不用品・粗大ゴミ回収なら24時間365日受付のKADODE!

KADODE 24時間365日受付中!0120-966-926
DISPOSAL ITEMS

マットレスを捨てるのは難しい?解体やリサイクルのやり方を徹底解説!

マットレスを捨てるのは難しい?解体やリサイクルのやり方を徹底解説!

お客様1
お客様1
マットレスってどうやって捨てればいいの?
お客様
お客様
大きいマットレスは処分も面倒だね。いい方法を教えてあげるよ!

寿命が来たマットレスなどを処分する時処分に困った経験がありませんか?特に大きなマットレスなどでは引き取りの方法や持ち込みの作業など色々と問題が発生することが多いです。
 
この記事ではマットレスの捨て方についてわかりやすく解説していきます。

マットレスを処分する方法6選

マットレスを処分する方法6選
 
マットレスを処分する方法は主に6つあります。処分までにかかる時間や費用が異なるので、ご自身の条件にあう方法を選択するのがおすすめです。
 
1つずつ確認していきましょう。

  1. 市町村で回収してもらう
  2. フリマサイトで買い手を探す
  3. 近くのゴミ処理場へ持ち込む
  4. 不用品回収業者に依頼する
  5. 自分で解体して普段ゴミで出す
  6. 寄付や知人に譲渡する

【マットレスの捨て方①】市町村で回収してもらう

市町村で回収してもらう
 
市町村の決まりにのっとって安く引き取ってもらえる方法です。事前に予約が必要であったり。
 
引き取り場所まで自分で運ばなければいけないという手間がかかりますが、民間の回収業者よりも金額はかからないためポピュラーな方法としておすすめです。
 
運搬をする際に大きな車が必要になったり一人では運搬が困難になったりする場合もある為この方法を使う場合は事前に色々な準備がいるでしょう。
 
参考:環境省

【マットレスの捨て方②】フリマサイトで買い手を探す

インターネットの普及により個人で中古品を販売することが可能になりフリマサイトの利用者なども年々増えていますね。
 
この方法では個人で不要となったマットレスをフリマアプリで売却する方法です。この方法はマットレスを処分できるだけでなく売却することによる利益を得ることができるため一石二鳥の方法とも言えるでしょう。
 
非常にオススメな方法の一つです。ただしこの方法は買い手がいた場合の方法の為売れるタイミングがわからず自分の好きなタイミングで売ることができないため効率よく処分することが難しいでしょう。また購入した人が気持ちよく使用できるように除菌などの作業も徹底しましょう。

マットレスを売るための除菌方法

基本的はまず掃除機を徹底的にかけましょう。マットレスにたまりやすいホコリ、髪の毛、ダニなどがついていては購入者が困ります。
 
じっくり時間をかけてゴミを吸って、その後重曹を含ませた絞ったタオルをマットレスに押し当てて除菌作業をしていきましょう。
 
また除菌作業が終わった後はマットレスを壁に立てかけるなどしてできるだけ湿気を逃がすようにしましょう。

【マットレスの捨て方③】近くのゴミ処理場へ持ち込む

近くのゴミ処理場へ持ち込む
 
近所にゴミ処理場がある場合は直接ゴミ処理場に持ち込む方法もあります。運搬などの手間がかかりますが処理費用が安く済むため手間がかかる分リーズナブルな方法です。
 
ただし小さい車だとマットレスが乗らなかったり。運搬が一人ではできなかったりする場合が多いのでこの方法を使える方は限定される場合があります。

【マットレスの捨て方④】不用品回収業者に依頼する

不用品回収業者に依頼する
 
不用品回収業者に依頼する方法は一番手間がかからず楽な方法です。電話一本で自宅まで専門スタッフが来て運搬から処分まで任せられるため依頼者が何かするといった必要がなく効率的です。
 
解体や運案などがないだけでケガをするリスクや処分にかかる時間が省けるため非常にオススメな方法です。

不用品回収業者がおすすめの方

不用品回収業者を利用するのにおすすめな方は主に普段仕事で忙しい方や家事や子育てに追われる主婦の方など幅広いです。急遽転勤が決まり不用品などをまとめて処分したい場合でも対応してくれます。
 
とにかく業者に依頼するメリットとしては時間がかからないため、費用は掛かってもいいから時間がない人にはとてもお勧めです。

依頼手順

  1. 業者に電話
    まずは業者に電話、もしくはメールで連絡をしましょう
  2. 日時・見積もり
    日時、見積もりの決定をします。
  3. 引き取り・運搬
    実際に業者が来て作業してくれます。
  4. 会計
    料金を支払って完了です。

