不用品・粗大ゴミ回収なら24時間365日受付のKADODE

KADODE 24時間365日受付中!0120-966-926
DISPOSAL ITEMS

マッサージチェアの処分方法4選!誰でもできるカンタンな捨て方をご紹介!

バイクの処分方法とは

お客様
お客様
マッサージチェアを簡単に処分するには?
お客様
お客様
マッサージチェアは解体して処分できる?

マッサージチェアの処分にお困りの方はいませんか?マッサージチェアはサイズが大きく運び出すのは負担がかかるので、なるべく簡単に処分できる方法が知りたいという方もいますよね。
 
そこで、今回はマッサージチェアの処分方法3選から処分にかかる費用相場を紹介します。特徴や費用を比較して、最適な方法でマッサージチェアを処分しましょう。
 

今すぐマッサージチェアを処分する

 


 

マッサージチェアの処分方法4選

マッサージチェアの処分方法4選
 
マッサージチェアの処分方法4選を紹介します。マッサージチェアの処分にかかる費用や時間も合わせて比較しましょう。
 
「マッサージチェアの処分方法4選」

  1. 粗大ゴミに出す
  2. リサイクルショップに持ち込む
  3. 家電量販店に引き取ってもらう
  4. 不用品回収業者に依頼する

 

粗大ゴミに出す

マッサージチェアを粗大ゴミに出して処分するのは、最も一般的な方法です。多くの自治体ではマッサージチェアは、粗大ゴミに分類されています。ただし、一部自治体では回収できないこともあるので、ホームページを確認してください。
 
小型のマッサージ機は家電リサイクル法の対象なので、リサイクルすることができます。リサイクル回収を行なっている自治体であれば、処分費用は無料です。
 
「家電リサイクル法とは?」

家電リサイクル法(特定家庭用機器再商品化法)は、一般家庭や事務所から排出されたエアコンやテレビ(ブラウン管、液晶・プラズマ)、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機といった家電製品から、有用な部品や材料をリサイクルして廃棄物を減らすとともに、資源の有効利用を推進するための法律です。家電リサイクル法の対象製品は、適切な方法で処分しないと違法になってしまいます。

出典: 経済産業省
 
正しい方法で粗大ゴミに出さなければ、マッサージチェアを回収してもらえません。特に、ゴミ処理券の記入漏れや金額不足に注意しましょう。
 
「粗大ゴミに出す手順」

  1. 電話かインターネットで自治体の粗大ゴミ受付センターに申し込む
  2. 粗大ゴミ処理券をコンビニや郵便局で購入する
  3. 処理券をマッサージチェアに貼り付け、収集場所に出す
  4. 

 

リサイクルショップに持ち込む

保管状態がよければ、リサイクルショップに持ち込んでマッサージチェアを処分する方法もあります。リサイクルショップで売れれば、処分費用をかけずに捨てることができます。
 
お近くにリサイクルショップがなくても、出張買取や宅配買取を行なっているお店を利用することで、買い取ってもらえるかもしれません。
 
ただし、買取できなかった場合でも出張費や配送費はご自身で負担しなければいけないことが多いです。マッサージチェアが正常に機能しない場合や、ボロボロな状態のものは買い取ってもらえないので、他の方法で処分しましょう。
 

家電量販店に引き取ってもらう

購入した家電量販店でマッサージチェアを引き取ってもらうことも可能です。家電量販店では、家電リサイクル法対象品目の回収が義務付けられています。家電を購入すると、回収サービスを安く利用できます。
 
ただし、お店によっては商品を買わなくても回収費用を支払えば利用可能です。家電量販店ごとに回収料金や利用条件が異なるため、マッサージチェアの買い替えを検討している方は、以下の表を参考にしてください。
 

家電量販店 処分費用(商品購入時) 処分費用(処分のみ) 備考
ヤマダ電機 3,000円程度 7,000円程度 ヤマダ電機以外で買った場合も回収可能
ケーズデンキ 無料 8,000円程度
ノジマ電気 3,850円 対応不可 ノジマ電気で購入した商品のみ対象

 

不用品回収業者に依頼する

不用品回収業者に依頼する方法もあります。マッサージチェアは重量があり、ご自分で運び出すのは手間がかかります。不用品回収業者は、申し込むと自宅まで回収に来てくれるため、手軽に不用品を処分したい方におすすめです。
 
