不用品・粗大ゴミ回収なら24時間365日受付のKADODE!

KADODE 24時間365日受付中!0120-966-926
DISPOSAL ITEMS

液晶テレビの寿命は何年くらい?よく見られる症状と故障の対策を解説!

液晶テレビの寿命

お客様
お客様
液晶テレビの画面が暗くなってきたのだけれど、これって寿命なのかしら?
修理をすべきなの?普通、どのくらいの期間液晶テレビって使えるものなの?
お客様
お客様
今度引っ越すからこれを機会に10年近く使っている液晶テレビを処分しようと思ってるんだけど、粗大ごみで出せないのが問題よね!

液晶テレビは有機ELテレビと比較しても寿命が長いことが特徴です。しかし古くなるとだんだん画面が暗くなったり、色味がおかしくなって見づらくなってしまいます。液晶テレビは高価ですから、できれば修理をして長く使いたいと考える方も多いですよね。

 

今回は、液晶テレビの寿命やトラブルが起こったときの対処の仕方、処分するタイミングなどを詳しく解説します。今お持ちの液晶テレビを修理をするか処分するかを迷っている方は、参考にしてください。

    この記事でわかること

  • 液晶テレビの寿命は16年程度
  • 使い方や視聴時間によって液晶テレビの寿命は異なる
  • 寿命の近い液晶テレビは画面や音に異常が現れる
  • 液晶テレビは家電リサイクル法の対象だから自治体で処分できない

不用品回収の料金
0120-966-926
簡単LINE見積もりはこちら
無料見積もりフォームはこちら
不用品回収の料金 0120-966-926
無料見積もりフォームはこちら 簡単LINE見積もりはこちら

液晶テレビの寿命は何年?

液晶テレビの寿命
 
まずは液晶テレビは何年くらい利用できるのでしょうか?処分するかどうかの目安になるので、チェックしましょう。

そもそも液晶ってどんな性質?

そもそも液晶ってなんでしょうか?何気なく液晶と言っていますが、液晶という物質があるわけではなく物質の状態を液晶と呼んでいます。
 
結晶と液体の違いをまず見ていきましょう。結晶は分子が規則正しく並んでいる固体です。一方液体は分子が自由に動き回れます。

 

液晶というのは液体と結晶の性質を両方持っていることから、「液晶」と呼ばれます。液晶は固体で形が決まっていますが、固体の中で分子が自由に動き回ることが可能です。
 
液晶は外部から電圧をかけると分子の並び方が変わる性質がありますが、この性質を利用して液晶ディスプレイなどが作られるようになりました。液晶そのものは光らないためバックライトを当てることによって映像を鮮明にしています。

 

1973年に初めて液晶ディスプレイ付きの計算機が出来上がってから次々と改良を重ね大きさやコストが革新的に進歩した結果、消費電力が少なく薄い液晶テレビが作られるようになったのです。

参考:『図解入門よくわかる最新ディスプレイ技術の基本と仕組み: 液晶、有機EL、プラズマ、電子ペーパー』p141

液晶テレビの寿命は何年?

液晶テレビは、6万時間視聴できるといわれています。1日に10時間つけっぱなしにしていると仮定して計算すると16年間利用可能です。ただし6万時間というのは気温が25度と仮定した場合なので、環境によってはもっと短くなります。

 

一般的には液晶テレビは8〜10年くらいの寿命だといわれています。購入して8年を過ぎると買い替えを検討する人が多い傾向です。

寿命の近い液晶テレビによく見られる症状

液晶テレビの症状
 
テレビは長期間使っていると気になる症状が出てきます。具体的な症状は次のようなことです。

それぞれの症状の原因を知って、買い換えるか修理するかを考えていきましょう。

画面が暗い

バックライトは少しずつ輝度が落ちていき、寿命に近づくにつれてだんだんと画面が暗くなります。画面の明るさを調節しても映像が暗く、見えにくくなってきたらほぼ寿命ということです。
 
ただし画面設定の明るさの数字が低い可能性もあるので、リモコンを操作してみましょう。

電源が入らない

液晶テレビに特にありがちですが、スイッチを押しても電源が入りらないことがあります。リモコンに問題があることもあるので、テレビ本体の主電源ボタンでも試してみてください。

