不用品・粗大ゴミ回収なら24時間365日受付のKADODE!

KADODE 24時間365日受付中!0120-966-926
COLUMN

足立区の粗大ごみの出し方や手順をご紹介!回収日・手数料一覧・お得な処分方法も!

足立区の粗大ごみの出し方
 
家族が増えた時や引っ越しをする時には、大きなごみが出やすくなります。無料で捨てられるものもありますが、サイズや種類によっては粗大ごみとして出さなければなりません。新しいライフスタイルを始めるためにも、粗大ごみを部屋の中に放置しておくわけにはいきません。

 

ここでは、足立区にお住いの方に向けて、粗大ごみの処理方法をご説明します。粗大ごみの出し方から自治体を利用しない処分方法まで徹底解説していきます。

 


不用品回収の料金
0120-966-926
簡単LINE見積もりはこちら
無料見積もりフォームはこちら
不用品回収の料金 0120-966-926
無料見積もりフォームはこちら 簡単LINE見積もりはこちら

【足立区】自治体の粗大ごみの出し方

【足立区】自治体の粗大ごみの出し方

 

東京23区の北部に位置する足立区は、公園が多く緑に囲まれた街として親しまれています。荒川などの水辺が広がっており、休日は家族連れでにぎわっています。駅前には商業ビルが立ち並び、食料品や衣類の買い物に便利である一方、古き良き時代の風景も楽しむことができる街となっています。

 

都心から少し離れているため物価が安く、大学の開校もあって若い世代が多く転入してくる足立区では、粗大ごみが出やすくなっています。足立区での粗大ごみの回収方法について解説します。

 

無料で回収するごみの条件

足立区で無料回収できるごみの条件は、一辺が30センチメートル未満のごみになります。30センチメートルを超えるものは粗大ごみの対象になりますので、事前の申し込みとごみ処理券の購入が必要になります。

 

足立区での粗大ごみの戸別収集の方法

 

足立区で粗大ごみを出す場合は、事前に粗大ごみ受付センターに連絡する必要があります。足立区での粗大ごみの戸別収集の流れは以下のようになります。

 

  1. 電話かインターネットで申し込む
  2. コンビニエンスストアやスーパーでごみ処理券を購入する
  3. ごみ処理券に必要事項を記入し、対象の粗大ごみに貼る
  4. 決められた回収日に指定場所へ粗大ごみを出す

 

申し込む際には、粗大ごみの種類やサイズを伝える必要がありますので、申し込みをする前に確認しておきましょう。

 

粗大ごみ処理券の値段

足立区の粗大ごみ処理券は2種類の値段があります。

  • 200円の粗大ごみ処理券
  • 300円の粗大ごみ処理券

 

足立区の粗大ごみ処理券は、コンビニエンスストアやスーパーで購入が可能です。学校帰りや会社帰りに買い物のついでに粗大ごみ処理券を購入することができます。以下に粗大ごみ処理券を取り扱っている販売店の情報がありますので参考にしてください。

 

出典:有料ごみ処理券・有料粗大ごみ処理券取扱所一覧

 

足立区では、200円と300円の粗大ごみ処理券を用意しています。粗大ごみの処理手数料によって処理券を組み合わせて購入sます。800円の手数料が必要な粗大ごみの場合は、300円の粗大ごみ処理券を2枚と200円の粗大ごみ処理券を1枚購入して粗大ごみに貼り付けます。

足立区で粗大ごみを施設に持ち込める?

足立区では粗大ごみを施設に持ち込むことができます。施設に持ち込む際には、持ち込み日の3日前までに申し込みが必要になります。週末は特に混みあいますので、余裕をもって申し込むようにしましょう。混みあっている場合には、想定していた日にちで予約できない場合がありますので注意してください。

 

足立区の区民しか指定の場所に持ち込めないため、持ち込む際には運転免許証などの身分証明書が必要です。また、1世帯あたり年間に2回、10個までの制限があるため、計画的に粗大ごみの処理を検討するようにしましょう。

【足立区】粗大ごみ持ち込み場所
持ち込み場所 住所 受付時間
白井運輸(株) 足立区鹿浜三丁目28番7号 年中無休(年末年始を除く)午前9時から午後4時まで
(株)新井商店 足立区北加平町8番26号 土曜日・日曜日・祝日のみ(年末年始を除く)午前9時から午後4時まで

持ち込みした粗大ごみは、自分で車から下ろさなければなりません。大型のごみを積み込みした場合には、車から下ろせることを想定して持ち込まなければなりません。粗大ごみの持ち込み場所が混雑することもあるため、時間には余裕を持っていきましょう。

