不用品・粗大ゴミ回収なら24時間365日受付のKADODE!

KADODE 24時間365日受付中!0120-966-926
COLUMN

ゴミ屋敷と病気の関係性とは?考えられる6つの病気を徹底解説

ゴミ屋敷と病気の関係性とは?考えられる6つの病気を徹底解説

お客様1
お客様1
気付いたら家がゴミ屋敷になっている
お客様
お客様
家がゴミ屋敷になる原因って病気なの?

本記事ではこういった疑問をお持ちの方に向けて、ゴミ屋敷と病気の関係性や原因となる病気について詳しく解説していきます。片付けが単純に苦手という方もいるかとは思いますが、全く片づけられずにゴミ屋敷というレベルにまで行ってしまうと病気が原因の可能性があります。
 
ぜひとも本記事を参考にしていただいて、ゴミ屋敷と病気の関係性を理解して、家を綺麗にしていただければと思います。どうしても家を片づけられないという方には、とっておきの方法をお伝えしますので、ぜひとも最後までご覧くださいね。
 

今すぐゴミ屋敷の清掃を依頼する!

 

ゴミ屋敷は病気が原因となっている可能性もある

ゴミ屋敷は病気が原因となっている可能性もある
 
冒頭でも紹介したように、ゴミ屋敷は病気が原因となっている可能性があります。多くの片付けが苦手な方は、単純に片づけるのが面倒で家が散らかってしまいます。
 
ですが通常であれば、虫が出たり臭いがキツくなったりと、一定のレベルになった時点で危機感を感じてある程度は部屋を片づけます。
 
そのため、虫が出たり悪臭がする、いわゆるゴミ屋敷という状態になっても部屋を片づけないという心理状態の人は、何らかの精神的な病気を患っている可能性があります。
 
そのまま放置していても良いことは無いので、次の章で紹介する病気の種類を確認しておきましょう。

ゴミ屋敷の原因として考えられる6つの病気

ゴミ屋敷の原因として考えられる6つの病気
 
では早速、ゴミ屋敷の原因として考えられる6つの病気を解説していきます。

  1. 認知症
  2. 統合失調症
  3. うつ病
  4. 強迫性障害
  5. セルフネグレクト
  6. ため込み症

それぞれ見ていきましょう。

認知症

認知症とは、さまざまな原因によって脳の神経細胞が減少・破壊され、日常生活に支障をきたしてしまう症候群です。正式には病気ではなく、症候群という位置づけで認知症になる原因ははっきりとしていません。
 
認知症にはさまざまな症状がありますが、代表的なものに認知能力の低下があげられます。認知能力が低下することで、ゴミとゴミではない物の区別がつかなくなり、どんどん物が溢れてしまいゴミ屋敷ができてしまいます。
 
認知症としては軽度の段階でこういった認知能力の低下が現れてくるため、周囲からは気付かれにくいという特徴があり、はやめの対処が必要になります。

統合失調症

統合失調症は、幻覚や妄想という症状が現れる精神疾患です。100人に1人がかかるといわれており、原因は現在の所わかっていません。
 
妄想・極端な思考から、健康な人からするとわけのわからない理由でゴミを集めるようになってしまい、ゴミ屋敷ができてしまいます。
 
人からは理解されにくい症状なだけあって、周囲からは距離を置かれてしまうことが多いです。そのため、周りから受診を勧められる機会が少なく、そのまま症状が悪化してしまう危険性があります。
 
症状が進行して悪化してしまう前に、医療機関へ受診をしに行きましょう、

うつ病

うつ病は、一言でいえば脳のエネルギーが欠乏した状態になる病気です。うつ病になると眠れなくなったり、食欲が無くなったり、いわゆるやる気というものが無くなります。
 
そのため家事をする気が無くなり、家のゴミを片づける、ゴミ袋を出す、分別をする気が無くなるというケースが多くなり、ゴミ屋敷ができてしまいます。
 
はっきりとした原因は判明していませんが、仕事のストレスや、慢性的な疲労、人間関係のトラブルなどで発症することが多いです。
 
「なんだかやる気が起きない」「いつまでたっても動けない」「寝ても疲れが取れなくてだるい」このような方は精神科へ行って診断してもらいましょう。

強迫性障害

強迫性障害は自分の意に反して、さまざまな行動を繰り返してしまう病気です。代表的な症状として以下のようなものがあります。

  • 鍵をかけたか何度も確認してしまう
  • 何度も自分の手を洗ってしまう

このように、自分の意とは反してさまざまな行動を繰り返してしまいます。なかには「意に反してゴミを集めてしまう」という症状が現れることもあり、ゴミ屋敷を作る原因となってしまいます。
 
最初は症状が軽くても、気が付いたら悪化していることが多いので、異変を感じたら早めに心療内科・精神科へ行きましょう。

セルフネグレクト

セルフネグレクトは、簡単に言えばすべてがどうでも良くなるという状態のことを指します。この状態になると、家にゴミが貯まって悪臭がしようと虫が出ようと、気にならなくなりゴミ屋敷ができてしまいます。
 
