不用品・粗大ゴミ回収なら24時間365日受付のKADODE!

KADODE 24時間365日受付中!0120-966-926
COLUMN

引越しがチャンス?ミニマリストになるための方法を詳しくご紹介!

ミニマリストになるための方法を詳しくご紹介!

お客様
お客様
ミニマリストに憧れるけど、どうやって物を減らせばいいの?

引越しがチャンスってホント?

お客様
お客様

シンプルな暮らしがしたい!

このような理由から最近はミニマリストを目指す人が増えています。

ですがいきなり物を必要最低限まで減らすとなると、その作業も大変です。

 

しかし、もし引越しを検討中ならそれがチャンス!

引越しはこれからミニマリストを目指す方にとってうってつけです。

引越しを機に荷物を整理し、シンプルな暮らしを手に入れましょう。

ミニマリストになるために今すぐ不用品の処分を依頼する!

KADODEメディア掲載実績

ミニマリストってなに?

ミニマリストってなに?

 

持ち物を極力減らし、本当に必要な物だけで暮らす人がミニマリストと呼ばれています。

「最小限の」という意味を持つミニマル(minimal)という言葉から派生した造語で、大量生産と大量消費を繰り返す現代社会の中で新たに生まれたライフスタイルです。

 

似たような言葉で「断捨離」がありますが、こちらは物を減らすための方法を表しています。

そのため、ミニマリストを目指す方法として断捨離をもちいることもあります。

ミニマリストのメリット

ミニマリストには以下のようなメリットがあります。

  • 物が少ないため片付けや掃除が楽になり好きなことに使える時間が増える
  • 本当に必要な物しか購入しないため出費が抑えられる
  • 行動や考えがシンプルになる

 

生活における無駄を減らすことで、ライフスタイルをシンプルで豊かになると考えられているため、最近ではミニマリストを目指す人が増えています。

なぜ引越しがチャンスなの?

なぜ引越しがチャンスなの?

 

ミニマリストで得られるメリットに共感し、いざそれを目指そうと思っても、もったいなくて物が捨てられずに断念してしまう方が多いという話をよく耳にします。

しかし引越しの際には、引越し費用を抑えられるという理由から、あまり使っていない物や全く使っていない物、古くなって買い替えたいものや新居に合わない物など、一度にたくさんの荷物を半ば強制的に処分する方が多いのが特徴です。

 

そのため、ミニマリストを目指す方には引越しはチャンスと言えます。

引越しを機に本当に必要な物だけを吟味し、新居での新生活では物の少ないシンプルで豊かな暮らしを手に入れましょう。

引越し前に物を減らす手順とその方法

引越し前に物を減らす手順とその方法

 

もしあなたが物欲の塊で、自宅にたくさんの荷物がある場合、それらを大量に処分しなければならないでしょう。

そのためここでは物を減らす手順とその方法についてご紹介します。

ミニマリストを目指すなら本当に必要な物を選別しよう

本当に必要な物、と言っても何が本当に必要な物なのか分からない方も多いでしょう。

ミニマリストを目指す上で本当に必要な物の基準とは「それがなければ生活ができない物」と考えると分かりやすいかと思います。

 

例えば、布団がなければ直接床に横にならなくてはいけないですし、服も多くは必要ないですがすべて処分してしまったら着るものが無くなってしまいます。

また、テレビを持たないというミニマリストも多くいます。

最近ではテレビをあまり見ないという方も増えているため、必ず必要な物とは言えません。

中には洗濯機すらいらないというミニマリストもいます。

 

このように、それがないと本当に生活できないのか?ということを基準に考えると選別する手助けとなるでしょう。

物を減らす手順

まずは自分の所有している物を大まかにリストアップして、必要な物と不要な物に分けます。

次に必要な物の中でもさらに細かく分けていきます。

 

例えば衣類。

一年以上着ていない服は不要な物として分け、靴下は5足、Tシャツは5着までなど、必要な物でも必要最低限の数を決めてしまうといいでしょう。

 

このように処分する物と不要な物をリスト化しておけば、あとは不要な物を処分するだけです。

不用品の処分は自治体の回収や不用品回収業者を利用して行いましょう。

引越しの時にミニマリストを目指す際のコツとは

引越しの時にミニマリストを目指す際のコツとは

 