【料金表】足立区の粗大ごみの品目別手数料一覧

足立区では粗大ごみの品目(種類)によって手数料が違います。事前に粗大ごみの値段を確認しておくために、代表的な粗大ごみの品目別手数料をまとめます。

【足立区】品目別手数料一覧
品目 手数料
ふとん 400円
衣装箱(衣装ケース) 400円
いす 400円
ガステーブル 400円
ストーブ 400円
電子レンジ 400円
畳(1畳) 1,200円

足立区では、対象のごみが粗大ゴミかどうかが分かるように一覧表が用意されています。粗大ごみを申し込む前には、無料回収できるごみなのか、また有料の粗大ごみの場合は手数料がいくらになるのかをチェックしておきましょう。

 

出典:これは何ごみ?(粗大ごみ料金表)

 

足立区での粗大ごみ処分:申し込み方法は2種類

足立区での粗大ごみ処分:申し込み方法は2種類

 

足立区で粗大ごみを処理する方法は、2種類あります。

 

  • 電話での申し込み
  • インターネットでの申し込み

 

それぞれの申し込み方法と注意点についてまとめます。

電話で申し込む方法と注意点

足立区の粗大ごみ 電話での申し込み方法
電話番号 03-5296-7000
受付時間 8時から19時まで
休日 日曜日(祝日は運用)
対応言語 英語での対応が可能

年末年始や3月~4月の引っ越しシーズンは混みあいます。また月曜日も電話がつながりにくくなっているため、足立区ではインターネットでの申し込みを推奨しています。余裕を持った申し込みをしましょう。

インターネットで申し込む方法と注意点

足立区では、インターネットで粗大ごみの申し込みが可能です。電話だとつながりにくい時間帯があったり、混みあっていてつながらない場合があります。インターネットであればメンテナンス時間以外は24時間受付可能なので、積極的に利用していきましょう。

足立区の粗大ごみ インターネットでの申し込み方法
受付URL https://sodai.tokyokankyo.or.jp/Sodai/V2Index/0/0
受付時間 24時間
受付個数 最大10個まで(11個を超える場合は電話で受付)

メールアドレスを登録後、返信メールにて粗大ごみの申し込みを完了させます。
 

出典:粗大ごみ受付センター

 

粗大ごみを外に運び出すことができない65歳以上の高齢者の方や障害をお持ちの方は、職員のサポートを受けることができます。その場合は、インターネットでの申し込みではなく電話で申し込むようにしてください。

足立区で回収しないものと処分方法

足立区で回収しないものと処分方法

 

足立区では、自治体で回収できない粗大ごみがあります。足立区で回収できないものは事前に省くようにし、不明点や迷うことがあれば事前に問い合わせして確認しておきましょう。足立区で回収しないものについて解説していきます。

家電リサイクル法の対象品目とパソコン関連

足立区では、家電リサイクル法の対象品目(ブラウン管・液晶・プラズマテレビ、エアコン、冷蔵庫、冷凍庫、洗濯機、衣類乾燥機)とパソコンは回収できません。

足立区で処分が困難なもの

会社や商店から排出されたごみは、「事業活動により生じたごみ」として扱うため自治体での回収ができません。専用の業者に依頼するようにしてください。また、ひどく異臭がするものや危険物の回収もできません。

自転車のリサイクル

足立区では、不要になった自転車を無料で引き取ってもらうことができます。自転車を買い替える際に、販売店で引き取ってもらうと手数料がかかることがあるため、足立区の自転車無料の引き取り制度はとてもお得です。お子さんが大きくなって大きめの自転車を購入する場合や、古くなって新しい自転車が欲しくなった場合に活用できます。

 

引き取り可能な自転車には以下の条件があります。

 

  • 防犯登録ができる自転車(電動自転車・大人用三輪車を含む)
  • パンクしている自転車や、故障している自転車
  • 自転車のパーツのみでも対応可能

防犯登録ができないもの(一輪車や子供用三輪車などの玩具)や不法投棄された自転車は引き取りができないので注意してください。

 

出典:ご家庭で不用になった自転車を引き取ります

足立区の自治体サービス以外で粗大ごみを処分する方法

足立区の自治体サービス以外で粗大ごみを処分する方法

 

足立区の自治体サービス以外で粗大ごみを処分する方法を解説します。足立区で回収する場合は、指定日に合わせて準備しなければなりませんし手数料もかかります。引っ越しやリフォームなどで大型ごみが大量に出る際には、自治体以外のサービスを検討しましょう。

