不用品・粗大ゴミ回収なら24時間365日受付のKADODE!

KADODE 24時間365日受付中!0120-966-926
DISPOSAL ITEMS

オフィスチェアをお得に処分する方法3選!費用相場まで徹底解説!

オフィスチェアの処分

お客様
お客様
オフィスチェアが不要になったんだ。新しい椅子をネットで購入したんだけど、古いオフィスチェアって粗大ゴミで捨てていいのかな?
お客様
お客様
自宅の椅子は大丈夫だけど、事務所で使ってるものは、粗大ゴミでは捨てられないわ。

オフィスチェアは、なんとか一人で運べるサイズの家具ですが、それでも処分するとなると面倒です。1脚だけならなんとか持ち運べても、複数になるとまた面倒。
 
できるだけラクに、負担なく処分したいという方のために、自治体での粗大ゴミ以外の方法も合わせて紹介します。

    オフィスチェアの処分方法についてざっくりまとめると

  • オフィスチェアは自治体の粗大ゴミとして処分できる
  • 事業所で使用していたオフィスチェアは自治体では処分できない
  • リサイクルショップや不用品回収業者に依頼して廃棄できる
  • 処分方法は手間、時間、費用を考慮して選ぶべき
  • オフィスチェアをまとめて処分するなら不用品回収業者がおすすめ
今すぐオフィスチェアを処分する

0120-966-926
簡単LINE見積もりはこちら 無料見積もりフォームはこちら
0120-966-926
無料見積もりフォームはこちら 簡単LINE見積もりはこちら

オフィスチェアを粗大ゴミとして処分することは可能?

オフィスチェア
 
家庭で使用していたオフィスチェアは、自治体に依頼して「粗大ゴミ」として処分可能です。一方、同じオフィスチェアでも事務所など業務用だったものは、粗大ゴミとして処分できません。
 
それぞれの場合の処分の仕方を詳しく解説します。

家庭で使用していたオフィスチェア

粗大ゴミの定義は各自治体によって異なりますが、オフィスチェアは基本的にどの自治体でも粗大ゴミとして処分されます。
 
自治体での粗大ゴミの処分の仕方は基本的に以下の通りです。

  1. 自治体の公式ページの粗大ごみ受付センターにアクセスし、電話またはネットで予約します。
  2. 予約時に回収日と回収費用がわかります。
  3. 回収費用分の粗大ゴミ処理券をコンビニなど指定されている店で購入し、必要事項を記入して用意します。
  4. オフィスチェアに粗大ゴミ処理券を貼り付け、回収日の朝8時までに指定場所に排出します。

オフィスチェアの処分費用は、300〜500円前後です。
 
処分施設にご自分で持ち込むことも可能です。ご自分で持ち込む方法は、すぐに処分したい方におすすめですが、こちらも予約が必要で勝手に運び込むわけにはいきません。
 
自治体によっては持ち込む前にわざわざ市役所に行って許可証をもらう必要がある場合も。自治体によって持ち込みの場合は重量による処分費用になるため、自宅近くまで取りに来てもらう方法より、さらに安く処分できます。

事業所で使用していたオフィスチェア

自治体が粗大ゴミとして回収するのは、家庭から出るゴミのみです。そのため事業所で使われていたオフィスチェアは粗大ゴミとして回収できません。
 
事業所で使われていたオフィスチェアは、廃棄物処理場に自分で持ち込むか、一般廃棄物処理業者に依頼して処分してもらうか、どちらかの方法で処分してください。

おすすめのオフィスチェア処分方法2選

オフィスチェアの処分
 
自治体の粗大ゴミとして処分する方法以外で、おすすめのオフィスチェアの処分方法を2種類紹介します。負担の少ない、手間のかからない方法をまとめました。

リサイクルショップで買い取ってもらう

まだ利用できる目立った汚れのないオフィスチェアなら、リサイクルショップで買取をしてもらえる可能性があります。きれいであればあるほど、高い査定額で引き取ってもらえるので、ていねいに汚れをとりましょう。
 
ただし素材によって洗浄方法が異なるので注意が必要です。水洗いをすると繊維が縮んでしまい、うろこ状のシワができる可能性があります。
 
革の場合は専用クリーナー、布や合成皮革は中性洗剤を薄めた水に浸した布を固く絞って洗浄してください。合成皮革も頑固な汚れの場合は、専用クリーナーの使用がおすすめです。
 
リサイクルショップに持ち込んでも、買い取ってもらえなければ無駄足になります。出張で査定をしているリサイクルショップを探して依頼しましょう。ただし、出張で来てもらうと支払額は持ち込みより少なくなる可能性があります。

不用品回収業者に回収してもらう

近くにリサイクルショップがない、リサイクルショップで売れるかどうかわからないという方は、不用品回収業者に依頼して引き取ってもらう方法があります。以下のような方は、民間の不用品回収業者への依頼がおすすめです。

