不用品・粗大ゴミ回収なら24時間365日受付のKADODE!

KADODE 24時間365日受付中!0120-966-926
COLUMN

ゴミ屋敷の住人は女性が多い?理由と対処方法を徹底解説!

ゴミ屋敷の住人は女性が多い?理由と対処方法を徹底解説!
 

ゴミ屋敷は男性よりも女性の方が多いと言われています。それは、一体なぜなのか今回の記事でわかりやすく解説していきます。自分には関係ないと思っていても身近なところで起きる現象とも言われるでしょう。今回は、分かりやすく割合・比率も出してみました。

 

ネットやTVなどでよく耳にする“ゴミ屋敷”ですが、他人ごとのように「自分には関係ない」だとか「ゴミ屋敷になってしまうなんて考えられない」と思っている人もいるかもしれません。
 
家の外から見ただけではゴミ屋敷かどうかを判断することはできないだけで、実はあなたのまわりにもゴミ屋敷で悩んでいる人がたくさんいるかもしれないのです。そんな困ったゴミ屋敷ですが、実は男性よりも女性の方が多いと言われています。その理由や対処法について、詳しく説明していきます。もしかしたらあなたもゴミ屋敷予備軍かもしれません。

不用品回収の料金
0120-966-926
簡単LINE見積もりはこちら
無料見積もりフォームはこちら
不用品回収の料金 0120-966-926
無料見積もりフォームはこちら 簡単LINE見積もりはこちら

ゴミ屋敷に女性が多いのはなぜ?

ゴミ屋敷に女性が多いのはなぜ?
 
ここからは、なぜ女性が多いのかわかるようになっています。そして、男性と女性の差なども分かります!

 

部屋の片付けが苦手というと男性をイメージする人が多いのではないでしょうか。事実、面倒くさがりですしゴミを散らかすのは男性の方が多いと思っている人は少なくありません。確かに部屋を綺麗に保ったり工夫して片付けたりするのは女性の方が得意です。
 
ですがゴミ屋敷まで状態がひどくなってしまうのは女性の方が断然多いといわれています。ゴミ屋敷の割合は男性は40%前後女性は60%前後にもなり、人数に倍近くの違いがあるのです。
 
どうして女性の方がゴミ屋敷になりやすいのかについてですが、「物への執着心」「買い物好き」な人が多いのが原因ではないかと言われています。例えば女性の場合はストレスの発散を買い物にしてしまっている人も多く、日頃のフラストレーションを解消するために過度な買い物をして家の中の物が増えすぎてしまっていることがあるのです・・・。

 

ゴミ屋敷で暮らしている女性の特徴5選

ゴミ屋敷で暮らしている女性の特徴
 
なぜ、女性は片付けられないのか。女性の中でもある特徴があります。

キャリアのある女性

ゴミ屋敷で生活している人と聞くとテレビで取り上げられていそうな高年の男性を思い浮かべる方も多いかもしれません。しかし、ゴミ屋敷になりやすいのはキャリアのある女性です。
 
仕事に真面目に取り組んでいるので家も整理整頓しているイメージがありますが、看護師のように夜勤のある仕事だとゴミを出せなかったり、掃除をする時間を取れなかったりするためゴミ屋敷化してしまうようです。

 片付けが苦手な女性

掃除に苦手意識のある女性は片付けを後回しにして、ゴミを捨てなかったり部屋が散らかっていてもそのままにしたりする傾向にあります。部屋の散らかった状態でいると、掃除をせずに生活するのが当たり前となり、ゴミが溜まっていってしまいます。

 ものを処分できない女性

ものを大切にして捨てられない人もゴミ屋敷になってしまう場合があります。まだ使用できそうなものや、いつか使うかもしれないものをとっておくので、家の中のものが増え続けてしまいます。
 
大半のものは持っていても使わないことが多く、収納しきれなくなりゴミ屋敷化してしまうようです。

ストレスを抱えている女性

私生活や仕事でストレスを抱えている女性もゴミ屋敷になってしまうことがあります。ストレスにより片付けをする余裕がなくなっていきます。過度なストレスを受けると、精神疾患により掃除や料理など何事にもやる気が起きなくなる人もいるようです。
 
また、ストレス発散で衝動買いを繰り返し、ものが増えすぎてゴミ屋敷になってしまうこともあります。ストレスを溜め込みすぎると、普段の生活を送ることが難しくなりゴミ屋敷化してしまいます。

時間がない女性

仕事が忙しく時間がないことも、ゴミ屋敷につながる原因となります。食事はコンビニで済ませ容器を処分せず、そのまま寝て仕事に出勤するという行動が習慣化すると、ゴミが散らかったり、虫が出たりしてしまいます。

 

ゴミ屋敷で生活すると何が危険?

ゴミ屋敷で生活すると何が危ない?
 
