不用品・粗大ゴミ回収なら24時間365日受付のKADODE!

KADODE 24時間365日受付中!0120-966-926
DISPOSAL ITEMS

香水の正しい捨て方・処分方法とは|余った香水の活用方法もご紹介!

香水の正しい捨て方・処分方法とは|余った香水の活用方法もご紹介!

お客様1
お客様1
香水の正しい捨て方を知りたい!

女性の方が身に着ける香水。とても身近な物ですが、正しい捨て方をご存知ですか?香水は、実は正しい捨て方をしないとアルコールが含まれる場合もあり、危険を伴います。
 
この記事では、香水の中身、容器の捨て方、そして買取をしてもらう方法や降水を捨てずに再利用する方法をわかりやすくご紹介させていただきます。

0120-966-926
簡単LINE見積もりはこちら 無料見積もりフォームはこちら
0120-966-926
無料見積もりフォームはこちら 簡単LINE見積もりはこちら

香水の正しい捨て方を知ってる?

香水の正しい捨て方を知ってる?
 
女性なら誰でも持っている香水ですが、ガラスの瓶に入っていたり成分などもよく分からずに、捨て方に迷ってしまうことはありませんか?
 
一体、香水は燃えるゴミなのかそれとも資源なのか、瓶なのかはっきりしないですよね。実は香水は、中身と外の容器で捨て方が違うんです。
 
また、使わなくなった香水はただ捨てるだけではなく、ルームフレグランスやバスアロマとして再利用することも可能です。記事後半で再利用の方法も詳しくご紹介しますので、最後までお読みくださいね。

意外と知られていない香水の使用期限

香水には、日本の薬事法により使用期限が記載されているものはほとんどありません。しかし、多くの香水の場合は未開封であれば3年程度は品質が保たれると言われています。
 
しかし、開封をしてしまうと大体1年を目安に使い切るのが好ましいです。これを聞いて、短い!と思った方は多いのではないでしょうか。
 
そう、香水は一度開封されてしまうと、空気や温度変化など様々な要因で劣化してしまいます。香水は、直接肌につける物ですので劣化してしまった香水は、どんな影響があるかわかりません。
 
安全のためにも、3年をすぎた香水は再利用または手放して新しい香水を購入しましょう。

香水の劣化を防ぐ方法

香水の劣化を防ぐ方法
 
香水は簡単に劣化してしまうこと、そして、保管方法によって劣化が早まってしまうということを理解いただけたかと思います。
 
そこで、香水を劣化させない方法をご紹介していきます。

高温多湿な場所を避ける

香水を保管する場所として、高音多湿な場所は避けてくださいを記載されています。そのため、高温多湿な場所は劣化を進めてしまうことになりますので避けてください。
 
だからと言って、冷蔵庫などのとても冷たいところもおすすめしません。理想なのは、15-25℃程度の温度で保管することです。
 
高温多湿も避けた方が良いですが、温度変化が大きい場所での保管は避けてください。家の中で香水を保管する際には、化粧棚の中など温度変化が最小限に抑えられるところに保管しておくことで、香水の劣化を防ぎましょう。

直射日光を避けて保管する

香水のような香料は、紫外線にとても弱いです。そのため、直射日光が当たる場所に保管してしまうと、使用期限内でも早く劣化して変色してしまう可能性があります。
 
直射日光の紫外線から劣化を防ぎたい場合は、日光の当たらないところで保管する必要があります。購入した時の箱の中に入れておくことで、直射日光の防ぎ、なんの香水なのか箱からもわかるのでおすすめです。

蓋をきちんと閉めて保管する

香水はスプレータイプが多いですよね。そのため、多くの人がキャップをしていないのではないでしょうか?香水の揮発と酸化を防止するためにきちんとキャップを閉めて保管することが大切です。
 
キャップを閉めないと、香水にはエタノールが含まれていますので、そのエタノールが思わぬ速さで揮発してしまいます。あまり使っていないのに、香水の中身が減ってしまった!とならないようにしたいですね。
 
また、香水は直接空気に触れてしまうことで、酸化が進み香りや色が変色してしまう可能性があります。しっかりとキャップを閉めて保管しましょうね。

香水を正しく捨てる方法

香水を正しく捨てる方法
 
ここでは、香水を正しく捨てる方法を香水の中身と容器で分けてご紹介いたします。それぞれ参考にして、香水を正しく処分してみましょう。

香水のスプレー部分の捨て方

香水の中身を捨てる前に、まずは香水のキャップ部分をとる必要があります。スプレー部分は、金属製の場合が多く回して簡単に取れる物から、しっかりと嵌め込んでいるものがありますので、場合によってはペンチなどの工具が必要になるでしょう。
 
