不用品・粗大ゴミ回収なら24時間365日受付のKADODE!

KADODE 24時間365日受付中!0120-966-926
DISPOSAL ITEMS

冷蔵庫の正しい処分方法7選!費用の安い捨て方をチェック!

冷蔵庫の正しい処分方法

お客様1
お客様1
冷蔵庫ってどうやって処分すればいいの?できるだけ安く処分したい!
お客様
お客様
冷蔵庫は粗大ごみで捨てちゃいけないの?

大型で、処分する機会が少ない冷蔵庫。いざ処分するとなっても、どのようにしたらいいのか分からないですよね。冷蔵庫は、家電リサイクル法の対象となる製品です。したがって、法令で定められた手段で処分しなくてはなりません。

 

この記事では、冷蔵庫の処分方法と処分する際の注意点、お得な処分方法までやさしく解説します。うっかり不法投棄を犯してしまわないよう冷蔵庫はくれぐれも正しい方法で処分しましょう。この記事を読んで、あなたにぴったりの処分方法を見つけて賢く冷蔵庫を処分しましょう。
 

    冷蔵庫の処分方法をざっくり要約

  • 冷蔵庫は家電リサイクル法により、粗大ごみで処分できない
  • ヤマダ電機やケーズデンキなど家電量販店で冷蔵庫の引き取り・下取りサービスを行なっている
  • 冷蔵庫の処分費用は捨て方によって異なる
  • 総合的にみて、最もおすすめなのは不用品回収業者
  • 不用品回収業者なら即日回収・高価買取のKADODEにお任せください!

0120-966-926
簡単LINE見積もりはこちら 無料見積もりフォームはこちら
0120-966-926
無料見積もりフォームはこちら 簡単LINE見積もりはこちら

 

冷蔵庫も対象!家電リサイクル法って?

家電リサイクル法対象製品

 

2001年頃より制定された「家電リサイクル法」により、冷蔵庫を通常の粗大ゴミとして処分できなくなりました。家電リサイクル法について簡単に説明すると「リサイクルできるものはリサイクルして廃棄物を減らそう」という法律です。

 

出典: METI/経済産業省

 

家電リサイクル法(特定家庭用機器再商品化法)は、一般家庭や事務所から排出されたエアコンやテレビ(ブラウン管、液晶・プラズマ)、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機といった家電製品から、有用な部品や材料をリサイクルして廃棄物を減らすとともに、資源の有効利用を推進するための法律です。

家電リサイクル法の対象製品は、適切な方法で処分しないと違法になってしまいます。

 

家電リサイクル法の対象製品は以下の通りです。

  • 冷蔵庫・冷凍庫
  • エアコン
  • テレビ(ブラウン管、液晶・プラズマ)
  • 洗濯機・衣類乾燥機

 

冷蔵庫の基本的な処分料金はリサイクル料金+運搬料金

冷蔵庫のような家電リサイクル法の対象製品は、処分する際にリサイクル料金」と「収集運搬料金」がかかるのが一般的です。

 

リサイクル料金はメーカーや製品ごとに定められており、家電製品協会 家電リサイクル券センターから詳しく確認できます。

 

また、収集・運搬料金は小売業者ごとに異なります。国内大手メーカーを例に、リサイクル料金の目安を確認しておきましょう。
 

冷蔵庫の種類 リサイクル料金 運搬料 合計金額
170L以下の冷蔵庫 約3,700円 約3,200円 約7,000円
171L以上の冷蔵庫 約4,600円 約3,200円 約7,900円

 
参考:家電リサイクル料金表
一般的な方法では上記の料金がかかってきますが、これからご紹介する処分方法の中にはリサイクル料や運搬料がかからない手段もあります。状況に応じて賢く選択しましょう。

冷蔵庫を正しく処分する7つの方法

冷蔵庫の処分方法

 

不要になった冷蔵庫を正しく処分する具体的な方法を、7つご紹介していきます。

  1. 新しい冷蔵庫の購入店舗に処分を依頼
  2. 処分する冷蔵庫の購入店舗に依頼
  3. 自治体が指定する回収業者を利用
  4. 指定引取所に直接持ち込む
  5. リサイクルショップで売却
  6. ネットオークション・フリマアプリで売却
  7. 不用品回収業者に依頼する

 

