不用品・粗大ゴミ回収なら24時間365日受付のKADODE!

KADODE 24時間365日受付中!0120-966-926
DISPOSAL ITEMS

洗濯機を処分する方法7選!無料で捨てる方法まで徹底解説!

洗濯機の不用品回収

お客様
お客様
洗濯機をできるだけ安く処分したい。
お客様
お客様
洗濯機は粗大ごみで出せないって聞いたけどどうすればいいの?

洗濯機は自治体の粗大ごみ回収では処分できないのをご存知ですか?なぜなら洗濯機は家電リサイクル法の対象製品だからです。

 

家電リサイクル法の対象製品は、普通の粗大ごみと処分する方法も費用も変わってきます。捨てるものにできるだけお金をかけたくないのが人の心情というもの。できるだけ簡単に、そしてお得に処分したいですよね。

 

この記事では、様々な洗濯機の処分方法とその注意点、処分する手間やお得に処分する方法まで、できるだけ分かりやすくご紹介します。この記事を読めば、あなたに合った手間なくお得に処分できる方法が必ず見つかりますので、かしこく洗濯機を処分しましょう。

 

    この記事でわかること

  • 洗濯機は家電リサイクル法の対象品目だから自治体で処分できない
  • 回収費用にはリサイクル料金と収集運搬料金がかかる
  • 処分方法として販売店、リサイクルショップ、指定引取所、フリマアプリがあげられる
  • 洗濯機を処分する手段は時間、手間、費用で選ぶべき
  • 総合的に最もおすすめなのは不用品回収業者への依頼

0120-966-926
簡単LINE見積もりはこちら 無料見積もりフォームはこちら
0120-966-926
無料見積もりフォームはこちら 簡単LINE見積もりはこちら

 

洗濯機は家電リサイクル法の対象製品

洗濯機は家電リサイクル法の対象製品

家電リサイクル法とは、家電製品に使われている部品や材料を再利用して廃棄物を減らすための法律です。

 

出典: METI/経済産業省

特定家庭用機器再商品化法(家電リサイクル法)は、一般家庭または事務所から排出された、エアコン、テレビ(ブラウン管・液晶・プラズマ)、洗濯機・衣類乾燥機、冷蔵庫・冷凍庫などの家電製品から、有用な部品・材料をリサイクルし、廃棄物を減らすとともに、資源の有効利用を推進するための法律です。

 

法律で定められていますので、対象製品を適切な方法で処分しないと違法になってしまいます。

 

家電リサイクル法の対象製品以下の4種類です。

  • エアコン
  • テレビ(ブラウン管・液晶・プラズマ)
  • 冷蔵庫・冷凍庫
  • 洗濯機・衣類乾燥機

 

洗濯機はこの対象製品に含まれていますので、自治体の粗大ごみ回収では処分できないのです。そのため、これからご紹介する方法で処分しなければなりません。

参考:https://www.rkc.aeha.or.jp/

洗濯機の基本的な処分料金は「リサイクル料金と収集運搬料金」

洗濯機を含めた家電リサイクル法の対象製品は、「リサイクル料金」と「収集運搬料」を支払って処分するのが一般的です。リサイクル料金は各メーカーや製品ごとに決められており、収集運搬料は小売業者によって変わります。

 

一般的な洗濯機のリサイクル料金と収集運搬料は以下の通りです。

リサイクル料金 収集運搬料 合計金額
2,530円 3,157円 5,687円

 

洗濯機の各メーカーの詳しい料金や、その他の家電リサイクル法の対象製品の金額を知りたい方は下記のサイトを参考にされて下さい。

一般財団法人 家電製品協会 家電リサイクル券センター

 

上記は一般的な処分方法の料金ですが、今回ご紹介する処分方法ではリサイクル料金や収集運搬料がかからない場合もあります。

その中からあなたの状況に合った方法を選択しましょう。

洗濯機の正しい処分方法は7種類

洗濯機の正しい処分方法

実は洗濯機の処分方法は一つではありません。当サイトがご紹介する洗濯機の処分方法は以下の7つです。

 

どの方法にもメリット・デメリットがありますので、それぞれの方法を分かりやすくご紹介していきます。

処分方法 費用 手間
家電量販店で処分 約4,000円〜5,000円
購入した店舗で処分 約4,000円〜5,000円
自治体の回収業者に依頼して処分 約3,000円
指定引取所に持ち込み処分 約3,000円 ×
リサイクルショップ 無料
フリマアプリ 約5,000円(手数料・送料)
不用品回収業者 約5,000円〜