念のために軍手も用意して、手を保護しましょう。香水のスプレー部分の金属が取り除けたら、「金属ゴミ」として住んでいる自治体の指示に従って、処分しましょう。

香水の中身の捨て方

香水の中身を捨てる方法をここでは、詳しくご紹介いたします。まず、用意するものとしては「いらないポリ袋」「紙やティッシュ、トイレットペーパー」です。
 
トイレットペーパーやティッシュを使って香水の中身を吸い込ませます。吸い込ませた紙は、すぐにポリ袋に入れしっかりと封を閉じましょう。
 
香水を染み込ませた紙が入ったポリ袋は、「燃えるゴミ」として、自治体の指示した日にゴミとして出しましょう。匂いが漏れそうな場合は、ジップロックなどに入れて二重にすることで、匂いの漏れを防ぐことができます。
 
香水の中には、アルコールが含まれている場合が多いです。そのため、火の近くに置くなどすると引火する可能性もありますので、取り扱いには十分注意してください。

香水の容器の捨て方

ここでは、香水の容器の捨て方について詳しくご紹介いたします。
 
中身の香水を捨てて、キャップなどの金属部分を取った容器がガラスなどの瓶の場合は、中身の水気がなくなりまで乾燥させてから、「瓶」「われもの」「燃えないゴミ」としてお住まいの自治体の指示に従って処分しましょう。

まだ中身がある香水を買い取ってもらう方法

まだ中身がある香水を買い取ってもらう方法
 
まだ中身の残量が多い場合は、捨ててしまうのはもったいないですよね。そこで、まだ中身がある香水を買い取ってもらう方法をここではご紹介いたします。
 
あなたの不要な香水がお小遣いになるかもしれませんよ!それでは、みていきましょう。

    買い取ってもらう方法

  • フリマサイトやオークション
  • リサイクルショップ

フリマサイトやオークション

手軽にいらないものを売ることができるフリマサイトやネットオークション。フリマサイトを見てみると、香水などが多数出品されています。定番のブランドや人気ブランドであれば、数千円になる可能性もあります。
 
まずは、香水の残量を把握して相場をフリマサイトで確認してみましょう。写真を撮影し、フリマサイトのアプリから投稿すれば完了です!とても手軽にいらない香水がお金になるので、まだ残量が多い香水をお持ちの方は、ぜひお試しください。

リサイクルショップ

リサイクルショップは、誰でもいらないものをお金にできるとして人気ですよね。
 
リサイクルショップには、香水のセクションがあるほど多くの人が香水をリサイクルショップに持ち込んでいます。リサイクルショップは、フリマサイトなどとは違ってすぐに買い取ってもらえるので、すぐに処分したい方などにおすすめです。
 
しかし、自分でフリマサイトで売るよりも買取価格は低い場合が多いです。少しでも高く売りたいという方は、フリマサイトやオークションをおすすめします。
 
リサイクルショップに香水を持ち込む前に、ホコリや汚れなどは綺麗にしておきましょう。そうすることで、査定金額が少しでも上がる可能性があります。

香水を捨てずに再利用する方法

香水を捨てずに再利用する方法
 
香水は、捨てるだけではありません!ここでは、香水をただ捨てずに再利用してリメイクをする方法をご紹介いたします。ぜひ、あなたの好きな匂いの香水をお家の至る所で使えるフレグランスにしましょう。

【再利用方法①】ルームフレグランスにする

    必要なもの

  • 香水
  • リードディフューザー用 ラタンスティック(竹串でもOK)
  • 無水エタノール

香水はルームフレグランスとして、再利用することができます!香水は可愛い瓶に入っているケースが多いので、その容器を再利用しましょう。
 
スプレー部分を取り外して、無水エタノールを入れて薄めて、ディフューザー用のスティックを数本刺して完了です。無水エタノールの量は、調整してください。

【再利用方法②】バスアロマとして使う

    必要なもの

  • 香水

香水をバスアロマとして再利用して、リラックスできるバスタイムにしてみませんか?余った香水をお風呂に数滴垂らすだけで完了です!バスアロマとして使うことで、使わなくなった香水を有効活用しましょう。
 
入れすぎてしまうと、気分が悪くなったりしてしまう可能性があるので、注意してください。

【再利用方法③】ヘアコロンとして使う

    必要なもの

  • 香水
  • ベビーオイル

シャンプーではすぐ香りが消えてしまいます。それなら、香水を再利用したヘアコロンを使って、いい香りを長続きさせてみませんか?
 