それぞれ、詳しく確認していきましょう。

新しい冷蔵庫の購入店舗に処分を依頼する

新しい冷蔵庫の購入店舗に処分を依頼する
 
新しく冷蔵庫を購入する家電量販店などの小売店に、古い冷蔵庫をリサイクルしてもらう方法です。処分の手順は以下の通りです。

  1. 新しく冷蔵庫を購入する家電小売店に古い冷蔵庫の処分を依頼
  2. 家電小売店で家電リサイクル券を発行してもらう
  3. 家電小売店に依頼された業者が自宅まで訪れ冷蔵庫を回収

 

この処分方法は「リサイクル料金+収集運搬料」がかかります。主な家電量販店と費用は以下の表を参考にしましょう。

家電量販店 リサイクル料金 運搬料
ヤマダ電機 170L以下:3,740円〜
171L以上:4,730〜6,149円
1,650円
ケーズデンキ 170L以下:3,740円〜
171L以上:4,730円〜
1,650円
ビックカメラ 170L以下:3,740〜5,060円
171L以上:4,730〜5,060円
1,650円
エディオン 170L以下:3,740円〜
171L以上:4,730円〜
1,100〜1,650円
ヨドバシカメラ 170L以下:3,740円〜
171L以上:4,730円〜
550円
ノジマ 170L以下:5,390円〜
171L以上:6,380円〜

 
冷蔵庫の買い替え時に依頼すれば、処分の手間はかかりませんが費用は別途かかるので気をつけましょう。

処分する冷蔵庫の購入店舗に依頼する

処分することになった冷蔵庫を購入した店舗で、リサイクルしてもらう方法です。処分の流れは「新しい冷蔵庫の購入店舗に処分を依頼する」とほぼ同じです。

  1. 処分する冷蔵庫を購入した家電小売店に処分を依頼
  2. その家電小売店で家電リサイクル券の発行をしてもらう
  3. 家電小売店に依頼された業者が自宅まで訪れ冷蔵庫を回収

 

この処分方法も「リサイクル料金+収集運搬料」がかかります。楽天等のネット通販で冷蔵庫を購入した方も、回収処分を依頼することができます。

自治体が指定する回収業者を利用する

お住まいの自治体が設けている「家電リサイクル受付センター」に連絡し、案内される業者に冷蔵庫のリサイクルを依頼する方法です。一般的な処分の流れは以下の通りです。

  1. 郵便局で家電リサイクル券を購入・必要事項を記入
  2. 自治体が指定する業者に連絡して回収依頼
  3. 自治体が指定する業者が冷蔵庫の回収に訪れる

 

この場合も「リサイクル料金+収集運搬料」が必要です。それに加え、リサイクル券を購入するために事前に郵便局に行く手間がかかります。問い合わせてから処分までに時間がかかることも多いので、日程に余裕を持って利用するのが安全です。

指定引取所に直接持込む

自治体が指定するリサイクル家電の収集所に冷蔵庫を自力で持ち込む方法です。指定引取所の所在地は、家電リサイクル券センターの「指定引取所検索」で確認できます。

 

処分の流れは以下の通りです。

  1. 郵便局で家電リサイクル券を購入・必要事項を記入
  2. 指定引取所へ連絡して持ち込む日時を確認
  3. 指定引取所まで冷蔵庫を搬入

 

この方法は指定引取所まで冷蔵庫を自力で運ぶため、収集運搬料は発生しません。冷蔵庫の「リサイクル料金」のみかかりますので、これまでの方法に比べると若干お得に感じられます。

 

しかし、「現地まで冷蔵庫を運ぶ必要がある」というデメリットの大きさには注意が必要です。冷蔵庫は通常サイズでもかなり大きく、ほとんどの乗用車では積み込むことができないため、運搬用の車両を用意する必要があるでしょう。

 

また、冷蔵庫の重量を考えると車両に積み込むのも骨が折れるため、腕力に自信のある方以外は、二人以上で運ぶのが無難です。

リサイクルショップで売却する

リサイクルショップで査定・買い取りをしてもらう方法もあります。

  1. リサイクルショップに買い取りを依頼
  2. 電話・ネット・出張査定
  3. 持ち込みか出張で買い取ってもらう

 

状態が良ければ買い取りとなり、買取金額を現金で受け取れるか、回収料金と相殺してくれます。その場合、リサイクル料金・収集運搬料はかからない、もしくは割安に抑えることができます。

 

しかし、買取が厳しいと判断された場合は通常のリサイクル扱いとなり、リサイクル料金・収集運搬料が発生します。お得な方法ですが、買い取りの条件がシビアな場合が多く注意が必要です。
 
壊れている冷蔵庫は買い取ってもらえないので、他の方法を選択しましょう。

買取可能な冷蔵庫や買取相場は?