自治体サービス以外では、以下のような粗大ごみの処分方法があります。

 

  • リサイクルショップで売却する
  • 専門の販売店で引き取りを依頼
  • 不用品回収業者に依頼する

 

それぞれの処理方法について解説していきます。

リサイクルショップで売却する

粗大ごみの中でも状態が良いものであれば、リサイクルショップで売却することができます。処理手数料は無料で、捨てようとしていたごみから収入を得ることができます。商品によっては高額の値がつくこともあります。

 

ただし、リサイクルショップに持ち込んだ結果、値段がつかないリスクも想定しておきましょう。一度に持っていくのではなく、おおよその相場を知るところから始める方法もあります。

専門の販売店で引き取りを依頼

家電リサイクルの対象商品は、専門の販売店で引き取る方法がおすすめです。家電を買い替える際には、古い家電を引き取ってもらいます。家電によってリサイクル料金が変わりますので、購入する際に確認するようにします。

 

ソファやタンスなどの大型のごみも家電同様、買い替える際に引き取ってもらうことができます。粗大ごみに出す前に、新しい家具を購入検討するのもいいでしょう。販売店によっては、ソファを購入した際に違う商品であるタンスを引き取ってもらうサービスをしてくれるところもあります。引き取り手数料はかかってしまいますが、大型の粗大ごみは自治体で回収できないので活用の価値があります。

不用品回収業者に依頼する

粗大ごみの処分には、不用品回収業者を活用できます。不用品回収業者を活用するメリットは、時間と量を気にしなくても良い点です。

 

自治体の場合は、申し込んだ後に指定の場所と時間に出さなければなりません。仕事がある人は、時間の調整をしなければならない場合もあるでしょう。不用品回収業者であれば、申し込んだ当日に回収してもらえる場合があります。自分のライフサイクルに合わせて粗大ごみの処分が可能になります。

 

また、リサイクルショップのように買取できる粗大ごみを選別してくれます。リサイクルショップに粗大ごみを持ち込む手間がなく、回収業者がその場で値付けをしてくれます。

 

引っ越しなどで大量の粗大ごみが出る場合も回収業者が便利です。不要なものを量に関係なく持ち出してくれますので、1日で部屋の中の粗大ごみを無くすことができます。

粗大ごみ回収はKADODEがおすすめ

KADODE
 

粗大ゴミ回収を不用品回収業者に依頼したいけど、どこにすれば良いのか迷っていらっしゃるなら、KADODEがおすすめです。

KADODE相談係
KADODE相談係
24時間365日電話でのご依頼を受け付けています。お客様の都合に合わせて作業日程を選べますので、お忙しい方にもおすすめです。

 

KADODEを利用するメリットは、定額パックで料金が分かりやすい点です。トラック積み放題の定額プランが豊富で、1立方メートルのカゴ車詰め放題から4tトラック積み放題までさまざまな量の不用品に対応しています。

 

KADODEならゴミの量に合わせて積み放題プランを選択できるため、コスパの良いサービスを選ぶことができます。

 

エアコンや洗濯機など取り外し工事が必要なものも無料で取り外しています。定額パックには他社では別途料金となるスタッフ追加料金や掃除作業費も含まれており、とてもお得です。

 

KADODEがおすすめの理由は次のとおりです。

  • 24時間365日電話受付・作業をしている
  • 出張による見積もりが無料で、キャンセルも可能
  • 料金が明確で、追加料金がかからない
  • 口コミでも高評価で、リピーターが多い

>>>KADODEの不用品回収プランをチェック!<<<

まとめ

足立区での粗大ごみの処理方法や回収条件、申し込み方法を解説してきました。自治体での回収サービス以外にも、リサイクルショップや不用品回収業者に依頼する方法があります。

 

家族が増えた時や部屋の模様替えをして心機一転を図りたい場合、また引っ越しの際などには、粗大ごみの量と生活スタイルを照らし合わせて自分にあった粗大ごみの処理方法を選択してください。

EXAMPLE

不用品回収例

単品からOK!

など、様々な不用品処分
ご活用いただけます。

下記のような場面でお役立てください! 下記のような場面でお役立てください!
AREA

対応エリア

areaページ地図

北海道地方

WEB割りキャンペーン
0120-966-926
簡単LINE見積もりはこちら 無料見積もりフォームはこちら
0120-966-926
無料見積もりフォームはこちら 簡単LINE見積もりはこちら
↑