不用品・粗大ゴミ回収なら24時間365日受付のKADODE!

KADODE 24時間365日受付中!0120-966-926
COLUMN

実家の整理はこれで安心!始めるタイミング、ゴミ屋敷清掃のコツを詳しくご紹介

実家の片付け詳しく紹介

お客様
お客様
実家の片付をしたいけどいつやればいいの?
やらなきゃいけないと分かっているけど、どうしたらいいのかよく分からない
お客様
お客様

いつかはやらなきゃいけない実家の片付け。

両親はまだまだ元気だし、まぁ今じゃなくてもいいだろうと考えていませんか?

しかし、そのうちそのうちと思っていると、どんどん面倒になって遺品整理で大変なことに…。

 

そんなあなたのために、いつ片付け始めればいいのか、何から始めればいいのか、どうやって進めていけばいいのか、できるだけ詳しく、分かりやすくご説明します!

この記事を読んで実家の片付けについての疑問を解消しましょう。

今すぐ実家の片付けを依頼する!

0120-966-926
簡単LINE見積もりはこちら 無料見積もりフォームはこちら
0120-966-926
無料見積もりフォームはこちら 簡単LINE見積もりはこちら

実家整理はいつすればいいの?

実家の片付けはいつすればいいの?

実家の片付けを行うタイミングは大きく分けると2つあります。

  1. 親が亡くなる前に行う生前整理
  2. 親が亡くなった後に行う遺品整理

この2つは行う時期が違うだけですが、特徴や注意すべき点が変わります。

以下ではそれらを詳しく見ていきましょう。

親が亡くなる前に行う生前整理

生前整理は親の意見を聞きながら、一緒に片付けを行うことが可能。

必要なものと処分していいものを確認しながらできるというメリットはありますが、高齢者はもったいないという理由からものが捨てられない方が多いのが特徴です。

 

長年使っていなくても、思い出の品であったり購入当時は高価なものであったりすると、処分するという決断ができず、結果としてほとんど片付けが進まないというケースもあります。

しかし、強引に説得したり、無断で処分しようとすると後でトラブルのもとになることもあるので、少しずつ長期的に片付けを行っていくといいでしょう。

親が亡くなった後に行う遺品整理

遺品整理は親が亡くなった後に行いますので、自分の判断で不要なものを処分することが可能です。

そのため、処分していいのかその都度確認をする必要がないので生前整理よりも片付けが早く進みます。

しかし、価値のあるような遺品は相続でトラブルになることもあるため、生前に親の意向を聞いておいた方がいいでしょう。

 

また、遺品整理は不用品の処分だけではありません。

不用品の処分以外にも以下のような手続きが必要になるものもあります。

  • 住まいが賃貸物件の場合は退去の手続き
  • パソコンやスマートフォンを処分する前のデータの消去と解約の手続き
  • その他、公共サービスなどの解約手続き

できれば生前整理を

上記でも記載したように、亡くなった後の遺品整理は故人の身の回りのものから家具に至るまで、さまざまなものを整理し、さらには契約しているものの解約の手続きに追われるため大変です。

できるだけ遺品整理の手間を少なくするため、親が元気なうちにある程度整理を進めておくといいでしょう。

実家の片付けは大変

実家の片付けは大変

 

「さぁはじめるぞ」と意気込んでみても、実際にやってみると意外と大変なのが実家の片付け。

特に長年住まわれている家だと、使っていないものも含めてかなりの物量となるでしょう。

 

現在ご高齢の方は若い方と物に対する価値観が違います。

特に戦後を経験された方は、物が少ない時代で育ったため、まだ使えるものを捨ててしまうのはもったいないと考える方が多いようです。

 

そのため、家には小さいものから大きなものまで多くの荷物が蓄積されているので、片付けるのも一苦労。

もし、専門業者などを使わずに片付けるのであれば、長期間に渡って少しずつ作業されたほうがいいでしょう。

できるだけ早めに実家整理をすべき理由

できるだけ早めに実家を片付けなければいけない理由
遺品整理の作業を少なくするために生前整理を行った方がいいということはお伝えしましたが、生前整理はできるだけ早めに行った方がいいでしょう。