冷蔵庫は8年から10年ほどの耐用年数とされており、製造から10年以上経過しているものは買い取ってもらえない可能性が高いです。しかし、10年未満でも使用感によっては買い取ってもらえない場合があります。
 
そのため、メーカー・年式・型番・状態を事前に伝えて買い取りが可能か確認するのが確実です。冷蔵庫の買取相場は以下のボックスを参考にしましょう。
 

    冷蔵庫の買取相場

  • 製造年式1年前:18,000〜48,000円
  • 製造年式2年前:13,000〜33,000円
  • 製造年式3年前:3,000〜23,000円
  • 製造年式4年前:3,000〜13,000円
  • 製造年式5年前:0〜8,000円

ネットオークションやフリマアプリで売却する

最近利用者が急増しているネットオークションやフリマアプリを使って冷蔵庫を処分する方法もあります。

  1. 出品方法をしっかりと確認する
  2. 処分する冷蔵庫を撮影し、状態・発送方法の説明文を入力して出品する
  3. 出品した冷蔵庫が購入されたら発送する

 

この方法もリサイクル料金・収集運搬料はかからず、金額的に見ればお得に処分できます。しかし、出品・発送などの作業を全て自力で行なう必要がある点に注意が必要です。普段フリマアプリなどのサービスを頻繁に利用する人にとっても、大型の冷蔵庫の発送は苦労するでしょう。

 

冷蔵庫の状態や価格設定によっては売れるまで時間がかかったり、いつまでも売れ残ったりする可能性があることも念頭におく必要があります。

不用品回収業者を利用する

民間の不用品回収業者に依頼する方法です。利用する際の手順は以下の通りです。

  1. 不用品回収業者に連絡して回収、または買取を依頼する
  2. 不用品回収業者が自宅まで冷蔵庫を回収しに来てくれる

 

電話やネットで連絡するだけなので、ここまでご紹介してきた中で最も簡単に冷蔵庫を処分できる方法と言えるでしょう。

 

冷蔵庫を不用品として回収してもらう場合には回収料金がかかりますが、リサイクル料金・収集運搬料はかかりません。また、業者によっては買い取りサービスを行っており、状態に応じて買い取り金額を回収料金から割引・相殺してもらうことも可能です。

 

リサイクル券などを事前に購入する手間もなく、電話やネットなど様々な方法で簡単に見積もりを依頼できるため、小回りの効く方法と言えます。壊れている冷蔵庫や、製造年数的に買い取りが見込めない冷蔵庫でも確実かつ楽に処分できるというメリットがあります。

 

以下のような方には、不用品回収業者が最も適しているといえるでしょう。

  • なるべく安く、手軽に済ませたい
  • 時間がない
  • 持ち込みができない
  • 冷蔵庫以外にも処分したいものがある

 

悪徳な不用品回収業者に要注意!

冷蔵庫の処分は回収業者選びに注意
 
手軽に冷蔵庫を処分できる不用品回収業者ですが、中には「手軽に不用品を処分したい」というニーズを狙った悪徳業者も存在するので注意が必要です。

 

街中で、スピーカーで宣伝しながら不用品を回収しているトラックで見かけた経験のある方は多いのではないでしょうか?こうした不用品回収業者の多くが無許可で回収を行っており、トラックに乗せたタイミングで法外な料金を請求されるといったトラブルの原因となっています。

 

料金等に問題がなくても、回収した冷蔵庫を不法投棄されてしまったりする場合もあり、間接的とはいえ違法な処分方法に関与してしまう危険性もあります。こうした悪徳な不用品回収業者を利用しないためには、以下の点に注意するのがおすすめです。

 

  • 無料回収を謳うトラックの不用品回収は利用しない
  • 業者のホームページ・会社概要を確認する
  • ネットで口コミや評判を確認する
  • 複数の業者に見積もりを依頼して料金を比較する

 
参考:環境省

冷蔵庫の処分費用はいくら?知っておくべき相場をチェック!