ミニマリストを目指し、引越しを機に不要な物を全て処分。

言葉にするのはかんたんですが、実際に行うにはなかなか大変な作業です。

あまりにも大変で途中で投げ出してしまったり、せっかく物を減らしたのに戻ってしまわないよう、ここではミニマリスト目指すコツをご紹介しましょう。

自分にとって必要最小限のとは何か書き出す

こちらは前述しましたが、自分にとって必要最小限ものを書き出してみましょう。

人によって必要な物は多少変わってきます。

普段使っていない物やほとんど使わない物は処分してしまってもあまり困らないですが、いきなり有名なミニマリストをマネしてあれもこれもと処分してしまうと後々困ってしまうかもしれません。

 

そのため、これがなかったらどうなるんだろう?というふうに、普段使っている物がなくなるとどのような状態になるのか落ち着いて想像してみることも大切です。

もちろん、ないと困るからと言って物が減らせないのも問題ですが、最初は処分する基準をゆるめに設定し、いきなりすべてを処分するのではなく、ある程度処分した後はミニマリストを目指す過程で少しずつ物を減らしていくのも一つの方法です。

なるべく時間に余裕をもって作業する

引越しの前はさまざまな手続きなどでバタバタしてしまい、必要な物と不要な物を分けることができないかもしれません。

不用品を処分するにしても、自治体の粗大ごみ回収は時間がかかることが多いですし、ヤフオクやメルカリを利用する場合も売れるまで時間がかかることもあります。

 

そのため、引越しが決まったら、または引越しを計画した時点で少しずつ作業を進めていくようにしましょう。

時間的な余裕を持つことで、しっかりと計画的に作業を進めることが可能です。

物を購入するときは本当に必要かよく考える

ミニマリストを目指すのなら、不要な物を処分するのはもちろんですが、新たにを購入して物が増やしてしまっては意味がなくなってしまいます。

新しく何かを購入する場合は、その物がミニマリストを目指す自分にとって本当に必要な物なのかをよく考えましょう。

 

そのため衝動買いは厳禁です。

食料などのその日使うもの以外は、欲しいと思ってもその場では購入せずに、数日考えて本当に必要なのか判断してから購入しましょう。

不要になった物の処分方法

不要になった物の処分方法

 

ミニマリストになるために、本当に必要な物以外は思い切って処分する必要があります。

ではどのようにそれらの不用品を処分すればよいのでしょうか?

ここからはその5つの不用品処分方法を詳しくご紹介いたします。

 

不用品処分方法

  1. 自治体に回収してもらう
  2. 引越し業者に引き取ってもらう
  3. リサイクルショップで売る
  4. フリマアプリで売る
  5. 不用品回収業者を利用する

 

色々な処分方法がありますが、それぞれメリットデメリットがありますので、処分する物やご自身の状況に合わせてその方法を選択するようにしましょう。

自治体に回収してもらう

おそらく多くの方が一番ご存知の処分方法かもしれません。

お住まいの地域の自治体のサービスを利用して不用品を処分する方法です。

 

メリットは何といっても安価に不用品を処分できることでしょう。

可燃ごみ、不燃ごみ、缶・ビン、段ボールや本などの紙類であれば、決められた曜日に出しておけば無料で回収してもらえますし、粗大ごみも比較的安く回収してもらえます。

 

しかし、不用品の量が多すぎると一度に持って行ってもらえなかったり、分別が各自治体によって細かく決められている場合が多いので仕分けを行うのも大変です。

粗大ごみの回収は申し込みなどの手続きが少し面倒と言う方も多く、回収までに時間がかかるのも特徴です。

早ければ申し込みから1週間程度で回収してもらえますが、場合によっては1か月も待たされることも。

 

また、基本的に自治体の粗大ごみ回収は屋内からの運び出しを行ってくれないため、ご自身で家の外まで運び出す必要があります。

大きな家具などを処分する場合はかなりの重労働となるので、その点がデメリットと言えるでしょう。

引越し業者に引き取ってもらう

引越しを引越し業者に依頼するのであれば、その業者に不用品の処分をお願いするのも一つの手でしょう。

引越し費用にプラスアルファすることで不用品を処分してくれる業者もありますので、引越し作業と不用品の回収作業を一度に依頼できて手間がかかりません。

 

ただし、すべての引越し業者が不用品を引き取ってくれるわけではありません。

対応は引越し業者によってさまざまで、多くの品目に対応してくれる業者もあれば、リサイクル家電のみの対応であったり、不用品の回収は行っていない引越し業者もあります。

もし引越し業者に不用品の処分を依頼するのであれば、ホームページで確認するか電話やメールで問い合わせて確認しましょう。

リサイクルショップで売る

まだ使用できる物であれば、リサイクルショップに持ち込んで売ってしまうのもよいでしょう。

もちろんすべての物を買い取ってもらえるわけではないですが、処分費用がかからずに現金化できるのでとてもお得な方法と言えます。

 

