不用品・粗大ゴミ回収なら24時間365日受付のKADODE!

KADODE 24時間365日受付中!0120-966-926
DISPOSAL ITEMS

ビーズクッションを処分する方法3選!お得な捨て方を不用品回収のプロが解説!

ビーズクッション

お客様
お客様
最近、ビーズクッションに座っても気持ちよくないの。そろそろ買い替えかな?
お客様
お客様
ビーズクションをもうかれこれ5年間使ってるんだけど、なんかへたってきたわ。邪魔になるんだけどどうやって捨てればいいのかしら?

体にフィットし快適なビーズクッションですが、古くなると体を包み込んでくれる弾力性が低下し座り心地も悪くなります。また洗えないタイプのビーズクッションは、だんだんと汚れが蓄積しニオイが気になるという方も多いようです。

 

使用頻度によりますが、ビーズクッションの寿命や3〜6年です。快適なクッションの時期が終わったら処分を考えるかと思いますが、どうやって捨てれば良いのかわからない方もいらっしゃるでしょう。

 

ここではビーズクッションの捨て方を紹介します。ご負担が少ない方法から処分する費用が0円のものまでありますので、ご自身に一番合う方法を選んでください。

    この記事でわかること

  • ビーズクッションは自治体や不用品回収業者で処分できる
  • ビーズクッションを解体して普通ごみに捨てることも可能
  • 解体するときは中身が飛び散るので注意が必要
  • 手間なく簡単に捨てるなら不用品回収業者がおすすめ
今すぐビーズクッションを処分する

不用品回収の料金
0120-966-926
簡単LINE見積もりはこちら
無料見積もりフォームはこちら
不用品回収の料金 0120-966-926
無料見積もりフォームはこちら 簡単LINE見積もりはこちら

KADODEメディア掲載実績

ビーズクッションの捨て方3選

ビーズクッション
 
ビーズクッションの賢い捨て方を紹介します。捨て方は次の3種類です。

    ビーズクッションの捨て方

  • 自治体の粗大ゴミに出して捨てる
  • 分解して一般ごみに出す
  • 不用品回収業者に回収してもらう

それぞれについてさらに詳しくご紹介します。

自治体の粗大ゴミに出して処分する

自治体の粗大ゴミに出して処分する
 
粗大ゴミの定義は各自治体によって異なります。さいたま市のように90cm以上と定義している自治体ならそのまま燃えるゴミとして処分可能ですが、ほとんどの自治体では30cm以上、または50cm以上のものは粗大ゴミとして処分しなくてはいけません。

 

ビーズクッションの外側が壊れて穴が空き、中身がこぼれると作業に支障がおきます。そのため、自治体ではゴミとして排出する際袋に入れてほしいと住民に呼びかけています。
 
粗大ゴミとして排出する方法は自治体によって異なりますが、大まかな流れは下記の通りです。

  1. 電話またはインターネットで自治体の粗大ゴミ受付に予約する
  2. 粗大ゴミ処理券(地域により名称が異なる)をコンビニなど自治体指定店で購入する
  3. 粗大ゴミ処理券に受付番号または名前を記入し、不用品に貼り付ける
  4. 予約した日の朝8時までに指定場所に排出する

排出するのは朝8時まで、前日の夜に排出できません。粗大ゴミ処理券は、400円前後が一般的です。

自治体 料金
世田谷区 800円
横浜市 500円
福岡市 300円〜1,000円
名古屋市 250円
札幌市 500円〜900円

参照:世田谷区横浜市名古屋市

分解して一般ゴミとして処分する

分解して一般ゴミとして処分する
 
規定の大きさならば粗大ゴミですが、分解してカバーや内袋、ファスナー、中身(ビーズ)をそれぞれ自治体の規定に沿って分別して一般ゴミとして排出します。

 

カバーなど布部分は燃えるゴミまたは資源ゴミ、中身は燃えるゴミまたは燃えないゴミ、プラスチックゴミ、ファスナーは燃えないゴミです。どのゴミの種類になるかは、自治体によって異なるので公式サイトまたは電話で確認してください。

不用品回収業者に回収してもらう

不用品回収業者に回収してもらう
 
民間の不用品回収業者に依頼する方法でビーズクッションを処分できます。不用品回収業者ならビーズクッションだけではなく、ベッドマットや家具類、電化製品などなんでも回収しています。

 