基本的に依頼方法としては電話もしくはメールでのやり取りです。電話で具体的な日程や引き取ってほしいものの詳細、見積もりまで決めてしまい当日自宅に引き取りに来てもらうといった手順です。
 
依頼者がすることは依頼内容と日程の提示だけなので非常に便利で手間がかかりません。自宅で引き取り作業する際には立ち会う必要がありますが、依頼者は何もする必要がないため非常に簡単です。
 
運搬などもプロのスタッフがすべて行うため、安全で安心の作業です。

【マットレスの捨て方⑤】自分で解体して普段ゴミで出す

自分で解体して普段ゴミで出す
 
先ほどの説明で素人が解体するのは手間がかかり大変だという文を書きましたが、それでもやってみたいという方に向けて自分で解体する場合の方法や手順を紹介していきたいと思います。
 
マットレスの種類ごとに方法が違います。マットレスの解体に共通していることは、大半のマットレスが金属を使用していて布の部分と金属の部分を仕分ける際に非常に面倒で手間がかかるといった点です。
 
それなりの覚悟が必要になる方法の為、やる人は時間がかかることなどを念頭に置いて作業しましょう。

ポケットコイルマットレス

まず外側のマットレスの布部分を切っていきます。その後中のポケットコイルを一個一個取り出して鉄と布に分別します。
 
コイルが一つ一つ布に入っている場合が多いため面倒な作業ですが分別の為にコイルを残すことなく取り除きましょう。
 
最後にマットレスの布部分を切って小さくすれば解体完了です。ポイントとしては面倒ですが、ポケットコイルが布部分に残らないようにしっかり一つ残らず取り除くことを忘れないようにしましょう。

ボンネルコイルマットレス

ボンネルコイルマットレスはポケットコイルマットレスとは異なりポケットコイルマットレスが一つ一つ分けられているのに対して、コイルが連結している為金属部分のコイルを取り出す手間がポケットコイルよりもかからず簡単です。
 
そのため、カッターなどで布部分を解体した後コイルを取り出してしまえばあとは粗大ごみに捨てるだけなのでポケットコイルよりも解体が簡単なのです。
 
カッター等の刃物を使う際にはケガをしないように軍手を着用するなどして、安全対策をしっかりとりましょう。また、一つ一つ分かれているポケットコイルと違い、コイルが連結しているので非常に重い場合がある為、力に自信のない方は二人以上で作業するなどしましょう。

ウレタンマットレス

ウレタンマットレスの場合内部に金属が入っていないためひたすら切り刻んでしまう方法があります。金属と布を分ける手間がかからないためコイルの入っているマットレスよりも解体がしやすいです。
 
マットレスを切る際にホコリやゴミが多く出るため室内を汚さないように準備してから解体作業をすることをおすすめします。ブルーシートなどを敷いてそのうえで作業することができれば解体した後のごみやほこりに悩まされずにすむでしょう。

エアーマットレス

エアーマットレスの場合カッターナイフ一本あれば誰でも簡単に解体ができるでしょう。基本的には空気が入っているだけなので空気を抜いてしまってあとは粗大ゴミに出せるサイズまでカットしてしまえば完了です。
 
燃えないゴミの場合もあるのでよく確認して捨てましょう。マットレスの中では非常に解体が簡単なのがこのエアーマットレスです。
 
こちらもウレタンマットレスと同様に切って解体するだけで解体ができてしまうので非常に簡単ですが、刃物等を使用するため、軍手等の安全対策はしっかりとして作業を行いましょう。

【マットレスの捨て方⑥】寄付や知人に譲渡する

捨ててしまったり売るだけでなく寄付したり知人に譲渡するといった方法もあります。
 
マットレスが欲しいという方は多いのでホームページなどで寄付を求めている団体を探して引き取ってもらうこともできるので、ぜひ試してみてください。
 
ただし渡す際には除菌や清掃を徹底した状態で譲渡するようにしましょう。

マットレスは自分で解体可能?