  • オフィスチェア以外にも処分したいものがたくさんある
  • オフィスチェアが古くて壊れているので売るのは無理
  • 忙しいので自分の都合の良い日時に回収に来てほしい
  • 自宅の中に入ってオフィスチェアを運び出してほしい
  • 事務所の改装で大量にオフィス家具を処分したい
  • 回収のあと、掃除もしてほしい
  • 面倒なことは何もしたくない

ただし不用品回収業者は慎重に選んでください。無料で不用品回収をするといって町内をトラックで回っているような業者には気をつけましょう。
 
トラックで回るすべての業者が悪徳業者だとは言い切れませんが、無認可で営業しており事務所も持っていないことが多いです。
 
悪徳業者は見積もりもせずにどんどん不用品をトラックに乗せ、法外な料金を請求します。トラブルになることもあるので、ちゃんとした業者かどうかを確認してから依頼するようにしましょう。
 
また不用品回収業者の中には、買取をしている業者もあります。出張で査定をしてくれるので、リサイクルショップに依頼するのは気がひけるという方は利用してはいかがでしょうか。買い取ってもらえない場合も、そのまま引き取ってもらえます。

オフィスチェアを処分する時の費用相場はどれくらい?

オフィスチェアの処分費用
 
いわゆるデスクチェア、またはゲーミングチェアと呼ばれる背当て部分が大きく長時間のPC作業でも疲れないタイプのオフィスチェアと背当て部分が短めタイプでは少し値段が違います。
 
自治体に依頼した場合が400円前後、不用品回収業者に依頼した場合が1,500〜3,000円程度が費用相場です。不用品回収業者によっても料金に幅がありますから、複数の不用品回収業者に見積もりをしてもらってから処分しましょう。

オフィスチェアの処分ならKADODEにお任せください

KADODE
 
オフィスチェアの処分を民間の不用品回収業者に依頼するなら、KADODEもおすすめです。KADODEは、買取もしているのでまだきれいで捨ててしまうのがもったいないと感じる方はご相談ください。KADODEは、24時間年中無休で電話の受付をしています。
 
電話でも簡単な概算をお知らせしますので、利用するか検討しやすいシステムです。作業をする前に、現地でもう一度きちんとしたお見積もりをお出しします。見積もりの料金に納得がいかない場合は、キャンセルをしても料金はまったく発生しませんのでご安心ください。
 
回収作業日は年中無休でお客様のご都合に合わせます。土日や祝日、早朝でも深夜でも時間外料金はかかりませんので、お好きな時間を指定できます。
 
特にオフィスチェア以外にも処分したいものがある方は、軽トラック詰め放題サービスなどリーズナブルな回収プランの用意が豊富です。自治体では回収してもらえない洗濯機、冷蔵庫といった家電リサイクル法の対象品目も回収いたします。
 
またKADODEでは法人様からのご依頼も大歓迎です。事務所のリフォームや引っ越しで出る大量のオフィスチェアなどの家具類を回収いたします。
 
KADODEは、全国のどのエリアにも待機所を設けていますので、どの地域にお住いの場合でも対応可能です。お住いのエリアが対応エリアかどうか気になる方は、こちらから確認できます。

0120-966-926
簡単LINE見積もりはこちら 無料見積もりフォームはこちら
0120-966-926
無料見積もりフォームはこちら 簡単LINE見積もりはこちら

オフィスチェアの処分に関するよくある質問

事務所の引っ越しでオフィスチェアや事務用品をたくさん処分したいのですが…
お客様
お客様
KADODE
KADODE
KADODEは法人様のご依頼も喜んで引き受けます。事務所の清掃も承りますので、お気軽にお電話ください。

オフィスチェアの回収事例

オフィスチェアの回収

東京都の回収事例

オフィスチェア回収前
オフィスチェア回収後

スタッフからのコメント

オフィスチェアの回収でご依頼いただきました。事業用に使っていた物は自治体で処分することができません。KADODEにお任せいただければプロのスタッフが迅速に対応いたします!

主な回収品目
オフィスチェア、プリンターなど
作業時間
15分
ご利用エリア
東京都目黒区

まとめ

オフィスチェアを処分する方法を3つ紹介しました。処分方法は次の3つです。

  1. 安く処分したい方は:自治体で粗大ゴミ回収に依頼する
  2. 少しでもお得に処分したい方は:リサイクルショップで買い取ってもらう
  3. 負担なくすぐに処分したい方は:民間の不用品回収業者に依頼する

何を優先するかによって、オフィスチェアの処分方法を決めましょう。オフィスチェアの処分をきっかけに家全体の不用品を処分し、すっきりときれいなお部屋で過ごしたい方も不用品回収業者がおすすめです。

EXAMPLE

不用品回収例

単品からOK!

など、様々な不用品処分
ご活用いただけます。

下記のような場面でお役立てください! 下記のような場面でお役立てください!
AREA

対応エリア

areaページ地図

四国地方

0120-966-926
簡単LINE見積もりはこちら 無料見積もりフォームはこちら
0120-966-926
無料見積もりフォームはこちら 簡単LINE見積もりはこちら
↑