冷蔵庫の処分費用はいくら?知っておくべき相場をチェック
 
冷蔵庫を捨てるときになるべくお金をかけたくないという方もいますよね。そこで、上記で紹介した冷蔵庫の捨て方ごとに処分費用をまとめました。
 
冷蔵庫の大きさ、メーカー、依頼する業者によって料金に差があるので参考程度に確認してみましょう。

  • 5,490円〜(リサイクル料金+収集運搬料金):新しく冷蔵庫を購入するお店で回収してもらう場合
  • 5,490円〜(リサイクル料金+収集運搬料金):冷蔵庫を購入したお店で回収してもらう場合
  • 5,490円〜(リサイクル料金+収集運搬料金):自治体で指定されている回収業者を利用する場合
  • 3,740円〜(リサイクル料金のみ):指定引取所に持ち込む場合
  • 無料:リサイクルショップで売却する場合
  • 商品代金の8〜10%(手数料のみ):ネットオークション・フリマアプリを利用する場合
  • 5,000円〜(サービス利用料のみ):不用品回収業者に依頼する場合

冷蔵庫の処分なら不用品回収のKADODEにお任せ

冷蔵庫を簡単、かつお得に処分したいならKADODEがおすすめ。電話・ネット・LINEからご連絡いただくだけで、冷蔵庫を最短当日で回収させていただきます。

 

KADODEでは、ご不要になった冷蔵庫の高価買取も実施中。冷蔵庫を家電リサイクル法に準拠した形で、お得かつお手軽に処分したい方はぜひお気軽にお問い合わせください!

 

家電リサイクル法対象製品も追加料金なしで処分できる、お得な定額プランも設けています。冷蔵庫以外の不用品もひとまとめに処分できるため、大掃除やお引っ越しをされるお客様を中心にご好評いただいています。ぜひこちらからチェックしてみてくださいね。

 

>>> KADODE の不用品回収プランをチェック! <<<

0120-966-926
簡単LINE見積もりはこちら 無料見積もりフォームはこちら
0120-966-926
無料見積もりフォームはこちら 簡単LINE見積もりはこちら

 

冷蔵庫の処分に関するよくある質問

不用品回収業者に依頼する場合、事前に取り外しは必要?
お客様
お客様

kadode
kadode
大掛かりな作業でなければ基本的に撤去も含めて実施しますが、事業者によって対応範囲が異なる場合があります。
ご不安な場合は問い合わせて確認するのがおすすめです。
もちろん、KADODEであれば迅速丁寧に対応させていただきます!

また冷蔵庫以外にご家庭で不要になった家電の詳しい処分方法を知りたいという方はこちらの、洗濯機を処分するの記事もあわせてご覧ください。
 

冷蔵庫の処分・回収事例

冷蔵庫の処分・回収事例

佐賀県の冷蔵庫回収事例

佐賀県鳥栖市周辺不用品回収前画像佐賀県鳥栖市周辺不用品回収後画像

スタッフからのコメント

あまり使っていないものや古くなって買い替える電化製品などの回収をさせていただきました。当初のお見積りより数点回収物が増えましたが、初めにお伝えさせていただいた作業時間内に完了することができました。

主な回収品目
冷蔵庫、座椅子、こたつ、電子レンジ、ビデオデッキ、ゴルフセットなど
作業時間
25分
ご利用エリア
佐賀県鳥栖市周辺

千葉県の冷蔵庫回収事例

千葉県千葉市中央区不用品回収前画像千葉県千葉市中央区不用品回収後画像

スタッフからのコメント

引越し先でもっと容量の大きい家電に買い替えるとこのことで、家電の回収のご依頼をいただきました。搬出はスムーズに進み、引越しの荷物が減ってよかったとのお言葉をいただけました。

主な回収品目
洗濯機、冷蔵庫、電子レンジ
作業時間
15分
ご利用エリア
千葉県千葉市中央区
EXAMPLE

不用品回収例

単品からOK!

など、様々な不用品処分
ご活用いただけます。

下記のような場面でお役立てください! 下記のような場面でお役立てください!
0120-966-926
簡単LINE見積もりはこちら 無料見積もりフォームはこちら
0120-966-926
無料見積もりフォームはこちら 簡単LINE見積もりはこちら
↑