. 市町村のゴミ受付センターに連絡する
  2. 回収日と金額を聞き取る
  3. 金額分の有料ごみ処理券を購入する
  4. 有料ごみ処理券をゴミ箱に貼る
  5. 指定日にゴミ箱を出す

 

有料ごみ処理券はお住まいの地域のコンビニやドラッグストアで購入できます。別の市町村のものを購入してしまうと、貼り付けても回収してもらえないので注意しましょう。

解体をすれば燃えるごみで出すことも可能

大きなゴミ箱は、解体をすれば燃えるごみで回収してもらえます。粗大ごみで処分するよりもかなり安価に済ませられます。しかし、その分解体する手間はかかってしまうので、試す際にはメリット・デメリットよく考えてから作業しましょう。

 

解体方法は以下の手順でおこないます。

  1. 市町村で燃えるごみとして捨てられるサイズを調べる
  2. プラスチックが切れるのこぎりを準備する
  3. 1で調べたサイズにカットする
  4. 市町村指定のゴミ袋に入れる
  5. 指定日の朝に出す

 

市町村が指定しているサイズより大きくカットしてしまうと、回収してもらえないことがあるので、事前に電話またはHPから問い合わせしましょう。

 

プラスチックを切ると、カットした面は鋭くなります。素手で作業すると、ケガをしてしまう可能性があるので、軍手をはめてから作業するようにしましょう。

不用品回収業者に依頼する

不用品回収業者に依頼する
 
ゴミ箱の処分を不用品回収業者に依頼する方法もあります。メリットは、以下の2つが挙げられます。

  1. 処分する手間を省くことができる
  2. 大量の不用品を1回で処分できる

 

不用品回収業者は、運び出し〜回収まで一括で担当してくれます。そのため、依頼者は電話一本でゴミ箱を処分できます。

 

また、ゴミ箱以外にも処分したい不用品がある場合には、不用品回収業者に依頼するのがおすすめです。不用品回収業者は、お得なパックプランを用意していることが多いです。1点ごと依頼するよりも安く処分できるので、大量の不用品を一回で処分できます。

 

デメリットは、費用がかかってしまうことです。市町村の場合は、500円程度で済ませられましたが、不用品回収業者に依頼すると、3,000円くらいかかってしまいます。

 

不用品回収業者に依頼する方法は以下の通りです。

  1. 不用品回収業者に問い合わせをする
  2. 見積もりを出してもらい契約する
  3. 当日回収してもらう

 

できるだけ多くの不用品回収業者に見積もりを依頼して、自分に合った会社を見つけましょう。

KADODEはゴミ箱や不用品をまとめて回収します!

ここからは、不用品回収業者「KADODE」の特徴について紹介します。特徴は以下の3つです。それぞれ詳しく見ていきましょう。

  1. 追加料金なし!お得なパックプランが充実
  2. リピーターが多く、口コミ・評判がいい
  3. 研修プログラムがあり、スタッフ育成に力を入れている

追加料金なし!お得なパックプランが充実

KADODEは、お得なパックプランを用意しています。

  • 家に沢山の不用品がある方
  • 引越しなどで大量の不用品がある方

 

上記の方におすすめです。大きな特徴としては、見積もり後の追加料金は一切ないことです。他社では、オプションになってしまいがちな、家電取り外し作業も費用をかけずに対応してもらえます。

 

料金は以下の通りです。

プラン名 料金
SSパック:1㎡ 10,000円
Sパック:1.5㎡ 15,000円
Mパック:3㎡ 30,000円
Lパック:5㎡ 50,000円
LLパック:10㎡ 100,000円
3Lパック:30㎡ 見積もり要相談

料金について詳しく知りたい方は、「KADODEの料金表」を御覧ください。

リピーターが多く、口コミ・評判がいい

KADODEはリピーターが多いことが特徴です。年間の作業実績は、10,000件あります。そのため、どんな依頼にも柔軟にご対応いたします。

 

不用品回収以外にも、遺品整理やゴミ屋敷の片付けまで対応してもらうことが可能です。手早くテキパキと作業することで、ご利用いただいたお客様よりご好評いただいております。

研修プログラムがあり、スタッフ育成に力を入れている

研修プログラムを設けており、スタッフ育成に力を入れています。不用品回収業者のスタッフの対応も依頼する側からすると気になりますよね。KADODEでは、研修プログラムを通して、お客様に気持ちよく不用品を処分してもらえるよう育成しています。

 

また、不用品に関するアドバイスも常におこなっています。ただ、不用品回収をするだけではなく、安くできる工夫を常におこなって、お客様満足度を高めています。KADODEは、お客様目線に立った接客が魅力です。

 

ゴミ箱の処分でお困りの方は、「お問い合わせ」からお気軽にご相談ください

ゴミ箱の処分に関するよくある質問

ゴミ箱1つでも回収してもらえる?
お客様1
お客様1

KADODE
KADODE
はい。ゴミ箱1つでも回収をすることは可能です。
不用品回収業者にゴミ箱の処分を依頼するときに、分別って必要なの?
お客様1
お客様1

KADODE
KADODE
分別は必要ありません。回収〜分別まですべて私共でおこないます。

まとめ

今回は、ゴミ箱の処分方法について解説しました。ゴミ箱の処分方法は以下の3つです。

 

  1. 自治体の燃えるごみに出す
  2. 粗大ごみで処分する
  3. 不用品回収業者に依頼する

 

それぞれメリット・デメリットを紹介したので、自分に合った捨て方を見つけてみてください。不用品回収業者選びに迷っている方は、KADODEを検討してみてください。

EXAMPLE

不用品回収例

単品からOK!

など、様々な不用品処分
ご活用いただけます。

下記のような場面でお役立てください! 下記のような場面でお役立てください!
0120-966-926
簡単LINE見積もりはこちら 無料見積もりフォームはこちら
0120-966-926
無料見積もりフォームはこちら 簡単LINE見積もりはこちら
↑