新しい洗濯機を購入する店舗に処分してもらう

洗濯機を買い替える際に、購入する店舗に依頼して不要な洗濯機を回収してもらう方法です。メリットとしては新しい洗濯機を配達してもらう際に、不要な洗濯機を回収してもらえるため、手間がかからないという点でしょう。

 

しかし、無料で洗濯機を引き取ってもらえるわけではなく、「リサイクル料金と収集運搬料」がかかってしまいます。

リサイクル料金は2,530円から3,300円。

主な家電量販店の収集運搬料は以下の通りです。

店舗名 収取運搬料
ヨドバシカメラ 550円
ビックカメラ 1,650円
ケーズデンキ 1,430円
ヤマダ電機 1,650円

 

上記以外の店舗の場合は問い合わせるか、洗濯機を購入する際に収集運搬料を確認しましょう。処分する手間はかかりませんが、料金的にはあまりお得な方法とは言えませんね。

洗濯機を購入した店舗で処分してもらう

不要な洗濯機を購入した店舗で引き取ってもらう方法です。前項の「新しい洗濯機を購入する店舗に処分してもらう」方法と流れはほぼ一緒で、購入した店舗に依頼して、その店舗に依頼された業者が自宅に洗濯機を回収しに来てくれます。

 

この方法でも同じように「リサイクル料金と収集運搬料」がかかります。そのため、メリットとしては手間があまりかからない点でしょう。

自治体が指定する回収業者に依頼する

お住まいの地域の自治体が指定する回収業者に依頼する方法です。主な処分までの流れは以下の通りです。

  1. お住まいの地域の自治体に洗濯機の処分方法を問い合わせる
  2. 郵便局で必要事項を記入して家電リサイクル券を購入
  3. 自治体が指定する回収業者が自宅に回収に来てくれる

 

この場合も「リサイクル料金と収集運搬料」がかかります。運搬収集料は自治体によって変わりますし、回収方法なども異なりますので、詳しくは以下のサイトでお住まいの地域を検索して確認してみましょう。

お住まいの地域から検索する

 

自治体の指定業者によっては屋内からの運び出しは行わず、玄関前からの回収しかしてくれないこともありますので、その場合は家の外まで洗濯機をご自身で搬出しなければならないので注意が必要です。

 

また、その場合は洗濯機の取り外しもご自身で行わなければなりません。取り外しの方法は以下のサイトを参考にされてください。

洗濯機の取り外し方と取り付け方から処分方法までを徹底解説

指定引取所に直接持ち込んで処分してもらう

自治体が指定する最寄りのリサイクル家電の収集所に、ご自身で直接洗濯機を持ち込む方法です。この場合だとリサイクル料金はかかりますが、収集運搬料はかかりません。

  1. 郵便局で必要事項を記入して家電リサイクル券を購入
  2. 指定引取所に問い合わせて持ち込める日時などを確認
  3. 指定引取所に洗濯機を持ち込む

 

お住まいの地域の指定引取所が分からない場合は以下のサイトから検索できます。

指定引取所検索

 

メリットは収集運搬料がかからない点ですが、ご自身で洗濯機を運搬するのはなかなか大変な作業となるでしょう。一般的な乗用車に洗濯機を積み込むのは難しいため、トラックなどを借りる必要もあるかもしれません。

リサイクルショップに買い取ってもらう

リサイクルショップに洗濯機を買い取ってもらう方法です。買い取りなので、リサイクル料金や収集運搬料はかからず、逆にお金が手に入るのがメリットでしょう。

 

洗濯機をリサイクルショップに持ち込むか、出張買取を行っている店舗であれば自宅まで出張してもらい、査定をしてもらうことで洗濯機を売却できます。ただし、洗濯機が壊れていたり、状態が悪い場合は買取をしてもらえない可能性が高いので注意が必要です。製造から10年以上経過してしまっている洗濯機の買取は厳しいでしょう。

 

もし買取してもらえなかった場合は、これ以外の方法で処分しなければなりません。この方法を選択する場合は、まずリサイクルショップに問い合わせて、洗濯機のメーカーや型番、状態などを伝えて買取可能か確認してみたほうがいいでしょう。

