不用品・粗大ゴミ回収なら24時間365日受付のKADODE!

KADODE 24時間365日受付中!0120-966-926
DISPOSAL ITEMS

シュレッダーのお得な処分方法!業務用・家庭用の捨て方と費用をご紹介!

シュレッダーの処分方法
 

お客様
お客様
壊れたシュレッダーを処分するにはどうすればいい?
お客様
お客様
業務用シュレッダーを簡単に処分する方法は?

上記のようにお困りの方はいませんか。確かにシュレッダーの大きさによって、ゴミの分別や費用が異なるので困りますよね。シュレッダーは様々な種類があり、どのように処分すれば良いかわからないという方はたくさんいらっしゃいます。
 
そこで、今回はシュレッダーの処分方法3選や処分費用を解説します。この記事を読めば、誰でも賢くシュレッダーを処分できるでしょう!
 

今すぐシュレッダーを処分する

 

0120-966-926
簡単LINE見積もりはこちら 無料見積もりフォームはこちら
0120-966-926
無料見積もりフォームはこちら 簡単LINE見積もりはこちら


 

シュレッダーを処分する前に知っておくべきポイント2選

シュレッダーの処分方法
 
シュレッダーの中には家庭用や業務用があり、小型のシュレッダーは比較的安く処分できます。
まずは、シュレッダーを処分する前に知っておくべきポイント2選をご紹介します。
 
「シュレッダー処分のポイント2選」

  1. 小さめの電動シュレッダーは小型家電回収ボックスで処分可能
  2. 手動シュレッダーは、不燃ゴミとして処分できる

 

小さめの電動シュレッダーは小型家電回収ボックスで処分可能

電動シュレッダーの場合、小型家電回収ボックスに投入して処分することができます。

小型家電回収ボックスは使用済みの家電を回収するためのもので、地域の施設や家電量販店に設置されています。
 
30cm未満のシュレッダーであれば、投函可能です。

ただし、電動シュレッダーでも大型の業務用シュレッダー等は処分することができません。
 
「粗大ゴミの出し方」

  1. 粗大ゴミ受付センターに電話またはインターネットから申し込む
  2. コンビニや郵便局等の取り扱い場所で粗大ゴミ回収処理券を購入する
  3. 粗大ゴミ回収券を貼り、指定場所まで運び出す

 

手動シュレッダーは、不燃ゴミとして処分できる

手動シュレッダーは自治体の不燃ゴミに出して、処分することができます。一番長い辺が30cm以上のシュレッダーは、粗大ゴミに分別されます。ただし、自治体ごとにゴミを処分する時のルールが異なるので、必ず確認しておきましょう。
 
ちなみにシュレッダーした紙は、再利用できない紙が含まれていても見分けることができないため資源ゴミに出すことは推奨されていません。
ですから紙を処分する場合は、可燃ゴミに出しましょう。
 

【プロ直伝!】業務用シュレッダーの処分方法3選

シュレッダーの処分方法
 
業務用シュレッダーは、事業活動に伴い排出されるゴミなので、自治体で処分することができません。そこで、業務用シュレッダーの処分方法3選をご説明します。
 
「業務用シュレッダーの処分方法3選」

  1. フリマアプリ・オークションサイトに出品する
  2. リサイクルショップで売却する
  3. 不用品回収業者に依頼して処分する

 

フリマアプリ・オークションサイトにシュレッダーを出品する

フリマアプリ・オークションサイトに出品するのは、業務用シュレッダーを処分する方法の1つです。

買い手がいれば、処分費用をかけずに業務用シュレッダーを手放すことができます。
 
ただし、出品から配送の手続きを全てご自身で行わなければならず、手間がかかります。中古品で需要があるのは、明光商会やコクヨといった人気メーカーのシュレッダーで、他のメーカーのシュレッダーは耐久性や安全性の観点から売却できる可能性が低いです。
 
「フリマアプリ・オークションサイトの利用の流れ」

  1. アカウントを登録する
  2. シュレッダーの写真、商品説明、販売価格、配送方法を記入する
  3. 購入者が現れたら、配送する

 

リサイクルショップでシュレッダーを売却する

業務用シュレッダーはリサイクルショップで売却し、処分することも可能です。

シュレッダーをリサイクルショップに持ち運ぶのは負担が大きいので、出張買取を利用するのがおすすめです。
 
ただし、業者によっては買取不可でも出張費がかかる場合があるので、あらかじめ費用をチェックしておきましょう。出張費や引き取り費用がかかりますが、売却できれば実質無料で処分することができます。
 
「リサイクルショップで売却するときの流れ」

  1. 電話または問い合わせフォームから出張買取を申し込む
  2. シュレッダーの査定をしてもらう
  3. 現金を受け取り、シュレッダーを引き取ってもらう

 

不用品回収業者に依頼してシュレッダーを処分する

不用品回収業者に依頼すれば、自治体で回収を行なっていない業務用シュレッダーも引き取ってもらえます。業者に依頼すれば、ご自分で運び出す必要がないため、簡単に処分することが可能です。
 
