不用品・粗大ゴミ回収なら24時間365日受付のKADODE

KADODE 24時間365日受付中!0120-966-926
COLUMN

遺品整理にかかる料金相場、安くする方法、業者の選び方を解説

遺品整理タイミングサムネイル

この記事では、遺品整理の料金にまつわる知識を詳しく解説します。

  • 遺品整理を業者に依頼したいが料金の目安が分からない
  • 遺品整理の費用を抑える方法を知りたい
  • 自分で遺品整理を行った場合と業者に任せた料金の違いを知りたい

という方のために、わかりやすくお伝えします。

遺品整理の料金相場っていくら?

遺品整理料金相場

以下の表は部屋の間取り別にした、遺品整理業者の全国平均料金相場です。

遺品整理の全国平均料金相場
1R、1k、1DK、1LDK 4万~11万円
2DK、2LDK 12万円~16万5000円
3DK、3LDK 18万円~30万円
4LDK~ 20万~60万

これにプラスして、

  • 回収する遺品の量が多ければ料金は高くなる
  • 作業時間・内容・日程(急ぎの場合は、人件費などが必要な為、料金が高くなります)
  • お部屋が何階にあるか、エレベーターはあるかなどの家の周りの環境
  • 処分品目の種類
  • 遺品を運搬するトラックの大きさ・車両の距離
  • オプションサービスの有無

 

などによって料金が決まります。

特殊清掃などのオプション料金の目安

遺品整理料金オプション料金相場

遺品整理業者のオプションサービスの料金の目安は以下の通りです。

オプションサービスの料金相場
特殊清掃 約5万円~50万円、現場の状況、作業時間、作業内容によって異なります。
自動車・バイクなどの廃車手続きの代行。 約8000円〜
ハウスクリーニング 約1万円~、清掃する場所によって料金は異なります。
個別供養 約2万円~、合同供養は無料な業者が多い。
解体作業 2万円~、解体する坪の大きさによって異なります。

自分で遺品整理をした場合の料金

遺品整理料金自分で

遺品整理業者に任せないで、自分で遺品の中の不用品を処理する際にかかる費用です。

  • 有料粗大ごみ処理券の費用(自治体によって異なる)
  • ごみ袋代
  • 清掃が必要な場合、ほうき、雑巾などの清掃費

高くても合計費用は2000円~3000円以内で抑えることができます。

遺品整理業者の料金を安くするには?

遺品整理料金を抑える方法

遺品を整理しておく

遺品整理業者に依頼する前に、自分ができる範囲内で遺品を整理しておくことで、回収する遺品の量が減り料金が安くなります。

リサイクルできるモノを遺品整理業者に任せる

遺品の中にリサイクルできるモノがあれば、回収料金より差し引かれ、安くなります。

リサイクル可能なものの例は家電リサイクル法対象の4品目を除く、家電製品、家具、食器、紙、衣類などです。

業者、ネットまたは店舗で遺品を売る

遺品を整理していて、これはもう使えない・使わないだろうと思うモノで、売れるようなモノがある場合は、遺品整理業者から買い取ってもらい、回収料金から引くシステムとなっていますので費用をおさえることができます。

買取金額に不満な場合は、リサイクルショップ、ネットオークション、フリマサイトなどで売るという手段もあります。

また貴金属などは、プロの鑑定士がいる宝石店、質屋などで売れば高く買い取ってもらえるかもしれません。

遺品整理業者で高価買取が期待できる品目

  • 貴金属。
    特に有名ブランドの指輪、ネックレスなどは高価で買い取ってもらえる。
  • 時計。
    特にロレックスの時計は、その時によって価値が高騰したりします。
    ケースなどの付属品の有無によっても買取金額が上がるので、大事にとっておきましょう。
  • 将棋盤・囲碁盤。
    状態によってはかななり高値がつきます。
  • 着物。
    衣料品としてリサイクルに出すと安値で買い取られてしまいますが、買取に出せば高い値段で買い取ってもらえる可能性が高いです。
  • ゴルフ用品。
    ブランド、何でできているか(特に木製は高値)、状態によります。
  • お酒。
    特に洋酒、日本酒で年代物は数十万円で買い取ってもらえる。
  • パソコン。
    Apple社のパソコンは人気が高いので、古いモノでも高く買い取ってもらえる。

遺品整理業者に依頼する前に考えておきたいこと

基本的に遺品は遺族、親族、親しい間柄の人にとって、思い出深いモノや大切なモノだと思いますし、それを売ることは億劫な気持ちになると思いますので、よく考えてから売る・売らないの決断をしてください。

良い遺品整理業者の見分け方

遺品整理業者料金

遺品整理業者の良し悪しを見分けるチェックポイントをご紹介します。

悪質・違法な業者の特徴

  • 自治体の許可を得ていない業者。
    具体的にいうと、家庭系(生活系)一般廃棄物収集運搬業許可を持っていない業者は違法なので、HPを見て確認、業者に電話して確認するようにしましょう。
  • 見積り金額を正確に出さず、見積書の発行をしない業者。
    追加料金、別途費用が掛かることを、きちんと説明してくれない業者は、見積りで出した金額よりも高い金額を請求してくる業者の可能性が高いので気をつけましょう。
  • 遺品を強引に買取、処分しようとする業者。
    こういう業者は、価値のある遺品を安い値段で買い取って売るのが目的です。

良い遺品整理業者の特徴

  • 遺品整理士の資格を持ってる人がいる遺品整理業者。
    遺品整理業者を行うのに遺品整理士の資格は必須条件でないが、遺品整理士は、遺族の心に寄り添って遺品を丁寧に取り扱ってくれます。
  • ホームページに家庭系(生活系)一般廃棄物収集運搬業許可、遺品整理士が在籍しているか、スタッフの写真、作業の流れなどが明確に載っている遺品整理業者。
  • 見積り料金を明確に出す為に、見積りにかける時間を長くかけてくれるところ。
    できれば訪問見積りをしてくれる業者を選びましょう。
    なぜかというと、訪問に来たスタッフの服装、言葉遣いがきちんとしているかチェックするのも良い遺品整理業者のポイントだからです。

 

遺品整理にかかる料金相場のまとめ

いかがだったでしょうか。

KADODEには資格を取得した遺品整理士が多数在籍しており、真心込めて対応させていただきます。

この記事を読んでご興味を持っていただけましたら、是非お気軽にお問い合わせくださいませ。

EXAMPLE

不用品回収例

単品からOK!

など、様々な不用品処分
ご活用いただけます。

下記のような場面でお役立てください! 下記のような場面でお役立てください!
0120-966-926
簡単LINE見積もりはこちら 無料見積もりフォームはこちら
0120-966-926
無料見積もりフォームはこちら 簡単LINE見積もりはこちら
↑