症状が進行してしまうと、生きること自体がどうでも良くなってしまいますので、すぐに精神科や心療内科へ受診しに行ってください。

ため込み症

ため込み症は簡単に言えば、物を捨てることを嫌がり不要なものを集めてしまう病気です。物に対する執着が強く、自分が病気だということを認められないため、なかなか治療に踏み込むことができません。
 
物を捨てることを嫌がったり、不要な物を集めること自体に罪はありませんが、ゴミ屋敷レベルになると近隣住民に迷惑がかかったり、主なるトラブルが起きる可能性が高いです。
 
人に迷惑をかけないためにも、早めに精神科へ受診をして治療をしてもらいましょう。

ゴミ屋敷と関わりのある2つの発達障害

ゴミ屋敷と関わりのある2つの発達障害
 
続いてゴミ屋敷と関りのある発達障害を2つ紹介します。

  1. 自閉スペクトラム症
  2. ADHD

これらについても詳しく見ていきましょう。

自閉スペクトラム症

自閉スペクトラム症とは68人に1人の割合で起きる神経発達障害の一種です。ゴミ屋敷となる直接的な原因ではありませんが、自閉スペクトラム症が世間に認知されていないという生き辛さから、うつ病やセルフネグレクトを起こしてしまいます。
 
そこから無気力になってゴミ屋敷ができてしまう可能性があります。 自閉スペクトラム症は完治が難しいので、うつ病やセルフネグレクトにならないようにすることが大事です。

ADHD

ADHDは不注意や落ちつきのなさが特徴の発達障害の1つです。成人でも3%から4%が該当すると言われています。
 
不注意が多いという特徴から、ゴミを出すのを忘れてしまったり、家事がうまくできなかったりするため、ゴミ屋敷ができてしまうことがあります。
 
本人としては「片づけたい」という意思があるので、定期的に周囲の人に協力をしてもらうなどして、ゴミ屋敷にならないように気を付けましょう。
 
参考:Docors File

ゴミ屋敷に関する病気を克服するには?

ゴミ屋敷に関する病気を克服するには?
 
ゴミ屋敷の原因が病気に関係している場合、医療機関を受診することをおすすめします。病気にかかるとご自身で気づくことも治療することも困難です。
 
病気を放っておき、命に関わる状態に発展するケースも少なくありません。周囲の人は医師の話を聞いてから対処方法を検討していきましょう。
 
本人の代理として家族が受診することができる病院もあります。病気の可能性があるときは迅速な対応を心がけてください。
 
病気と診断されたときは担当医の指導のもと、カウンセリングや行動療法で治療していきます。発達障害は生まれつき現れる症状なので、周りのサポートが大切です。

ゴミ屋敷での生活を続けると病気になる危険性も

病気が原因でゴミ屋敷になることもありますがその一方、ゴミ屋敷で生活を続けていて病気になってしまう人もいます。
 
たとえば喘息、感染症、湿疹、食中毒になる方がいます。部屋を掃除しないと虫が発生したり、ほこりやちりが溜まったりして健康的な生活が送れなくなります。
 
高齢者の方は足の踏み場がなくなり、転倒事故につながる恐れもあるのでゴミ屋敷になりかけている方は早急に対応しましょう。

ゴミ屋敷の清掃はKADODEにお任せください!

手の付けられなくなったゴミ屋敷の清掃はぜひともKADODEにお任せください。KADODEでは24時間365日対応可能です。近所から異臭のクレームが来ないか心配な方は、夜間の清掃も可能ですよ。
 
ゴミの回収後は床の掃き掃除・拭き掃除も行います。また女性の方で中をみられるのが嫌という方は、女性のスタッフが作業いたします。
 
真摯に対応させていただきますので他にお悩みがある方も、まずはお気軽にお問い合わせください。
 

KADODEのゴミ屋敷の清掃実績をチェック!

 

まとめ

本記事では、ゴミ屋敷と病気の関係性について紹介していきました。ただ、ゴミ屋敷ができた原因が病気と関係があろうと無かろうと、ゴミ屋敷は片づけるほかありません。
 
ゴミ屋敷があることによって病気が悪化する可能性もありますので、病院に受診後はゴミ屋敷の片づけを行ってくださいね。
 
自分では手が付けられない状態になっているのであれば、ぜひともKADODEにご相談いただければと思います。ゴミ屋敷を綺麗にして、心もすっきりして過ごしましょう!

EXAMPLE

不用品回収例

単品からOK!

など、様々な不用品処分
ご活用いただけます。

下記のような場面でお役立てください! 下記のような場面でお役立てください!
0120-966-926
簡単LINE見積もりはこちら 無料見積もりフォームはこちら
0120-966-926
無料見積もりフォームはこちら 簡単LINE見積もりはこちら
↑