ヤフオク!やメルカリなどで売却する

こちらもリサイクルショップに買い取ってもらうのと同様に、リサイクル料金・収集運搬料がかからず、お金が手に入るのがメリットです。

 

しかし、メーカー・年式・状態によっては買い手が付くまで時間がかかったり、最悪買い手が付かないという可能性もあります。その場合、いつまでたっても洗濯機を処分することができません。

 

また、出品するためには商品の説明文を考え、画像を用意する必要があるので、普段ヤフオク!やメリカリで出品したことない方にはかなり面倒な作業になるかと思います。さらに、出品に慣れている方であっても洗濯機を発送するのは大変ですので、あまりおすすめの方法とは言えません。

不用品回収業者に依頼して処分する

不用品回収業者を利用して洗濯機を処分する方法です。電話やネットから問い合わせるだけで自宅まで回収しに来てくれますので、今回ご紹介した中でも一番手間がかからない方法と言えるでしょう。

 

また、回収料金はかかりますが、リサイクル料金と収集運搬料はかかりません。業者にもよりますが、買取サービスを行っているところも多く、もし洗濯機が買取可能であればお得に処分することが可能です。リサイクルショップと違い、もし状態が悪くて買取不可だっとしても、回収料金を払えばそのまま引き取ってもらえるのも便利なところですね。

 

手間がかからず、洗濯機が壊れていたり状態が悪くても確実に処分できる点がメリットと言えるでしょう。特に、以下のような方にはおすすめの方法です。

  • できるだけ手間をかけたくない
  • 早く処分したい
  • 洗濯機以外にも回収してもらいたいものがある

洗濯機を処分する前に知っておくべき注意点

手間をかけずに洗濯機を処分できるのが不用品回収業者のメリットですが、なかには違法な悪徳業者も存在するので注意が必要です。

 

よくある事例として、街中をトラックで巡回しながらスピーカーで宣伝している業者があげられます。このような業者は無許可で不用品の回収を行っており、回収後に法外な料金を請求されたりなどのトラブルが多く、消費生活センターへ多くの相談が寄せられています。

 

悪徳業者を利用しないためには以下の点に注意しましょう。

  • スピーカーで無料回収と宣伝している業者は利用しない
  • ホームページがない、またはホームページに会社概要が記載されていない業者は利用しない
  • 口コミや評判をネットなどで確認する
  • 複数業者に見積もりを依頼して、料金を比較する

 

もしトラブルに巻き込まれてしまった場合は、消費者生活センターに相談しましょう。

全国の消費生活センター等

洗濯機を無料で処分する方法はある?

お客様
お客様
洗濯機を無料で処分できないかな。なるべく費用をかけずに、捨てる方法が知りたい…

 
洗濯機を無料で処分する方法をお探しの方はいませんか。結論から言うと、使用可能な洗濯機は無料で処分できる場合もありますが、壊れている洗濯機を無料で処分するのは難しいでしょう。
 
壊れた洗濯機を処分する際は、リサイクル料金と収集運搬料を支払わなければいけないので、5,000〜6,000円ほどの処分費がかかります。
 
まだ使用できる洗濯機であれば、先ほどお伝えした買取サービスやフリマアプリの利用がおすすめです。買取業者の中には、出張買取を行っているところもあります。
 
車をお持ちでない方やご自身で配送するのが面倒な方は出張買取を利用すると良いでしょう。

洗濯機の処分は不用品回収のKADODEにおまかせください

kadode
 
洗濯機を簡単に処分したいのであれば、プロの不用品回収業「KADODE」におまかせください!

即日対応OK、早ければご連絡から1時間でご自宅に急行します。

 

また、お客様のご都合に合わせた日時に伺うことも可能です。KADODEは24時間365日ご対応可能ですので、早朝・深夜・土日祝日でも関係ありません。お客様のご都合のよろしい日時をお申し付けください。

 

もちろん、買取サービスにも対応しておりますので、まだ使える洗濯機であればしっかりと査定をさせていただき、ご納得の料金で買取りをさせていただきます。

 

洗濯機以外にも処分したい家具・家電・その他のゴミもまとめて回収可能。不用品の数が多くても、すべてコミコミの定額パックがあるため安心してご利用いただけます。そのため、お引っ越しや大掃除で大量に処分品が出るような場合にも大変ご好評です。

 

KADODEは安さにも定評がありますので、まずはこちらで確認してみてください!