業務用シュレッダー以外の不用品もまとめて回収してもらうことができます。都合の良い日時に指定して、回収を依頼できるので、業務に支障をきたすこともありません。

処分するのに費用がかかりますが、買取査定を行なっている業者もあるので、使用できる状態のシュレッダーであれば相談してみましょう。
 
「不用品回収業者を利用するときの流れ」

  1. 電話または問い合わせフォームから申し込む
  2. 見積もりを依頼する
  3. シュレッダーを回収してもらう
  4. 料金を支払う

 

シュレッダーを処分するのにかかる費用相場

シュレッダーの処分方法
 
シュレッダーの処分方法をご紹介しました。

次に、シュレッダーを処分するのにかかる費用相場を解説します。
 

手段 処分費用
粗大ゴミに出す 500円〜1,200円
小型家電リサイクル回収ボックスに投入 無料
リサイクルショップで売却する 10,000円ほど
(出張費・引き取り費用)
オークションサイト・フリマアプリに出品する 配送費のみ
不用品回収業者に依頼する 10,000円ほど

シュレッダーと同時に粗大ゴミも処分するならKADODEにお任せ

シュレッダーやその他の粗大ゴミをまとめて処分したいという方はKADODEにお任せください。KADODEは全国1都20県でサービスを展開している不用品回収業者です。
 
お客様のご都合に合わせて回収に伺いますので、土日祝日・早朝や深夜の時間帯でもご対応いたします。KADODEは、定額パックプランをご提供しております。
 
他社では別途料金となる出張費用やスタッフ追加料金が含まれたお得なプランなので、シュレッダー以外の不用品もまとめて回収いたします。自治体で回収の行なっていない産業系廃棄物もお引き取りいたします。
 
ご利用いただいたお客様より、「作業が早くて助かった」「スタッフに柔軟に対応してもらえたからよかった」とのお言葉をいただいております。お見積もりは無料で行いますので、不用品回収にお困りの方はKADODEまでご連絡ください。
 

>>> KADODEの不用品回収プランをチェック! <<<

0120-966-926
簡単LINE見積もりはこちら 無料見積もりフォームはこちら
0120-966-926
無料見積もりフォームはこちら 簡単LINE見積もりはこちら

 

シュレッダーの処分に関するよくある質問

シュレッダー1品だけでも回収を依頼できますか?
お客様
お客様
KADODE
KADODE
KADODEでは少量から大量の不用品までご依頼を承っております。最適なプランをご提案いたしますので、お気軽にご連絡ください。

またシュレッダー以外にご家庭で不要になった家電の詳しい処分方法を知りたいという方はこちらの、コーヒーメーカーを処分するの記事もあわせてご覧ください。
 

シュレッダーの回収事例

シュレッダーの回収事例

東京都の回収事例

シュレッダー回収前
シュレッダー回収後

スタッフからのコメント

シュレッダーと一緒に他の不用品も回収してほしいとのことで、ご依頼をいただきました。KADODEは24時間365日ご依頼を受け付けております。土日祝日や、深夜の時間帯も作業可能ですので、不用品の処分にお困りの際は当社にお任せください。

主な回収品目
シュレッダー、マットレス
作業時間
35分
ご利用エリア
東京都三鷹市

大阪府の回収事例

シュレッダー回収前の画像
シュレッダー回収後の画像

スタッフからのコメント

シュレッダーや不用品を早急に処分したいとのことで、ご連絡いただきました。粗大ゴミとして処分する場合、回収日が決まっており、収集日まで保管しておかなければなりません。KADODEをご利用いただければ、最短即日でシュレッダーを処分することができます。

主な回収品目
シュレッダー、冷蔵庫など
作業時間
25分
ご利用エリア
大阪府堺市

まとめ

今回は、シュレッダーの処分方法や処分にかかる費用をご紹介しました。
 
シュレッダーは業務用と家庭用に分けられ、大きさによって費用が大きく異なります。不用品回収業者に依頼すれば、最短即日でシュレッダーを全て処分できます。
 

  • 費用をかけずにシュレッダーを処分したい人:リサイクルショップで売却する
  • 時間をかけてもお得に処分したい人:オークションサイト・フリマアプリに出品する
  • 今すぐシュレッダーを処分したい人:不用品回収に依頼する

 
上記を参考に、ご自分の条件にあった処分方法を選びましょう。KADODEでは大量の不用品を回収することも可能です。お客様のご要望に沿って作業を進めてまいりますので、お気軽にお問い合わせください。

EXAMPLE

不用品回収例

単品からOK!

など、様々な不用品処分
ご活用いただけます。

下記のような場面でお役立てください! 下記のような場面でお役立てください!
AREA

対応エリア

areaページ地図

四国地方

0120-966-926
簡単LINE見積もりはこちら 無料見積もりフォームはこちら
0120-966-926
無料見積もりフォームはこちら 簡単LINE見積もりはこちら
↑