ビーズクッション以外にも不用品があれば同時にすべて回収します。自宅から運び出す必要もなく、ご自宅に入ってすべて回収するので大きめのビーズクッションでも問題ありません。

ビーズクッションの捨て方で注意すべきポイント2選

ビーズクッション
 
ビーズクッションは、無料で捨てることが可能です。しかし気をつけないとトラブルの原因になります。次の2点に気をつけて解体し、処分してください。

 

クッションに入っているビーズが飛び散らないようにする

クッションに入っているビーズが飛び散らないようにする
 
クッションに入っているビーズは、メーカーにもよりますがポリスチレンが原材料になっているものが多いようです。ポリスチレンは、日本スチレン工業会によると人体には無害のプラスチックです。たとえ誤って口に入り飲み込んでしまっても、体外に排出されてしまいます。

 

しかし、ポリスチレンは発泡スチロールの原料です。発泡スチロールを扱ったことがある方はご存知だと思いますが、静電気を帯びて取り扱いにくく一度バラバラになると掃除が大変です。掃除機でもうまく吸引できず、吸引しても掃除機が故障する場合があります。

 

そのためクッションから中身を取り出す際に、飛び散らないようにしてください。もし飛び散ってしまったら粘着カーペットクリーナーを利用しましょう。

参考:スチレン・ポリスチレンの安全性

不用品回収の料金
0120-966-926
簡単LINE見積もりはこちら
無料見積もりフォームはこちら
不用品回収の料金 0120-966-926
無料見積もりフォームはこちら 簡単LINE見積もりはこちら

ペットや子供がいない場所で作業する

ペットや子供がいない場所で作業する
 
換気の良いペットや子供がいない場所を選んで作業をしてください。クッションに入っているビーズはかなり細かく散乱すると誤飲の原因になります。ポリスチレンは安全性を確認している物質ですが、小さなお子さんやペットの場合は危険です。ちゃんと飲み込めず窒息してしまうかもしれません。

 

また内袋の中にカビが生えている可能性もあります。カビの胞子が飛び散り有害ですから、作業者自身もマスクの着用が必須です。体の小さなお子さんやペットにはかなり有害ですから、いない場所で作業をしてください。

ビーズクッションを無料で捨てるための手順

ビーズクッション
 
ビーズクッションは分解すれば一般ゴミとして無料で処分可能です。つまり、ビーズクッションの中身を取り出してビーズと布に分別します。ただし、分別の際に中身であるビーズが飛び散らないようにしましょう。飛び散ってしまうと静電気でうまくまとめらず、掃除が大変です。

 

作業の手順は次の通りです。事前にペットボトルとカッターナイフ、ガムテープを用意しておきましょう。中身が飛び散らないように筒状のものが必要です。今回はペットボトルを利用しました。

  1. ペットボトルの底部分を切って筒状にします。
  2. ビーズクッションの内袋の一部をはさみまたはカッターナイフで切断します。ペットボトルで作った筒が入る程度の大きさです。
  3. ビーズクッションを傾け、ペットボトルの筒を通してゴミ袋に中身を出します。

ペットボトルの筒を使うことで中身が飛び散ることを防止します。分別したら自治体の指示に従って、燃えないゴミ、燃えるゴミなどの日に排出してください。

販売店・メーカー別!ビーズクッションの捨て方

お客様
お客様
無印良品で買ったビーズクッションを処分したい…

無印良品やニトリで購入したビーズクッションってどう捨てればいいの?とお困りの方はいませんか。
 
販売店やメーカー別にビーズクッションの捨て方をまとめたので、簡潔にどの方法がいいのか知りたい方は参考にしてくださいね。

無印良品のビーズクッションの捨て方

無印良品のビーズクッションを捨てるときは、自治体のゴミ回収不用品回収業者を利用しましょう。
 5
無印良品では新たに商品を購入した方を対象に引き取りサービスを実施していますが、ビーズクッション(体にフィットするソファ)は引き取り対象外となっています。

ニトリのビーズクッションの捨て方

ニトリのビーズクッションも自治体のゴミ回収不用品回収業者に依頼して処分すると良いでしょう。
 
ニトリでソファやベッドなど新しい家具を購入する予定のある方は、条件に該当した場合のみ有料で引き取りサービスを利用できます。
 
ただし、配送員が屋内に設置する商品を購入した方のみ利用できるサービスなので、ビーズクッションの購入では古い品物を引き取ってもらえません。

  • 配送員設置商品(ベッドなど大きめの家具)を新たに購入した方対象
  • 購入した商品と「同数量」「同容量」の品物を引き取ってもらえる
  • 1つの注文につき4,400円

