不用品・粗大ゴミ回収なら24時間365日受付のKADODE!

KADODE 24時間365日受付中!0120-966-926
DISPOSAL ITEMS

スケートボードの処分方法5選!スポーツ用品のお得な捨て方まとめ!

スケートボード

お客様
お客様
息子のスケートボードを新しく買い直したんだけど、古いスケートボードは燃えないゴミの日に捨ててもいいのよね? 
お客様
お客様
どうかしら?うちじゃあ、使ったことないからわかんないけど。

でもうちの市では30cm以上の大きさのモノは粗大ゴミじゃなかったかしら? 

新しいモデルが出て欲しくなってしまい、古いスケートボードは使わなくなってそのまま押入れにしまい込んだまま。
 
なんとなく面白そうだからと購入したものの、結局あまり乗らないで不要となったスケートボードをお持ちの方はいませんか?

 

今回はスケートボードやスポーツ用品を処分する5つの方法を紹介します。スケートボードを処分したいと考えている方は、この記事を参考にしてください。
 

今すぐスケートボード・スポーツ用品を処分する

0120-966-926
簡単LINE見積もりはこちら 無料見積もりフォームはこちら
0120-966-926
無料見積もりフォームはこちら 簡単LINE見積もりはこちら


 

スケートボード等のスポーツ用品を簡単に処分する方法5選

スケートボード処分方法
 
ここからスケートボード等のスポーツ用品を簡単に処分する方法を5つご紹介します。それぞれの特徴を比較してみましょう。
 
「スケートボード・スポーツ用品の処分方法」

  1. 燃えないゴミとして処分する
  2. 粗大ゴミに出して捨てる
  3. フリマアプリやリサイクルショップを活用する
  4. 支援している団体に寄付する
  5. 不用品回収業者に依頼する

 

燃えないゴミとして処分する

スケートボードは、燃えないゴミとして処分することが可能です。例えば、静岡県富士見市や兵庫県神戸市、神奈川県平塚市といった自治体では燃えないゴミとして回収しています。また、スケート靴のように30cm以下のモノは燃えないゴミとして処分できます。
 
燃えないゴミに出すときは、それぞれの自治体で指定されている袋に入れて指定日にゴミステーションに置くだけなので簡単です。ただし、ゴミの分別は自治体ごとに決められているため、燃えないゴミには出せない地域もあります。
 

粗大ゴミに出して捨てる

自治体では30cm以上、または50cm以上のモノを粗大ゴミとしているところが多いです。スケートボードの大きさは約80cmが主流であるため、スケートボードは粗大ゴミとしている自治体がほとんどです。
 
その他ラケットやゴルフバッグなどの大きさがあるモノは粗大ゴミとして回収しています。自治体での粗大ゴミの出し方は、次の通りです。
 
「自治体で粗大ゴミを出す方法」

  1. お住まいの市町村区指定の粗大ゴミ受付センターに申し込む
  2. 回収日を予約したら、回収日前にコンビニなど指定の販売店で粗大ゴミ処理券を購入
  3. 粗大ゴミ処理券に受付番号、または氏名といった必要事項を記入してスケートボードに貼り付ける
  4. 回収日に予約したときに指定された場所にスケートボードを置く

 

一般的に当日の朝8時までに粗大ゴミを排出しなければいけず、夜のうちに置くことは禁止されています。料金は自治体によって異なりますが、300〜500円程度です。

 

自治体の粗大ゴミは、持ち込み施設への持ち込みを受け付けているところもあります。自治体によって料金は異なりますが、無料、または10kgまで200円程度で回収しています。近くに持ち込み施設がある場合は、スケートボードは比較的持ち運びがラクなので戸別収集よりもスムーズかもしれません。

 

ただし、持ち込む前に電話での予約や市(区)役所へ申し込み用紙の提出が必要な場合があります。お住まいの市(区)役所の公式サイトでご確認ください。

 

フリマアプリやリサイクルショップを活用する

あまり使っていない比較的新しいスケートボードなら、近くにあるリサイクルショップやフリマアプリで買い取ってもらえるかもしれません。
 
スケートボードのメーカーによっては、かなり高額で買い取ってもらえる可能性もあるので、お近くにスポーツ用品専門の買取店があれば、持ち込んでみてください。

 

近くにリサイクルショップがない場合は、遠くのお店まで持ち込まなければいけないので手間がかかります。またフリマアプリで遠くに住んでいる人に売る場合は梱包して郵送する必要があり、こちらも負担になります。

 

スケートボードの売値と比べて負担が大きすぎないか考えて処分方法を決めましょう。友人や近くにいる知人でスケートボードを欲しい人を見つけて譲れば、無料で処分が可能です。近くにスケートボードを欲しい人がいないか探してみましょう。ジモティやFacebookを利用するのも一つの方法です。
 