店舗によっては無料出張査定を行っているとこもあるので、その場合はわざわざ店舗まで持ち込む必要もありません。

しかし、壊れている物、状態の悪い物、人気のない物は買い取ってもらえないので他の方法で処分するしかないでしょう。

フリマアプリで売る

最近は利用されている方も多いフリマアプリ。

代表的なものだと、メルカリやヤフオクが有名でしょう。

これらに出品して不用品を処分することも可能。

 

こちらも現金化できるのがメリットですが、リサイクルショップと違うのは壊れている物や人気のない物でも欲しい人が一人でもいれば売れる可能性があることです。

ただし、慣れていない方には出品するだけでも少しハードルの高い方法かもしれません。

 

出品したい物の写真を撮って説明文も考える必要がありますし、うまく売れたとしても購入者とトラブルが発生することもあります。

また、物によっては出品したとしても売れない可能性もあるということを覚えておきましょう。

不用品回収業者を利用する

不用品回収業者を利用して不用品を処分することも可能です。

即日対応・時間指定可能・量が多くても回収可能・自治体で回収不可能な物でも回収可能など、メリットも多く、最近では利用する方も増えているため、ネット上ではたくさんの不用品回収業者を見かけます。

また、買取のサービスを行っている業者もありますので、不用品をお得に処分できるのも助かります。

手間をかけずにお得に処分するなら不用品回収業者がおすすめ

手間をかけずにお得に処分するなら不用品回収業者がおすすめ

 

不用品回収業者なら、ほとんど手間がかからずに不用品を処分できるのがメリットです。

一般的なゴミを捨てるにしても分別の必要はなく、まとめて回収してもらえます。

 

また、自治体の粗大ごみ回収は基本的に屋内からの運び出しは手伝ってくれないため、指定の場所までご自身で運搬する必要があります。

さほど大きくなく、一人で楽に持てるようなものならいいですが、大きく重量のあるものは壁や床にキズを付けるだけではなく、気を付けないと大きなケガにつながることもあるため危険です。

 

不用品回収業者に依頼すれば屋内からの運び出しも行ってくれるので安心して不用品を処分できます。

ミニマリストを目指すならKADODEがお手伝いいたします!

KADODEは年間40,000件の実績を持つ不用品回収業者です。

東は関東、西は九州まで、広いエリアをカバーし、さまざまな不用品に対応しています。

 

即日回収にも対応しているため、お問い合わせから最短1時間でご自宅に到着。

24時間365日いつでもご対応できますので、お忙しい方でも早朝や深夜など、ご都合を合わせたご訪問が可能です。

 

ミニマリストを目指す方々は一度にたくさんの不用品を処分される方が多いですが、そんな方のためにお得な定額パックもご用意。

量が多くても安心してご依頼いただけます。

 

さらに、KADODEは買取強化中です!

壊れていない物であれば、専門のスタッフが品物をしっかりと査定をさせていただき、場合によっては高額での買取も可能。

ご相談はお電話、LINE、見積もりフォームからかんたんに行えますので、ぜひ一度お気軽にご連絡くださいませ。

KADODEの不用品処分に関する実績をチェック!

引越しの際にミニマリストになるための方法まとめ

シンプルでストレスの少ない生活を手に入れるため、ミニマリストにあこがれる。

最近ではそのような方々がとても増えています。

ですが、何かきっかけがないと、これまでの生活スタイルを一変させるのはなかなか難しいのではないでしょうか?

 

しかし、ミニマリストを目指していない方でも、引越し時には思い切ってさまざまな物を処分します。

そのためミニマリストを目指し、物を大幅に減らしたい方には、引越しが絶好のチャンスと言えるでしょう。

 

この記事では引越し時にどのようにして荷物を減らせばいいか、その方法と手順をご紹介いたしました。

ぜひこの記事を参考にし、ミニマリストとしてシンプルな暮らしを手に入れてください。

EXAMPLE

不用品回収例

単品からOK!

など、様々な不用品処分
ご活用いただけます。

下記のような場面でお役立てください! 下記のような場面でお役立てください!
AREA

対応エリア

areaページ地図

北海道地方

WEB割りキャンペーン
0120-966-926
簡単LINE見積もりはこちら 無料見積もりフォームはこちら
0120-966-926
無料見積もりフォームはこちら 簡単LINE見積もりはこちら
↑