 

>>> KADODE の不用品回収プランをチェック! <<<

0120-966-926
簡単LINE見積もりはこちら 無料見積もりフォームはこちら
0120-966-926
無料見積もりフォームはこちら 簡単LINE見積もりはこちら

 

洗濯機の処分・回収事例

洗濯機の回収事例

埼玉県の洗濯機回収事例

埼玉県さいたま市岩槻区周辺不用品回収前画像埼玉県さいたま市岩槻区周辺不用品回収後画像

スタッフからのコメント

お引っ越しに伴い、新居に持って行かない不用品を回収させていただきました。量はそれなりにありましたが、定額パックをご案内させていただいたところ、「思っていたより費用が安かった」とお客様にお喜びいただけました。

主な回収品目
洗濯機、エアコン、ベッド、冷蔵庫、収納棚、ベッド、衣装ケース、スチールラック、ビデオデッキ、本、おもちゃなど
作業時間
35分
ご利用エリア
埼玉県さいたま市岩槻区周辺

和歌山県の洗濯機回収事例

和歌山県和歌山市周辺不用品回収前画像和歌山県和歌山市周辺不用品回収後画像

スタッフからのコメント

洗濯機とベッドを買い替えるので回収してほしいとご依頼を受けました。夜遅い時間でしたがすぐにご自宅に駆けつけ、ご近所のご迷惑にならないようできるだけ静かに回収作業をさせていただきました。

主な回収品目
洗濯機、ベッドなど
作業時間
15分
ご利用エリア
和歌山県和歌山市周辺

洗濯機の処分に関するよくある質問

回収しに来てもらう前に洗濯機を取り外ししておいたほうがいいですか?
お客様
お客様
KADODE
KADODE
洗濯機の取り外しは回収するときに弊社のスタッフが行いますので、お客様のお手を煩わせることはありません。
安心してお任せくださいませ。

 
洗濯機はどうやって処分すればいい?
お客様
お客様
KADODE
KADODE

洗濯機を処分する方法は主に7つあります。ご自分の都合にあわせて最適な方法を選択しましょう。
1,新しい洗濯機を購入する店舗に処分してもらう
2,洗濯機を購入した店舗で処分してもらう
3,自治体が指定する回収業者に依頼する
4,指定引取所に直接持ち込んで処分してもらう
5,リサイクルショップに買い取ってもらう
6,ヤフオク!やメルカリなどで売却する
7,不用品回収業者に依頼して処分する


 
洗濯機の処分にかかるリサイクル料金って?
お客様
お客様
KADODE
KADODE
リサイクル料金とは洗濯機のような大型家電を処分するときに支払わなければならない費用です。家電リサイクル法という法律によって定められています。洗濯機の処分にかかるリサイクル料金は2,530円〜3,300円です。

洗濯機の処分方法まとめ

洗濯機の処分方法を7つ、詳しくご紹介いたしました。

あなたにピッタリの方法は見つかりましたか?

 

どれも処分費用や手間のかかり方など、メリットとデメリットはあります。

しかし、洗濯機は決して軽いものではないので、無理にご自身で運ぼうとすると家の床や壁に傷を付けてしまったり、ご自身が怪我をしてしまうことがあるかもしれません。

 

そのため、できればご自身で運搬しないで済む方法がおすすめです。

さらに買い取りまでしてもらえるところであれば最高ですね。

 

その点KADODEであれば、お客様がまったく手を触れることもなく、素早く洗濯機を回収させていただくことが可能です。

洗濯機の処分で迷っている方は、ぜひ一度KADODEにご相談くださいませ。

この記事の編集者
kadode
KADODE編集部

KADODEは1都25府県で不用品回収サービスを展開。年間40,000件の実績があり、最短30分で作業可能。不用品回収サービス以外にも遺品整理、ゴミ屋敷清掃、買取も対応中。家具や家電、衣類など様々な物の処分方法を紹介している。

EXAMPLE

不用品回収例

単品からOK!

など、様々な不用品処分
ご活用いただけます。

下記のような場面でお役立てください! 下記のような場面でお役立てください!
AREA

対応エリア

areaページ地図

東北地方

0120-966-926
簡単LINE見積もりはこちら 無料見積もりフォームはこちら
0120-966-926
無料見積もりフォームはこちら 簡単LINE見積もりはこちら
↑

不用品のお悩みは解決しましたか?
今ならWEB割開催中!

KDDポップアップ

>>> 料金の詳細はこちら <<<

 

KDDポップアップ