理由は以下の3つです。

  1. 親の体力が低下している
  2. 親の認知力が落ちている
  3. 孤独感から物に執着する

親の体力が低下している

当然のことですが、年齢を重ねれば体力も低下していきます。

体力が低下してくると片付けを行うこと自体がおっくうになってしまうこともあり、なかなか片付けが進まなくなってしまうことが考えられます。

特に60代に差し掛かると急激に体力の衰えを感じる方が多いと言われているため、できるだけ親が50代のうちに片づけを始められるといいでしょう。

親の認知力が落ちている

こちらも年齢に関係することですが、認知力が落ちてくると片付けること自体が困難になっていきます。

近年では高齢者5人に1人が認知症と言われているため、そうなる前に片付けを始めるといいでしょう。

孤独感から物に執着する

広い家に一人で住んでいると、寂しさから必要のないものを集めてしまい、捨てられなくなる場合があります。

これはパートナーに先立たれ、一人暮らしの高齢者に多い現象です。

 

物が多いことによりつまずいてしまったり、地震などで崩れてくる可能性があるので生活するうえで危険が伴います。

そうなる前に心のケアをしてあげることが大切ですが、もしものが増えてしまっている状態であればできるだけ早めに片付けて安全を確保し、そして定期的に家に訪れて、散らかっていれば片付けてあげるといいでしょう。

できれば親が元気なうちに実家を整理したい

できれば親が元気な内に実家の片付けをしたい

「自分の親は元気だし、まだ早い」と思っている方も多いでしょうが、早くて悪いことはありません。

親が元気であれば一緒に片付けの作業も行えますし、何より本人もやる気が継続できます。

 

年齢を重ねて体が動かなくなってくると片付け自体が面倒になってしまい、いざ片付けを行うことになってもなかなか作業が進まなくなる可能性も。

また、足腰が弱まるとちょっとしたものにつまずきかねないため、片付けを行って身の回りを整理することにより未然の事故を防ぐこともできます。

生前整理を兼ねた実家の片付けのポイント

生前整理を兼ねた実家の片付け

先にも申し上げたとおり、親が亡くなってからの遺品整理は大変な作業です。

そのため、少しでも亡くなってからの片付けを楽にするために生前整理を兼ねた片付けを行いましょう。

 

しかし、いきなり片付けを行うと言ってもどこから手を付けたらいいか迷っちゃいますよね。

ではどこから片付ければいいのか。

ここからは生前整理を行うポイントについてご説明します。

 

生前整理のポイント

  1. 実家に自分の物がある場合はそれから片付ける
  2. 貴重品やお金に関するものは一つにまとめる
  3. 現時点で必要ないものは早めに処分しておく

実家に自分の物がある場合はそれから片付ける

もし実家にご自身の荷物があるのであれば、まずはそれらを片付けることから始めましょう。

親も荷物を置きっぱなしにしている子供から、家の中を片付けるように言われてもなかなか了承できないかもしれません。

 

ご自身の荷物を片付けることで、荷物のないスッキリした状態を親に見てもらうことができるため、やる気を促す要因の一つとなる可能性もあります。

また、片付けたことにより一時的なスペースを確保できるため、今後片付けを楽に進めることができます。

貴重品やお金に関するものは一つにまとめる

遺品整理を楽にするためには、親がどのような財産を持っているかを明確にしておく必要があります。

そのため、貴重品を一つにしておくことはそれらを把握することができるのでおすすめです。

 

また、認知力が落ちてきたり、突然入院したりすると銀行の通帳や保険証書などがどこにあるか分からず探すのに苦労することもあります。

そうならないためにも、一か所にまとめて場所を把握しておくことが必要です。

現時点で必要ないものは早めに処分しておく

必要のないものと言ってもその種類は多岐にわたります。

例えば台所。

細かいところかもしれませんが、賞味期限切れの食品、長年使われた形跡のないタッパーや食器・調理器具など、台所には意外と多くのものがあります。

台所はご飯の支度をする場所ですので、できるだけ片付けたほうが衛生的ですし、毎日使う場所なので片付けた効果が分かりやすいところでもあります。

 