24時間受付の業者もあるので、自分の好きなタイミングで回収作業を依頼することが可能です。引越し等で退去日が近くても柔軟に対応している業者もあり、時間がなくても安心して利用できます。
 
ゴミの分別から運び出しまで全ての作業を業者に任せられるので、不要になった大型家具や大型家電もまとめて処分してはいかがでしょうか。
 
「不用品回収業者のおすすめポイント」

  • 手間をかけずにマッサージチェアを処分できる
  • 自分の都合に合わせて回収日程を決められる
  • マッサージチェア以外の不用品もまとめて回収してもらえる

 

マッサージチェアの処分にかかる費用相場

マッサージチェアの処分にかかる費用相場
 
マッサージチェアの処分にかかる費用相場をまとめました。費用を節約したい方は、以下の表を参考にしましょう。
 

処分方法 処分費用
粗大ゴミに出す 1,000円程度
リサイクルショップに持ち込む 無料
家電量販店に引き取ってもらう 3,500円程度(業者によって異なる)
不用品回収業者に依頼する 5,000円程度(業者によって異なる)

 

マッサージチェアの処分はKADODEにお任せください!

マッサージチェアの処分にお困りの方は、KADODEにお任せください!KADODEは1都20県でサービスを展開しており、幅広い品目の回収に対応しています。一部自治体で回収できない冷蔵庫、洗濯機、テレビといった大型家電も回収可能です。
 
KADODEは24時間予約を受付ております。ご予約状況や交通状況に応じて変動しますが、最短1時間でご自宅までお伺いいたします。ご要望があれば、祝日や深夜の時間帯にも対応可能です。
 
さらに、KADODEは不用品回収だけでなく、買取にも積極的に取り組んでおります。買取させていただいた金額分は、回収料金からお引きいたしますので、サービスをお得にご利用いただけます。不用品回収・買取をご検討の方はお気軽にご相談ください。
 

>>>KADODEの不用品回収プランをチェック!<<<

 

マッサージチェアの回収事例

マッサージチェア回収事例
 

埼玉県の回収事例

マッサージチェア回収前
マッサージチェア回収後

スタッフからのコメント

壊れてしまったマッサージチェアを処分したいとのことでご利用いただきました。自治体でマッサージチェアを処分するには、手続きや運搬が必要で手間がかかります。KADODEにお任せいただければ迅速・丁寧に運び出しを行います。

主な回収品目
マッサージチェア
作業時間
15分
ご利用エリア
埼玉県所沢市

神奈川県の回収事例

マッサージチェア回収前の画像
マッサージチェア回収後の画像

スタッフからのコメント

マッサージチェアを回収いたしました。お客様より「家から運び出すのが難しかったので助かりました」とのお言葉を頂戴しました。24時間365日ご依頼を承っておりますので、不用品の処分にお困りの際はお気軽にご相談ください。

主な回収品目
マッサージチェア
作業時間
20分
ご利用エリア
神奈川県横浜市

マッサージチェアの処分に関するよくある質問

マッサージチェア1点だけ回収してもらうことは可能ですか?
お客様
お客様

KADODE不用品回収相談係
KADODE不用品回収相談係
対応可能です!少量・大量問わずご依頼を承っておりますので、遠慮なくお申し付けください。

またマッサージチェア以外にご家庭で不要になった家電の詳しい処分方法を知りたいという方はこちらの、健康器具を処分するの記事もあわせてご覧ください。
 

まとめ

今回はマッサージチェアの処分方法4選をご紹介しました。マッサージチェアを安く処分したい方は、自治体の粗大ゴミに出すと良いでしょう。
 
マッサージチェアとは別の不用品をまとめて処分したい方は、不用品回収業者の利用がおすすめです。以下のまとめを参考に、より良い処分方法を選択してくださいね。
 
「マッサージチェアの処分方法まとめ」

  • なるべく安く処分したい方は粗大ゴミに出す
  • 状態が良いものはリサイクルショップに買い取ってもらう
  • 買い替えを検討している方は家電量販店に引きとってもらう
  • 不用品を簡単に処分したい方は不用品回収業者に依頼する
EXAMPLE

不用品回収例

単品からOK!

など、様々な不用品処分
ご活用いただけます。

下記のような場面でお役立てください! 下記のような場面でお役立てください!
0120-966-926
簡単LINE見積もりはこちら 無料見積もりフォームはこちら
0120-966-926
無料見積もりフォームはこちら 簡単LINE見積もりはこちら
↑