マットレスは特徴としては記事の中に鉄のスプリングが入っています。そのため不可能ではありませんが素人が家で解体しようとしても手間もかかるし難しいでしょう。
 
オススメな方法ではありません。業者や市町村に回収してもらうのが一番いいでしょう。
 
自分で解体しようとしたときにゴミが大量に出たりケガをしたりするリスクは十分にある為安全といった観点からもオススメはできません。

マットレスを簡単に処分できる回収業者は「KADODE」

KADODE
主な対応エリア 東京、神奈川、埼玉、千葉、静岡、愛知、大阪、兵庫、奈良、岡山、山口、広島、福岡、佐賀、長崎、大分、熊本、宮崎、鹿児島
マットレスの回収費用 5000円~
受付時間 24時間
お問い合わせ電話番号 0120-966-926
お問い合わせフォーム https://kado-de.jp/contact/
公式HP https://kado-de.jp/
口コミ評価 ★★★★★/5

KADODEは24時間年中無休で受付している不用品回収業者です。
 
マットレスの処分時困った際にはKADODEをご利用いただくとスピーディーに処分ができるでしょう。定額パックを提供しており、年間40,000件の実績があります。
 
さらに不用品回収だけでなく買取も積極的に行っているため、まだ使用できる家具・家電があれば買い取らせていただきます。

お客様4
お客様4
スタッフさんの対応が丁寧で簡単なお片付けまで行っていただき感謝です。また対応が素早くて30分くらいで完了して非常にスピーディーでした。
お客様5
お客様5
引き取り当日が残念ながら雨でしたがスタッフさんが雨の中丁寧に運んでくれました。料金も大変良心的で大変満足しました。

KADODEの料金プラン

  • SSパック:10,000円(目安1㎡)
  • Sパック:15,000円(目安1.5㎡)

 
5000円からのプランがあり、回収してほしいものの量や大きさによってパッケージの値段が異なります
 
料金設定が細かい為自分に合ったプランを利用することでお得にご利用いただけます。
 
不用品回収業者というと悪質な業者だと、少量なのに多額の請求をされたり、仕事が雑だったりといった例が多いですが、KADODEは回収するものの量や大きさによって金額も細かく設定されており、安心して利用できます。

マットレスを捨てる際の注意点

マットレスを捨てる際の注意点
 
マットレスを捨てる際にはその地域の決まりや処分方法に注意しましょう。ルールを守って正しい処分をすることが大切です。
 
また運搬する時や解体する時にケガをしてしまったりしてはいけないので必ず安全に注意して処分を行いましょう。
 
不用品回収業者を利用する際には悪徳業者に騙されないためにも、口コミや評判をしっかりと調べて自分に合ったプランを探すようにしましょう。

知っておけば役立つマットレスの種類・寿命

最後にマットレスの種類と寿命をご紹介します。お持ちのマットレスの種類と寿命を確認し、適切に処分するしてください。

スプリングタイプ

スプリングタイプのマットレスは、スプリングという金属製のバネがマットレスに入っています。コイルやスプリングの上にクッションが詰められているので、体をしっかり支えることが可能です。
 
スプリングの形状に応じて構造が違うため、寝心地や特徴が異なります。スプリングマットレスの寿命は、10年程度と考えておきましょう。
 
クッションが潰れてしまったり、マットレスがくぼみ体が沈むようになると寿命を迎えているので、買い替えることをおすすめします。

    スプリングマットレスの種類

  1. ボンネイルコイルマットレス
  2. ポケットコイルマットレス
  3. 高密度スプリングマットレス

ウレタン・樹脂素材タイプ

ウレタン・樹脂素材タイプのマットレスとは、金属のバネを使用しないマットレスを指します。樹脂素材のマットレスは布団の下に置いて使用する3つ折りタイプのものもあります。
 
ウレタンマットエスはスプリングマットレスよりも劣化しやすいので、寿命は3〜5年程度です。

    ウレタンマットレスの種類

  1. 低反発マットレス
  2. 高反発マットレス

マットレスを捨て方まとめ

マットレスを処分する方法について理解できましたか?マットレスによって捨て方が異なったり色々な捨て方がありますがルールを守ってきちんとした処分を心掛けましょう。
 
また、他人に譲渡や売却する際には必ず除菌清掃をするようにしましょう。いろいろな処分方法がありますが、それぞれにメリットデメリットが存在します。きちんと内容を理解して自分に合ったプランを見つけることが大切です。

EXAMPLE

不用品回収例

単品からOK!

など、様々な不用品処分
ご活用いただけます。

下記のような場面でお役立てください! 下記のような場面でお役立てください!
0120-966-926
簡単LINE見積もりはこちら 無料見積もりフォームはこちら
0120-966-926
無料見積もりフォームはこちら 簡単LINE見積もりはこちら
↑