他にも、壊れてしまった電化製品をいつまでも押入れの奥にしまってあったり、ただの物置になってしまっている机やほとんど活用されていない家具などのないかチェックしましょう。

特に家具は大きなものが多いため、それらが無くなると片付いたという印象も強くなります。

親に実家整理を了承してもらう方法

親に片付けを了承してもらう方法

いくら自分が実家の片付けを行いたくても、そこに住む親に了承してもらえなければ片付けることはできません。

あなたにはゴミだと思うものでも親にとっては必要だと思っているものかもしれないため、勝手に捨ててしまうとトラブルになることも。

 

しかし、いきなり片付けをすると言っても面倒で断られたり、自分の物を勝手にさわられたくないなどの理由からなかなか片付けをさせてくれないケースも多いかと思います。

そのためここでは親に片付けを了承してもらう方法を3点ご紹介します。

  1. 片付けた方がいい理由を説明する
  2. リサイクルなどをすすめる
  3. 1か所だけでもいいので片付けさせてもらう

片付けた方がいい理由を説明する

片付けるとどんなメリットがあるのかを説明しましょう。

もし、とても物が多い家なら片付けることで広くスッキリし、気持ちよく生活を送れるようになります。

 

また、廊下や部屋の足元に荷物が置いてあるとつまずいてケガをする可能性もありますし、荷物が積み上げられていると地震などで崩れてくる可能性も考えられます。

そうした危険を避けるためにも片付けを行った方がいいことを説明しましょう。

リサイクルなどをすすめる

もし、もったいなくてものが捨てられないのであれば、寄付やリサイクルを提案してみましょう。

捨てるのがもったいないと思う方は、まだ使えるかもしれない、誰かが使うかもしれないと考え、捨てられない場合が多いようです。

 

まったく使っていないのにもったいなくて捨てられない場合でも、寄付やリサイクルで必要としてくれる人のもとに行くならしかたないと考える方も多いでしょう。

1か所だけでもいいので片付けさせてもらう

片付けを提案してもまったく了承してもらえない場合は、とにかくどこか1か所だけも片付けさてもらえるよう説得してみましょう。

部屋の中の1か所だけでもキレイなることでその快適さに気づき、じゃあその周りも片付けようとなるかもしれません。

 

しかし、この場合も勝手に片付けてはいけません。

なかなか了承してくれなくても根気よく説得することを心がけましょう。

実家整理を行う際のポイント

実家の片付けを行う際のポイント

親が片付けを了承してくれたら、少しずつでもいいので片付けを進めます。

しかし、効率よく片付けを進めるためには具体的にどのような方法で片付けていくかを決めねばなりません。

まずは、以下のポイントを押さえつつ、親や兄弟などの他の家族と話し合って進めていきましょう。

  1. 勝手に物を捨てない
  2. 捨てたくないものを聞いておく
  3. まずは狭いところから片付ける
  4. 一旦まとめておく場所を作る

勝手に物を捨てない

快く親が片付けに同意してくれたとしても、勝手にものを捨ててしまっては親の気分を害してしまい、片付けが中断してしまう可能性もあります。

一見ゴミに見えるものでも、親にとって大切な思い出の品なのかもしれません。

必ず捨てていいのか、必要なのかを確認しましょう。

捨てたくないものを聞いておく

片付けを効率よく進めるためにも、事前に捨てたくないものを聞いておくといいでしょう。

その際に、大まかでいいので必要なさそうなものをリストアップしておき、まとめて確認しておけばその後の作業が円滑に進みます。

まずは狭いところから片付ける

いきなり居間や寝室などから始めると物も多く、なかなか作業が終わりません。

モチベーションを維持するためにも、まずは洗面所や玄関などの狭いスペースから始めることをおすすめします。

 

狭いところでもキレイになれば気持ちいいものです。

キレイなところを少しずつ増やし、大変そうなところは後に回した方が効果的に片付けを進められます。

一旦まとめておく場所を作る

もし、親と相談して捨てていいか迷っている場合には、そのようなものを一旦まとめておく場所を作っておきましょう。

そこに一時的保管しておいて、できるところから片付けをすすめます。

 