 

画面が真っ暗なままでも音声だけは聞こえるのであれば、電波を受信しているということです。その場合は、バックライトの寿命が原因で画面に映像が出てこなくなったと考えられます。

 

また音声も入らない場合は電波の受信ができない状態という可能性もあります。修理を依頼する際には、音声と映像の有無をきちんと説明しましょう。

音が出ない

電源が入らず音が出ない場合とは別に、映像は表示されているのに音が出ない場合があります。ディスプレイに問題がなくてもスピーカーとの接続など回線に問題があると考えられます。
 
雑音や割れた音が聞こえる時はスピーカーが故障している可能性もあります。

画面が正常につかない

電源が入っても、色味がおかしくて調節しても違和感があったり、画面に線が入ったりする症状も液晶テレビが古くなる起こりやすい症状です。
 
保証期間が過ぎてしまうと、画面の修理は高額な料金が必要です。

寿命が近い液晶テレビに症状が出てきたらどうすべき?故障や不具合の対策をご紹介

液晶テレビの症状対処方法
 
上記のような症状が出たら、電源を入れ直してみてそれでも症状が改善しない場合は修理に出すかどうかを検討してください。

 

電源を入れ直す理由と方法、また修理に出すか買い換えるかの選択の目安を解説します。

電源を入れ直す

電源を入れ直すとは、一度電源プラグを引き抜いて1分ほど放置しもう一度入れ直すことです。PCの場合も調子が悪いと再起動しますが、同様に「再起動操作」と呼ばれます。

 

画面に線が入ったり、音声が出なかったりという場合は再起動操作をすることで解決されることがあります。

修理に出す

再起動操作をしても相変わらずトラブルがあるなら、修理を検討しましょう。シャープの修理料金の目安そ掲載しますので参考にしてください。
 
ただし、故障箇所が複数ある場合や高額部品を交換しなくてはならない場合はさらに高額になります。特にディスプレイの交換は高額です。

液晶テレビの症状 修理料金
電源が入らないまたは電源ランプが点滅する 32型以上 17,000~24,000円、30型以下 11,000~17,000円
画面が暗い 32型以上 17,000~24,000円、30型以下 11,000~17,000円
音声が出ない 32型以上 12,000円~24,000円、30型以下 11,000~17,000円
出張診断料 出張距離20km以内:4,400円、10km毎に550円加算

出張診断料は、修理をしなくても支払わなくてはいけない料金です。また交換する部品がないと修理をしたくてもできません。各メーカーが部品を保有している期間は製造中止後8年間です。

液晶テレビの寿命を伸ばすには?長持ちさせるポイント3選

液晶テレビを長く使う
 
できれば長く使いたい液晶テレビ。寿命を伸ばすには日常と次の3つのことをしておきましょう。

それぞれについてさらに詳しく説明します。

つけたままにしない

テレビは長時間つけっぱなしにしているとパネルが劣化しやすいといわれています。そのため、誰もテレビを見ていない場合はテレビをこまめに消すようにしましょう。省エネにもなり、テレビを長持ちできます。

直射日光が当たる場所を避ける

バックライトが6万時間持続すると液晶テレビの説明書に書かれていますが、注意書きとして『室温を25度に保った場合』としています。それ以上の温度になると劣化が激しくなるのです。

直射日光が当たる場所など温度が上がりやすい環境を避けるようにしましょう。

定期的に掃除する

高温になると劣化してしまうため、放熱する通気口がテレビには設置されています。通気口をホコリなどでふさいでしまうと放熱できなくなり、内部の温度が上がり劣化が進んでしまいます。通気口にホコリがたまらないようにこまめに掃除するようにします。

 

ただし内部のホコリを取ろうと分解してしまうと故障の原因になるため、どうしてもきになるようであればメーカーに問い合わせてみましょう。

寿命の近い液晶テレビは買い替えと修理どっちがいい?

液晶テレビの修理
 
画面が特に大きな液晶テレビのディスプレイを交換するとなると、修理代が高額になる恐れがあります。ディスプレイを交換して視聴できるようになっても、古くなっている液晶テレビはその他の部位が古くなって故障してしまうかもしれません。

 

修理をするならまず見積もりをしてもらい、買い替えと比較してどちらがお得かを考えて決めましょう。製造後10年近く経過しているのであれば、寿命と考えて修理より買い替えをおすすめします。

寿命の近い液晶テレビの処分はKADODEにお任せください!

