不用品・粗大ゴミ回収なら24時間365日受付のKADODE!

KADODE 24時間365日受付中!0120-966-926
DISPOSAL ITEMS

ガラスの処分方法は5つ!状態や大きさで選ぼう!安全な割り方も解説

状態や大きさで選ぼう!プロが解説!ガラスの処分方法は5つ!

お客様
お客様
割れたガラスは何ごみで出せば処分できる?自分で安全に割ることはできるの?
お客様
お客様
ガラスを自治体以外で処分する方法はある?

暮らしのさまざまな場所で活躍しているガラスですが、いざ割れてしまうと処分に迫られてしまいます。しかし、ガラスが割れるのは頻繁に起こることではないため処分方法に悩んでしまうものですね。

 

グラスや器を始め、ガラステーブル、ガラスケース、ガラス瓶、窓ガラスなどガラス製品はいろいろとありサイズが大きくなればなるほど、扱いづらくなり処分に困ってしまいます。

 

そこで、今回はガラスの処分方法を5つお伝えしていきます。ガラスを安全に捨てるための割り方もまとめてみました。

 

暮らしの中で欠かせないガラスですが、いざという時に処分方法を把握しておけばケガをすることなく対処できます。ぜひ、ガラスの処分の際には活用してください。

不用品回収の料金
0120-966-926
簡単LINE見積もりはこちら
無料見積もりフォームはこちら
不用品回収の料金 0120-966-926
無料見積もりフォームはこちら 簡単LINE見積もりはこちら

KADODEメディア掲載実績

ガラスの処分方法1:自治体の不燃ごみで出す

ガラスの処分方法1 出すの時の注意点!自治体の不燃ごみで出す!

処分したいガラスの量や大きさが、指定の袋に入る大きさなら不燃ごみで出せます。生活の中でいろいろなガラスが用いられているのですが、割れてしまうとたいへん危険であり、捨て方にも注意を払わなくてはなりません。

不燃ごみで出すのが向いているガラス

不燃ごみで出せるガラスは、ガラス食器や花瓶、ガラスケースなど比較的小さいものが向いています。

 

他の不燃物と異なりケガをする危険性があるので、ダンボールや新聞紙で包んで指定の袋に入れてください。出す人も収集スタッフもケガをしないための工夫です。

 

不燃ごみの袋に入る量は、ガラス食器だとかなり入ることが考えられます。ただ、注意してほしいのは重さも考慮しておくことです。あまりに入れすぎてしまうと、ごみ袋の破損の可能性もあります。

  • 危険
  • ガラス製品
  • われもの

また、一目でガラスが入っていることが認識できるように、上記のように記載しておきましょう。自治体によって書き方が決められているので、前もって調べておくのがおすすめです。

ガラスの処分方法2:自治体の粗大ごみで出す

ガラスの処分方法2 回収や持込で!自治体の粗大ごみで出す!

ガラスを自治体の粗大ごみ回収を利用して処分する方法もあります。概ね1辺が30㎝以上だと粗大ごみとして扱われることが多くなります。

不燃ごみ袋に入らないガラスは粗大ごみ

割りやすいガラスなら、小さく割って行けば不燃ごみとして処分するのが良いでしょう。しかし、割りづらいガラスや割ることができない製品は、粗大ごみの申し込みをしてください。

  • 窓ガラス
  • ガラステーブル
  • 水槽
  • ショーケース

自治体のごみ処理センターへの申し込みをする際に、ガラス製品のサイズや種類を伝えましょう。粗大ごみ回収は、ごみの種類によって費用がかかります。

 

しかし、費用がかかっても収集場所まで搬出すれば回収してくれるので問題なく利用できるでしょう。自分でガラスを粉砕するのは危険を伴うので避けたい人にもおすすめです。

 

また、ごみ処理センターへの持ち込みを可能としている自治体なら、受付時間内であれば都合の良い時間帯に持ち込めるので便利です。

ガラスの処分方法3:ガラス瓶はリサイクル回収で出す

ガラスの処分方法3 割れていないなら!ガラス瓶はリサイクル回収で出す!

割れていないガラス瓶は、不燃ごみではなくリサイクル回収の日に出しましょう。回収可能なのは、主に以下の種類です。

  • ビール瓶
  • 一升瓶
  • 牛乳瓶
  • ワインの瓶
  • 調味料の瓶
  • ジャムの瓶

ガラス瓶のリサイクルの方法には、以下の2つあります。

  • リターナル瓶 繰り返し使う目的
  • ワンウェイ瓶 一度の使用後、再び瓶に加工する目的

自治体のリサイクル回収の他には、ボランティアや学校の集団回収、酒店の回収でも出せます。

 

瓶はリサイクルされて再び瓶になったり、アスファルトやタイルなどの材料になったりします。有効資源を活用するためにも、ガラス瓶はリサイクル回収の時に出しましょう。

ガラスの処分方法4:割れた窓ガラスは業者に交換・回収してもらう

ガラスの処分方法4 楽な処分なら!割れた窓ガラスは業者に交換・回収!