今まで大切に保管してきたものをいきなり大量に処分するのは勇気もいりますし、寂しく感じるかもしれません。

しかし、他の部分が片付いてくれば思い切って処分しようという気になることも考えられます。

実家整理が難しければ専門業者に依頼しよう

実家の片付けを専門業者に依頼する

これまで実家の片付けについてご説明してきましたが、個人で家を丸ごと片付けるのかなり大変な作業です。

重い家具などもあるでしょうし、なにより時間がかかります。

もしそのような労力を少しでも抑えたいのであれば、片付けや生前整理、遺品整理を専門とする業者に依頼するのも選択肢のひとつです。

 

ご自身で片付けを行うと、数か月から場合によっては1年以上時間がかかることもありますが、専門業者であれば長くても数日で片付けを完了してくれます。

大型家具を移動させる際にケガをしてしまうことも考えられるため、安全に作業を完了してくれる専門業者に依頼するのもおすすめです。

実家整理はKADODEにおまかせ!

実家の片付けを専門業者に依頼するのであれば、KADODEにおまかせください!弊社スタッフがご家族に親身に寄り添いながら、丁寧に仕分け作業を行い、不要な物はまとめて処分可能です。
 
お客様と相談させていただきながら作業させていただきますが、ものの移動や運び出しは弊社スタッフがすべて行いますので、お客様側はとても楽に片付けを進められます。また、これまでたくさんの生前整理・遺品整理に関わってきたベテランスタッフですので、片付けに関するご相談はもちろんのこと、仕分け作業も迅速に行います。
 
さらに、KADODEは買取サービスも行っておりますので、不用品の中にまだ使えるものがあればその場で査定させていただき、買取可能であればその金額分を片付けの費用から差し引かせていただくことも可能。
 
不用品の量が多くても安心の定額料金プランもご用意しておりますので、実家の片付け、生前整理・遺品整理のことなら、お気軽にKADODEまでご相談くださいませ。

0120-966-926
簡単LINE見積もりはこちら 無料見積もりフォームはこちら
0120-966-926
無料見積もりフォームはこちら 簡単LINE見積もりはこちら

実家整理のご依頼事例

実家の整理作業前
実家の整理作業後

スタッフからのコメント

実家の整理をしてほしいとのことでご依頼いただきました。すでに荷物をまとめていただいていたので、スムーズに作業が進みました。実家の整理にお困りの方はお気軽にご相談ください。

主な回収品目
服、布団、椅子など
作業時間
50分
ご利用エリア
長崎県長崎市周辺

実家整理のご依頼事例

実家の整理作業前
実家の整理作業後

スタッフからのコメント

実家の不用品を回収してほしいとことでご相談いただきました。自治体では粗大ゴミを捨てる際に分別しなければいけませんが、当社にお任せいただければスタッフが仕分けから運搬まで全ての作業を行います。

主な回収品目
棚、服、書籍など
作業時間
65分
ご利用エリア
岡山県備前市周辺
KADODEの生前整理・遺品整理の実績をチェック!

まとめ

実家の片付けについて、片付けるタイミングや片付ける方法など、詳しくご紹介いたしました。

親が亡くなってからの遺品整理はすごく大変と分かっていても、なかなか生前に取り掛かれない方も多いことかと思います。

しかし、親が元気なうちに少しでも片付けを進めておくことが大切です。

 

この記事を見に来られたということは、少なくとも現在実家の片付けについてお悩み中なのでしょう。

KADODEはそのような方々のご相談にも丁寧に対応させていただきますので、いつでもお気軽にご連絡くださいませ。

EXAMPLE

不用品回収例

単品からOK!

など、様々な不用品処分
ご活用いただけます。

下記のような場面でお役立てください! 下記のような場面でお役立てください!
AREA

対応エリア

areaページ地図

四国地方

0120-966-926
簡単LINE見積もりはこちら 無料見積もりフォームはこちら
0120-966-926
無料見積もりフォームはこちら 簡単LINE見積もりはこちら
↑