KADODE

液晶テレビを処分したいなら信頼できる不用品回収業者のKADODEがおすすめです。

KADODE作業担当
KADODE作業担当
液晶テレビは、行政の粗大ごみ収集を利用できません。家電リサイクル法の対象となる製品は、リサイクルをしなくてはならないためです。

処分方法は複雑で郵便局でリサイクル券を購入し、運搬料を支払って引き取りを依頼しなくてはなりません。詳しくは経済省のページをご確認ください。

経済省『正しい処分、早わかり』

 

液晶テレビを処分したいと考えている次のような方は、KADODEにお任せください。

    液晶テレビの処分に関して

  • 液晶テレビの処分方法は複雑で面倒だと感じている
  • 忙しいので都合の良い日に自宅まで取りに来てほしい
  • まだ使えるので買取をしてほしい
  • 液晶テレビ以外にも処分したいものがたくさんある

KADODEは出張見積もりが無料です。お電話をいただければ即日おうかがいし、見積もりの料金にご納得いただければすぐに回収いたします。

KADODE相談係
KADODE相談係
KADODEは24時間年中無休でお電話を受け付けております。
どのようなことでもお気軽にご相談ください。

もし液晶テレビ以外にも処分したいものが多いのであれば、軽トラック詰め放題などパックがおすすめです。分別や運び出しの手間がなく、ご負担なく不用品を処分できます。

こちらの記事も合わせてご覧ください。

テレビを簡単に処分する方法|粗大ゴミとして捨てられない物もある!?

液晶テレビの回収事例

液晶テレビ回収前
液晶テレビ回収後

スタッフからのコメント

液晶テレビや冷蔵庫は家電リサイクル法の対象品目なので、自治体で処分できません。KADODEでは自治体で廃棄できない家電も全て回収いたします。まずはお気軽にご相談ください。

主な回収品目
液晶テレビ・冷蔵庫
作業時間
30分
ご利用エリア
岐阜県岐阜市周辺

液晶テレビの回収事例

液晶テレビ回収前
液晶テレビ回収後

スタッフからのコメント

液晶テレビや冷蔵庫の回収にご依頼いただきました。最短即日で対応可能ですので、引っ越しなどですぐに対応していただきたい方はお電話ください。

主な回収品目
液晶テレビ・冷蔵庫・電子レンジ
作業時間
45分
ご利用エリア
兵庫県神戸市周辺

液晶テレビの寿命まとめ

液晶テレビの寿命や寿命が近づくと起こりうる症状、症状への対処方法などを解説しました。液晶テレビの寿命は、8年程度。ただし利用方法や環境によっては4年で不具合が見られる場合もあります。
 
不具合が出たら、電源を入れ直して再起動します。一度で解決しないなら、数回繰り返してみましょう。

 

それでも解決しないなら、修理をするか、買い替えをするか、どちらかになります。各メーカーの公式サイトでは症状についてオンラインで相談できるシステムを用意しています。修理費用は32インチ以上でおおむね2万円前後です。

ただし、ディスプレイを交換する場合は、特に大画面の液晶テレビならさらに高額の修理費が必要です。

KADODE
KADODE
もし処分をお考えならKADODEにお任せください!

KADODEなら出張による見積もりが無料です。またまだ利用できそうならば、買取も行っているのでお気軽にご相談ください。KADODEは24時間年中無休でお電話での相談をお待ちしています。

 

EXAMPLE

不用品回収例

単品からOK!

など、様々な不用品処分
ご活用いただけます。

下記のような場面でお役立てください! 下記のような場面でお役立てください!
AREA

対応エリア

areaページ地図

東北地方

WEB割りキャンペーン
0120-966-926
簡単LINE見積もりはこちら 無料見積もりフォームはこちら
0120-966-926
無料見積もりフォームはこちら 簡単LINE見積もりはこちら
↑

不用品のお悩みは解決しましたか?
今ならWEB割開催中!

KDDポップアップ

>>> 料金の詳細はこちら <<<

 

KDDポップアップ