部屋がゴミ屋敷のように散らかった状態で生活していると何が危ないのでしょうか。ゴミ屋敷で暮らすリスクをご紹介します。

悪臭に違和感を感じなくなる

お弁当の容器や食材をのせたお皿を放置すると、悪臭が発生します。最初のうちは臭いと感じるものですが、時間が経つにつれて悪臭に慣れていきます。洋服や身につけるものに臭いが気づかず、持ち歩いてしまうこともあるでしょう。
 
知り合いや近所の人に悪臭で不快感を与えているかもしれません。

虫が発生する

ゴミを放置すると悪臭だけでなく、害虫も発生します。害虫が繁殖しているにもかかわらず放置してしまうと、自分だけで片付けることが難しくなります。専門業者に害虫を駆除してもらい、掃除をしなければいけません。
 
害虫は感染症や病気を引き起こす原因にもなりうるため、健康を害することがあります。

火災が発生する

ゴミ屋敷は色々なものが床に散らばっているため、意図せず発火物に衝撃を与えて火災になることもあります。火が起こってしまうと燃え広がりやすいので、自分だけでなく近隣の人の命を奪うことになりかねません。

女性のゴミ屋敷の対処策を解説

〜ゴミ屋敷の対処策を解説〜

 
ここからは、ゴミ屋敷になってしまったときの対処法をご紹介します。部屋が散らかりつつあるけど、何から始めればいいかわからないといった方もぜひ参考にしてくださいね。

ゴミ屋敷化している場所を自分で片付ける

ゴミ屋敷化している範囲が狭ければご自分で片付けられます。いきなり部屋のものを全て片付けようとすると、途中で挫折してしまうこともあるので、まずはものを捨てるところから始めましょう。
 
複数の部屋にゴミが散乱しているときは量が多く、ご自分で片付けるのが難しいかもしれません。悪臭や害虫が発生している場合は、殺虫剤で駆除してからものを処分していきましょう。
 
ペットボトルやプラスチック容器など明らかにごみといえるものから対応していくと、作業を進めやすいです。処分するか悩みものは保留にしておきましょう。

家族や友人に手助けしてもらう

人を家にあげるのは抵抗があるといった方も多いかもしれません。しかし、ゴミ屋敷をそのままにしておくと健康を害する危険性もあるため、早急な対応が必要です。
 
自分で掃除するのが困難であれば、家族や友人に手伝ってもらうと良いです。一人では数時間から数日かかる作業でも、数人で進めれば短時間で元の状態になります。
 

ゴミ屋敷を隠して専門業者に依頼する方法も

ゴミ屋敷の状態を身近な人に知られたくないといった方は、専門業者に依頼する方法もあります。害虫が発生していたり、水回りが使用できない状態だったりするときは、自分で対応することは大変難しいです。
 
男性スタッフに担当してもらうのに抵抗があれば、女性スタッフが在籍している業者を選ぶと良いです。専門業者にお願いするときは、費用相場を把握するため相見積もりをとりましょう。

 

料金以外のサービス面や接客態度も比較し、安心して依頼できそうな業者を選ぶことをおすすめします。ゴミ屋敷になってお困りの方は、まずはお気軽にご相談ください。

ゴミ屋敷の住民にならないための予防策

仕事や家事に忙しい女性は誰でも、ゴミ屋敷になる可能性があります。ゴミ屋敷の住民にならないためにも、以下の3つのポイントを気をつけましょう。

生活習慣を見直す

片付けが苦手な方や片付けにかけられる時間がない方は、生活習慣を見直しましょう。職場に近い場所に引越して時間を作ったり、片付けをする時間を作るなど、時間の使い方を見直すとゴミ屋敷を防げます。
 
自分で掃除ができない場合は実家で暮らしたり、家事代行サービスを依頼したりすると良いでしょう。片付けに手が回らなくなるとゴミ屋敷になってしまうので、時間の使い方を変えることが大切です。

買い物の仕方を変える

買い物の仕方を変えるのも効果的な方法です。衝動買いで必要以上に物を購入してしまう方は少なくないでしょう。ネットショッピングを控えたり、使用する上限額を決めたりなどルールを定めると、物が増えづらくなりゴミ屋敷化を防止できます。
 
物を買わないようにすると本当に大切なものにお金をかけることができるので、自分が重視しているものがわかります。衝動買いや無駄遣いが多い方は買い物の仕方を変えてみましょう。

小さなことを始める

何に対してもやる気が出なかったり、心理的ストレスを抱えてゴミ屋敷化しそうな場合は、小さなことを始めてみましょう。散歩をする、本を読む、友達と出かけるなど好きなことに時間を使うと、気持ちがスッキリするかもしれません。
 
一人で悩みを抱えてしまうと、気持ちがふさぎ込んでしまい状態が悪化していきます。過度なストレスを受け続けていると、精神疾患になっている可能性もあります。
 
普段とは明らかに状態がおかしいと感じる場合は、通院したりカウンセリングを受けたりすることで精神的に安定するでしょう。

EXAMPLE

不用品回収例

単品からOK!

など、様々な不用品処分
ご活用いただけます。

下記のような場面でお役立てください! 下記のような場面でお役立てください!
AREA

対応エリア

areaページ地図

東北地方

WEB割りキャンペーン
0120-966-926
簡単LINE見積もりはこちら 無料見積もりフォームはこちら
0120-966-926
無料見積もりフォームはこちら 簡単LINE見積もりはこちら
↑