窓ガラスやガラス障子などが割れてしまったら、即座に交換をしてもらわないと困る場合も多いでしょう。割れたガラスがサッシに残ったままでも、何らかの力で落下することもあり非常に危険です。

 

そのような時は、ガラスの交換と同時に割れたガラスの回収も依頼できるガラス専門業者に早い段階で依頼をしましょう。

 

割れたままのガラスは危険性があるばかりか、防犯面の心配もあります。ガラス専門業者は、そのような事情を考慮しており最短で駆けつけてくれるのでいざという時でも安心です。

ガラスの処分方法5:不用品回収業者に回収してもらう

ガラスの処分方法5 手軽で早い! 不用品回収業者に回収してもらう!

ガラスの処分をしたい時に、不用品回収業者に依頼する方法もあります。不燃ごみや粗大ごみの日まで待てない事情がある時、ごみステーションまでガラスを運べない時でも頼りになる存在です。

不用品回収の料金
0120-966-926
簡単LINE見積もりはこちら
無料見積もりフォームはこちら
不用品回収の料金 0120-966-926
無料見積もりフォームはこちら 簡単LINE見積もりはこちら

即日回収も可能でガラス処分が安全にできる

不用品回収業者に依頼すると、即日回収も可能です。割れたガラスの場合、ごみに出すためには梱包や分別を考えなくてはなりません。

 

しかし、不用品回収業者は自宅まで出張してくれるため、捨てたいものの指示をするだけで搬出もしてくれるので非常に安心です。

 

メリットがある分、費用が軽トラック1台の場合には10,000円~18,000円ほどかかります。ガラスの処分以外にも大掃除や引越しなどで出た不用品をまとめて引き取ってもらいたい時に向いている方法です。

大きめのガラスを小さくする方法

安全に割る!知って役立つ!大きめのガラスを小さくする方法!

家庭にあるさまざまなガラスの中には、サイズが大きめのものもあります。特に窓ガラスは大きさがネックとなり、不燃ごみでは出せません。粗大ごみ回収か不用品回収業者への依頼が大半になるでしょう。

 

ただ、ガラスを小さくすることで不燃ごみに出すことも可能です。費用をかけずに出せるメリットがあるのは確かですが、粉砕する際には危険を伴うため万全の準備が必要です。

ガラスを割る

ガラスを割るには、以下の流れで進めてください。周囲へガラスの細かい破片が飛び散るのを防ぐようにしましょう。無防備な恰好で割ろうとすると思いがけないケガをしてしまうこともあります。

  1. 軍手・厚底の靴を身につける
  2. ガラスを新聞紙で包む
  3. ハンマーなどで叩いて割る
  4. 粉砕できたら袋に入れる
  5. 不燃ごみの袋に入れる

自分で割れる程度のガラスなら、安全に配慮した上で道具を使えば粉砕できます。

ガラスカッターで切る

ガラスを切るには、ガラスカッターと呼ばれる専用の器具を使うと切りやすくなります。ガラスカッターは1,000円程度で、オイルは500円程度で購入可能です。

  1. ガラスカッターに専用のオイルを入れる
  2. ガラスをダンボールなどの上に置く
  3. ガラスカッターでガラスに傷をつける
  4. 傷をつけたところから両手でガラスを割る
  5. 希望のサイズになるまで3~4を繰り返す
  6. 小さいサイズになったらガラスを包んでごみに出す

切りたいガラスが複数ある時には、ガラスカッターを使うのも一つの選択肢です。

ガラスの処分も不用品回収のKADODEなら任せて安心!

簡単に処分できる!プロなら手間いらず!ガラスの処分もKADODEなら任せて安心!

ガラスの処分は、自力で捨てようとすると注意点を守る必要があります。

 

ガラスの処分が面倒に感じる方は、不用品回収のKADODEへお任せください。ガラスの処分をするために、自分で割るのも袋に入れるのも怖さがあるという方もいらっしゃるでしょう。

 

KADODEなら最短即日回収が可能です。ガラスの処分ができなくてお困りの方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。

 

また、ガラスの処分と合わせてなかなか捨てられなかった不用品も同時に回収もできます。親切で丁寧な熟練のスタッフが、ガラスを安全に楽に回収できるのが魅力です。

不用品回収の料金
0120-966-926
簡単LINE見積もりはこちら
無料見積もりフォームはこちら
不用品回収の料金 0120-966-926
無料見積もりフォームはこちら 簡単LINE見積もりはこちら

ガラスの処分方法まとめ

まとめ!ぴったりな方法が見つかる!zガラスの処分方法まとめ!

お伝えした通り、ガラスの処分は5つの方法から選べます。ガラスの大きさや状態などから、最適な処分方法を見つけてください。

 

ガラスを処分する機会は、そうたびたび起こるものではないので、捨て方にも戸惑ってしまうのが普通でしょう。「お金をかけずに処分をしたいのか?」「費用をかけても楽に処分をしたいのか?」を慎重に考えてみてください。

 

いつかガラスの処分をしたいと思われていた方は、この機会にご紹介した方法ですっきりと安全な処分をしましょう。

EXAMPLE

不用品回収例

単品からOK!

など、様々な不用品処分
ご活用いただけます。

下記のような場面でお役立てください! 下記のような場面でお役立てください!
AREA

対応エリア

areaページ地図

北海道地方

WEB割りキャンペーン
0120-966-926
簡単LINE見積もりはこちら 無料見積もりフォームはこちら
0120-966-926
無料見積もりフォームはこちら 簡単LINE見積もりはこちら
↑

不用品のお悩みは解決しましたか?
今ならWEB割開催中!

KDDポップアップ

>>> 料金の詳細はこちら <<<

 

KDDポップアップ