ヘアコロンの作り方は、香水1に対して、ベビーオイル3の割合にして混ぜます。スプレーに入れ替えてもいいですし、手でなじませても良いですよ。ぜひ、試してみてくださいね。

香水の間違った捨て方

香水の間違った捨て方
 
香水の間違った捨て方をここではご紹介いたします。知らない方も多いので、失敗しないように確認しておきましょう。捨て方によっては、危険な事態を招くことにもなりかねません。

    間違った捨て方

  • トイレやシンクに流す
  • 瓶を可燃ゴミで捨てる
  • 中身が残ったまま処分する

トイレやシンクに流す

香水は液体だからとトイレやシンクに流してしまう人もいますが、それは絶対にやめましょう。
 
まず、香水をシンクやトイレに流すことで香水の匂いがシンクなどから取れなくなってしまいます。香水の匂いはとても強く、取れにくいので、お料理をするキッチンが香水の匂いで充満してしまっては、大変ですよね。
 
次に、香水にはエタノールなどのあらゆる成分が含まれているので、シンクなどに流すことで環境破壊になりかねません。シンクなどに流すのではなく、紙で水分を吸い取って袋に密閉して捨てるようにしましょう。

香水の瓶を可燃ゴミで捨てる

瓶を可燃ごみにそのまま捨ててしまうのはやめましょう。捨てる際は、瓶は自治体で決められた処分方法や分別で捨ててください。
 
また、香水の瓶は、捨てなくても再利用できる場面がとても多いです。香水を使い切ったら、その瓶はインテリアにしても良し!
 
香水の瓶は活用してみましょう。

中身が残ったまま処分する

香水を中身が残ったまま処分してしまうと、瓶が割れた時などに強い匂いが外に漏れてしまい、他の方に被害が出てしまう可能性があります。
 
必ず、中の香水を紙なので吸い取ってから瓶や容器を処分するようにしましょう。

処分する香水が多い時は不用品回収業者がおすすめ!

KADODE

KADODE
対応エリア 日本全国の広い地域
最安値プラン SSパック 5,000円
対応可能業務 不用品回収、遺品整理、ゴミ屋敷片付けなど
営業時間 24時間365日
ホームページ https://kado-de.jp
電話番号 0120-966-926

処分したい香水が大量にある場合や、どうしても香水の金具が取れないなどの時は、不用品回収業者を利用してはいかがでしょうか?不用品回収業者のKADODEなら、香水1つから大量の香水まで回収してもらうことができます。リサイクルショップのように自分で持ち込み必要もなく、とても簡単に処分が可能です。
 
香水の量によって見積もりも変わってくるので、気になる方はまずは公式サイトから見積もり依頼をしてもらってみてください。処分をお急ぎの方は、ウェブ問い合わせではなく電話でお問い合わせください。
 

KADODEの対応地域

    対応地域一覧
    東京都、大阪府、福岡県、神奈川県、埼玉県、千葉県、愛知県、兵庫県、静岡県、奈良県、三重県、滋賀県、岐阜県、京都府、岡山県、広島県、山口県、徳島県、香川県、大分県、佐賀県、宮崎県、熊本県、長崎県、鹿児島県など

 
KADODEは、対応地域がとても広く日本の広い地域でサービスを利用することができます。最短即日で回収に来てもらえるので、お急ぎの方はお早めに問い合わせてみてくださいね。

0120-966-926
簡単LINE見積もりはこちら 無料見積もりフォームはこちら
0120-966-926
無料見積もりフォームはこちら 簡単LINE見積もりはこちら

香水の捨て方まとめ

この記事では、正しい香水の捨て方を詳しくご紹介いたします。いかがでしたか?香水を捨てる機会があまりない方は、捨て方をどうしても迷ってしまいますよね。
 
香水は、捨てるだけでなく買い取ってもらうことや再利用することもできるとわかっていただけたと思います。もう匂いに飽きてしまった際は、買取をしてもらう。少ししか残量が残っていない場合は、おうちのフレグランスとして再利用して、無駄がないようにしましょう。香水は賢く処分することで、あなたも得をすることができます。
 
この記事が参考になれば幸いです。

EXAMPLE

不用品回収例

単品からOK!

など、様々な不用品処分
ご活用いただけます。

下記のような場面でお役立てください! 下記のような場面でお役立てください!
0120-966-926
簡単LINE見積もりはこちら 無料見積もりフォームはこちら
0120-966-926
無料見積もりフォームはこちら 簡単LINE見積もりはこちら
↑