不用品・粗大ゴミ回収なら24時間365日受付のKADODE!

KADODE 24時間365日受付中!0120-966-926
DISPOSAL ITEMS

チャッカマンの適切な捨て方を解説!知らなきゃ危ないガス抜きから分別まで!

チャッカマンの処分方法

お客様
お客様
うちの夫は子ども達とキャンプに行ったときにチャッカマンを買ったんだけど、最近はまったく使わないのよね。
そのまま捨ててもいいの?
お客様
お客様
チャッカマンとか使い捨てライターって、燃えないゴミで捨てちゃうと事故の原因になるんですって!

チャッカマンとは、屋外でも簡単に火を起こせるためバーベキューやキャンプなどアウトドアライフでは欠かせない製品です。しかし購入したものの使っていないという人もいらっしゃるでしょう。

 

処分したい場合は安全な処分方法を知らないと、事故の原因となるため注意が必要です。今回は、チャッカマンをはじめとしたライターの処分方法と安全に実行するための注意点を紹介します。

0120-966-926
簡単LINE見積もりはこちら 無料見積もりフォームはこちら
0120-966-926
無料見積もりフォームはこちら 簡単LINE見積もりはこちら

チャッカマンの安全な捨て方は?

チャッカマンの安全な処分方法
 
チャッカマンやライターなど燃料が入っているアイテムは捨てるときに気をつけないと事故の原因となります。宮崎市など各市区役所の公式サイトでも注意を喚起しています。

 

参考:宮崎市の公式サイト『【要注意】家庭から出されたごみや資源物が原因で施設や収集車の火災が頻発しています!』

 

安全な捨て方について解説しますので、チャッカマンを捨てたいと思っている人はまず一読してくださいね。

使い切ってから処分する

ガスがなくなるまで使い切ってからの処分が理想的です。着火レバーで点火を繰り返して、火がつかなくなったのを確認し、完全にガスを使い切ってから処分してください。

ガスが残っているときはガス抜きをする

ガスが残っているときはガス抜きをする
 
しかし、購入したものの使用する機会がなくそのままになっているチャッカマンをお持ちの人もいらっしゃるでしょう。その場合は、残っているガスを抜いてしまってから処分します。

チャッカマンのガス抜き方法をわかりやすく解説

チャッカマンのガス抜き方法
 
チャッカマンのガス抜き方法を説明します。類似商品についてはそれぞれ注意事項が異なるため、それぞれのメーカーの公式サイトを参照してください。

ガス抜き前に用意しておくもの

以下のものを用意してガス抜きを始めます。

  • 着火レバーを抑えて固定させるための粘着テープ(使い捨てライターやチャッカマン新ともしびの場合は輪ゴムでも可)
  • 静電除去スプレー
  • 人通りの少ない日の当たらない場所

チャッカマンのガス抜きの手順

チャッカマンのガス抜きの手順
 
チャッカマンのガス抜き方法を説明します。

 

ガスが充満しているため危険であることを通行者に知らせることが必要です。ほかの人が通る可能性がある場所なら、『ガス抜き作業中・さわるな・きけん』という表示をしておきましょう。

  1. 着用している服に静電気が起きると危険なので静電気除去スプレーをしておく
  2. チャッカマンの着火レバーを押さえて火を着け、そのままの状態で火を吹き消す
  3. 着火レバーを押さえたままで、粘着テープを使って固定する
  4. そのまま放置(ガスの残量によるが約2時間)
    缶などの容器に入れた状態で放置すると、ガスが蓄積して危険
    子どもが触ることができない場所を選ぶ
  5. ガスが抜けたかの確認をする
    ガス抜きをしていた場所から離れた、着火レバーを何度か操作し火がつかなければ作業終了
KADODE作業担当
KADODE作業担当
ガス抜き作業をする際、急激な冷却効果が現れます。チャッカマンの冷却された金属の部品に触ると、肌の弱い人はリスクがあります。

 

その他以下の点を注意してください。

  • 風通しの良い屋外で風向きを確認する
  • 直射日光の当たらない場所
  • 人通りのない場所
  • 着用している衣服などが静電気が起きないよう、静電気除去グッズを使用するなどの対策
  • 気持ちが悪くなったら直ちに作業を止める

参考:チャッカマン公式サイト『ライター・チャッカマンのガス抜き方法』

【種類別】チャッカマンの捨て方

チャッカマン種類別処分方法
 
チャッカマンは東海の商品名ですが、一般的にチャッカマンと呼んで使用しているものもあります。そういった類似商品についても解説するのでそれぞれ正しく処分してください。

オイルライターのガス抜きの手順

オイルライターはガスではなくオイルを使用しています。オイルライターの場合も、オイルを使い切ってしまう必要がありますが、オイルの場合は布やキッチンペーパーに吸わせて可燃ごみとして処分してください。

 

布やキッチンペーパーに吸わせたオイルは、捨てる前に完全に乾くまで放置しておきます。

KADODE作業担当
KADODE作業担当
周りに可燃物がないか、確認してください!