ヨギボーの捨て方

ヨギボーは分解すれば普通ゴミとして処分できますが、パーツごとに分類する必要があります。カバーやビーズは燃えるゴミ、ジッパーは不燃ゴミに分けられる地域が多いです。
 
解体するのが面倒な場合は粗大ゴミとして処分しましょう。自治体のゴミ回収不用品回収業者を利用すると、手間がかかりません。

ビーズクッションを今すぐ処分するならKADODEにお任せ

ビーズクッションを今すぐ捨てるならKADODEにお任せ
 
KADODEでは、ビーズクッションを回収しています。ビーズクッション以外に不用品がある場合は、軽トラック積み放題などのサービスでリーズナブルに家の中にある不用品を処分できます。

 

24時間年中無休で電話の受付をしているため、隙間時間に電話で問い合わせが可能です。特に次のような要望をお持ちの方はKADODEをご利用ください。

  • すぐに回収に来てほしい
  • 不用品がビーズクッション以外にもあり、まとめて処分したい
  • 仕事が終わってから夜遅くに回収に来てほしい
  • 外に運び出すことが面倒なので、家の中に入って不用品を回収してほしい

またKADODEでは買取も行なっています。まだ新品なのに利用しないものがあればどうぞお申し付けください。出張による見積もりは無料です。もし料金に不満がある場合はキャンセルしても料金はまったく発生しません。
 
電話・LINE・メールでも概算をお伝えすることも可能ですのでお気軽にご相談ください。

不用品回収の料金
0120-966-926
簡単LINE見積もりはこちら
無料見積もりフォームはこちら
不用品回収の料金 0120-966-926
無料見積もりフォームはこちら 簡単LINE見積もりはこちら

不用品回収業者KADODEのビーズクッション回収事例

ビーズクッションの回収事例

ビーズクッション回収前
ビーズクッション回収後

スタッフからのコメント

ビーズクッションや衣装ケースを回収してほしいとご依頼いただきました。ビーズクッションはサイズが大きく、使用していないと家の中でもかさばってしまいます。ご依頼いただいたお客様より家の中がスッキリしてよかったですとのお言葉を頂戴いたしました。

主な回収品目
ビーズクッション・衣装ケース
作業時間
30分
ご利用エリア
岡山県岡山市周辺

ビーズクッションの捨て方に関するよくある質問

ビーズクッションを解体しておく必要はありますか?
お客様
お客様
KADODE
KADODE
解体の必要はございません。KADODEが分別からすべて承ります。運び出す必要もありませんので、お客様はそのままでお待ちください。
ビーズクッションのビーズは何ごみに出せますか?
お客様
お客様
KADODE
KADODE
お住まいの地域によってビーズの分別は異なりますが、燃えるゴミとして出せる自治体が多いです。ただし、燃えないゴミやプラスチックゴミに分類されることもあるので、処分する前に自治体のホームページをご確認ください。
ビーズクッションの捨てどきっていつ?
お客様
お客様
KADODE
KADODE
ビーズがへたってきたり、座り心地が悪くなったら捨てどきといえます。ビーズを補充できる場合は、入れ替えることも可能ですよ。

ビーズクッションの捨て方まとめ

ビーズクッションの捨て方について開設しました。ビーズクッションの捨て方は次の3つです。

  • 自治体で粗大ゴミとして処分する
  • 自治体で一般ゴミとして処分する
  • 民間の不用品回収業者に依頼する

一般ゴミとして出す方法は無料ですが、ビーズが飛び散ると掃除が大変になりますので細心の注意を払って行なってください。

 

この3つの中で最もご負担の少ない方法は、民間の不用品回収業者への以来です。もし不用品回収業者へ依頼するならぜひKADODEもご検討ください。

EXAMPLE

不用品回収例

単品からOK!

など、様々な不用品処分
ご活用いただけます。

下記のような場面でお役立てください! 下記のような場面でお役立てください!
AREA

対応エリア

areaページ地図

北海道地方

WEB割りキャンペーン
0120-966-926
簡単LINE見積もりはこちら 無料見積もりフォームはこちら
0120-966-926
無料見積もりフォームはこちら 簡単LINE見積もりはこちら
↑

不用品のお悩みは解決しましたか?
今ならWEB割開催中!

KDDポップアップ

>>> 料金の詳細はこちら <<<

 

KDDポップアップ