支援している団体に寄付する

「ワールドギフト」のようなリユース・再資源化できるものをリフォームして、世界中に送り出している支援団体へ寄付する方法もあります。
 
スケートボードの場合は、かなり古くなっていても十分に利用できるのであれば問題ありません。特に大切に使っていたスケートボードを誰かが喜んで使っていると思うと嬉しくなりますね。
 
配送費はご自身で負担しなければいけないことが多く、無料で処分できるわけではないので注意しましょう。
 

不用品回収業者に依頼する

不用品回収業者に依頼して、スケートボードを処分する方法もあります。行政のサービスを利用して処分するときは、予約を入れたり粗大ゴミ処理券を購入したりと負担が大きいです。

 
リサイクル店に持ち込んだり、支援団体に郵送したりするのもまた手間がかかります。不用品回収業者に回収を依頼すれば、都合の良い日時に自宅まで回収に来てもらえるため、スケートボードを簡単に処分できます。
 
不用品回収業者への申し込みは、次のような手順で行われます。

 

「不用品回収業者を利用するときの流れ」

  1. 不用品回収業者に、電話またはオンラインで連絡し、見積もりを依頼する
  2. 不用品回収業者が出張見積もりをする(買取可能なら査定)
  3. 料金に納得したら買取、または処分を依頼する

 

お急ぎの場合は、電話でのご相談がスムーズです。不用品回収業者によっては、土日祝日や年末年始を含めて24時間電話での相談を受け付けているため、いつでも予約が取れます。
 
申し込みをする時に、買取をしているのかどうかも確認しましょう。以下のような方は、民間の不用品回収業者がおすすめです!ついでに押入れの不用品も回収してもらえば、家の中がスッキリします。
 

「不用品回収業者をおすすめする人」

  • 面倒な手続きをしたくない人
  • 忙しくて時間がない人
  • 持ち込みをしたくない人
  • スケートボード以外にも処分したいものがある人

 

スケートボードといったスポーツ用品の処分なら不用品回収のKADODEにお任せ

スケートボードを民間の不用品回収業者に依頼しようとお考えなら、KADODEにお任せください。たくさんある不用品回収業者の中でKADODEが選ばれるのは理由があります。KADODEは年中無休、24時間体制で稼働しております。

 

電話でのご相談はもちろん、出張でのお見積りも年中無休です。ご予約状況によって変動しますが、お客様の都合に合わせて、即日で対応することも可能です。出張見積もりは無料でご利用いただけます。

 

料金に納得いただけない場合は、キャンセルをしてもキャンセル料は発生しませんのでご安心ください。複数点の不用品を処分する方向けに、お得な定額パックをご用意しております。お支払い方法は、現金とクレジットカードが可能です。

 

KADODEをご利用いただいたお客様から、「その日のうちに、すぐ来てもらえた!」「スタッフの対応がきちんとして好感が持てた」とご満足の声がたくさん届いています。ご利用された方の満足度が高いこともあり、KADODEはリピーターが多いことも特徴です。

0120-966-926
簡単LINE見積もりはこちら 無料見積もりフォームはこちら
0120-966-926
無料見積もりフォームはこちら 簡単LINE見積もりはこちら

スケートボードやスポーツ用品の処分に関するよくある質問

不用品の処分はいくらかかりますか?
お客様
お客様

KADODE
KADODE
回収する物量に応じて変動するため、詳しくはこちらのページをご確認ください。

またスポーツ用品以外にご家庭で不要になった日用品を処分したいという方はこちらの、楽器を処分するの記事もあわせてご覧ください。
 

まとめ

スケートボードやスポーツ用品の処分方法について紹介しました。処分方法は以下の5つです。
 

  1. 燃えないゴミとして処分
  2. 粗大ゴミとして処分
  3. フリマアプリやリサイクルショップを活用
  4. 支援している団体に寄付
  5. 不用品回収業者に依頼

 

スケートボードやスポーツ用品を燃えないゴミとして処分するのが最も簡単な方法といえるでしょう。しかし、燃えないゴミに処分できない自治体にお住まいの方は、その他の方法を比べて、ご自身に合った方法を見つけてください。

EXAMPLE

不用品回収例

単品からOK!

など、様々な不用品処分
ご活用いただけます。

下記のような場面でお役立てください! 下記のような場面でお役立てください!
AREA

対応エリア

areaページ地図

四国地方

0120-966-926
簡単LINE見積もりはこちら 無料見積もりフォームはこちら
0120-966-926
無料見積もりフォームはこちら 簡単LINE見積もりはこちら
↑