 

ただし、オイルライターの場合は高く売れる可能性があります。知っている人で欲しい人がいるかもしれません。もし郵送するときは、上記の方法でオイルを除去してからにすると引火は爆発の可能性がなくなり安全です。

100円ライターのガス抜きの手順

100円ライターのガス抜きの手順
 
100円ライターのガス抜きは基本的にチャッカマンと同じです。粘着テープのほか、輪ゴムも利用できるので手に入りやすい方で固定してください。

 

そのままの状態で2時間ほど放置し、火が着くかどうか確認してから処分します。

 

こちらの記事も参考にしてください。

『使い捨てライターの安全な捨て方は?処分方法を徹底解説!』

金属製ガスライターのガス抜きの手順

金属製ガスライターのガス抜きの手順
 
金属製ガスライターのガス抜きの場合もガス抜きをする間放置しなくてはいけません。そのため、風通しの良い屋外で人通りの少ない場所を選びます。『引火危険』などの表示をして、知らない人が火を利用しないように注意してください。

 

金属製ガスライターのガス抜きに必要な道具:細めのドライバー

  1. ガス注入口に細めのドライバーを差し込む
  2. シューと、ガスが漏れる音がしたら放置
  3. ガスが漏れる音がしなくなったら、火がつくかどうか2〜3回確認する

ライター用のガスボンベもノズルを下に向けて、ガス抜きしてから処分してください。

自治体によって異なるチャッカマンの捨て方

自治体のチャッカマンの捨て方
 
チャッカマンを処分するのは何ごみの日なのか知ってますか?間違った日に捨てて、他のごみと混ぜてしまうと危険です。

可燃ごみまたは不燃ごみで捨てる

チャッカマンといった使い捨てライターの分別は、自治体によってゴミの種類が異なります。基本的にはガス抜きは義務付けられていますが、ゴミの種類は自治体によって可燃ごみまたは不燃ごみです。

 

まれに千葉市のように『有害ごみ』というカテゴリーに入れている自治体もあるので市役所のページで確認しましょう。

参考:千葉市『有害ごみ』

地域ごとに捨て方が決められているケースもある

チャッカマンのような処分の仕方で事故の原因になるものは、自治体で処分方法がきちんと決まっているので確認が必要です。

 

例えば神戸市では中身を使い切ったあとで水に浸して、まとめて捨てずに1〜2本ずつ捨てると指示されています。

参考:神戸市『家庭ごみの出し方』

チャッカマンを捨てる時の注意点

チャッカマンを捨てる時の注意点
 
チャッカマンの捨て方は自治体によって異なりますが、どの自治体でも捨てる前にチャッカマンのガス抜きをすることが義務付けられています。

 

ここではチャッカマンのガス抜きをする際に気をつけたい点を解説するので参考にしてください。危険を伴うので注意点を必ず守っておこないましょう。

多量のガスを吸い込まないように気をつける

チャッカマンや使い捨てライターから出るガスを吸い込むと酸素欠乏や窒息の危険があります。ガス抜きの作業をする時は、ガスを吸い込まないように注意しましょう。

 

ご自分だけではなく、他の人が吸い込むことのないように周りに注意することも大切です。

子どもやペットがいない安全な場所で作業する

ガスは空気よりも重いため、地面に近い方に集中してしまいます。そのため背の低い子どもやペットは、大人よりもガスを吸い込む危険が高いので注意が必要です。

 

子どもやペットのいない場所で安全に作業するように気をつけましょう。

チャッカマンの捨て方kまとめ

今回はチャッカマンの正しい処分方法を解説しました。チャッカマンやライター類は正しい処分をしないととても危険です。

行政のサービスを利用して処分する場合は、必ずガス抜きをきちんとして処分しましょう。

 

引っ越しや大掃除でチャッカマン以外にも不用品がたくさんある場合はKADODEにご相談ください!チャッカマン以外にも行政では処分できない冷蔵庫などの家電リサイクル法対象のものや家具類などなんでも回収いたします。

KADODE相談係
KADODE相談係
KADODEでは24時間年中無休でお電話を受け付けています。お気軽にご相談ください。
EXAMPLE

不用品回収例

単品からOK!

など、様々な不用品処分
ご活用いただけます。

下記のような場面でお役立てください! 下記のような場面でお役立てください!
AREA

対応エリア

areaページ地図

四国地方

0120-966-926
簡単LINE見積もりはこちら 無料見積もりフォームはこちら
0120-966-926
無料見積もりフォームはこちら 簡単LINE見積もりはこちら
↑