不用品・粗大ゴミ回収なら24時間365日受付のKADODE!

KADODE 24時間365日受付中!0120-966-926
COLUMN

ゴミ屋敷ができるのはなぜ?7つの原因とその対処法を徹底解説!

7つの原因とその対処法

どうしてゴミ屋敷になっちゃうの?
お客様
お客様
お客様
お客様
ゴミ屋敷になったらどうすればいいの?

テレビのニュースにも取り上げられ、今や社会問題化されているゴミ屋敷。どうして、そのようにゴミ屋敷になってしまうのでしょう?

 

実は、そこに住む住人の環境から心的要因に至るまで原因はさまざま。この記事では、その原因を細かく解説し、ゴミ屋敷化してしまった場合の対処法をしっかりとご紹介していきます。

 

おうちがゴミ屋敷なりそうな方から、家族の家がゴミ屋敷になってしまっている方まで、なぜゴミ屋敷になってしまうのか原因と対処法をしっかりと知っておきましょう。

今すぐゴミ屋敷の片付けを依頼する!

0120-966-926
簡単LINE見積もりはこちら 無料見積もりフォームはこちら
0120-966-926
無料見積もりフォームはこちら 簡単LINE見積もりはこちら

ゴミ屋敷とは?

ゴミ屋敷ってどんな状態?

 

ゴミ屋敷という言葉には明確な定義はありませんが、不要な物が家の中や外にあふれ、生活できる空間がほとんどなく、人間の生活に適さない状態のことを指します。簡単に言えば、「家の中が足の踏み場もなく、ものであふれている状態」になるでしょう。
 

最近ではテレビのニュースやネットにも多く取り上げられることも多く、ゴミ屋敷という言葉も一般的に知られるようになりました。類似する言葉で「汚部屋」というものもあります。
 

これは一般的には「すごく散らかっている部屋」という認識ですが、ゴミが積み上げられ、害虫や悪臭が発生している状態になればゴミ屋敷と呼ばれるようになります。

自治体によってはごみ屋敷条例を制定している

ごみ屋敷条例を制定

自治体によって条例の内容は異なりますが、近隣住民からの申し出があると自治体が調査を行い、ゴミ屋敷とみなされると助言や指導、勧告が行われます。しかし、ゴミ屋敷の住人がそれらに従わない場合は命令を行い、それでも従わない場合は最終的に行政代執行が行われます。

 

行政代執行とは、命令や義務を果たさない住民に対し、行政機関が代行して強制的に撤去や排除を行うことです。この場合の費用は住居者負担です。また、指導や勧告に従わない場合は名前が公表されることもあります。
 
なお、ゴミ屋敷条例という名前は通称ですので、各自治体によって条例の名称が異なります。

ゴミ屋敷ができるのはなぜ?7つの原因をご紹介

ごみ屋敷条例を制定

お客様
お客様
ゴミ屋敷ができるのはなぜだろう…?住民の人はどうしてゴミを捨てないの?

ゴミ屋敷になってしまう原因はいくつかあります。そしてそれは誰にでも起こりうることですので決して他人事ではありません。
 
環境の変化などでゴミ屋敷化してしまうこともあります。その原因とは以下の7つです。

  1. 購入するものが多い
  2. もったいなくて物を捨てられない
  3. 片付ける時間がない
  4. 生活が不規則
  5. 注意してくれる人がいない
  6. 認知症
  7. 精神的な病気

ここではその7つの原因についてご説明します。

購入するものが多い

必要以上に物を買いすぎてしまえば家の中に物が増えていきます。多くはストレス発散を目的とする衝動買いによるものです。

 

購入した分、古いものを処分すれば物が増えずに済むのですが、ストレスが原因なので不用品を処分する気持ちが抑えられてしまい、結果的に物がどんどん増えることでゴミ屋敷になるパターンです。
 
この場合、購入したものを手放すことに不安を感じることが多く、もし単純に片付けただけだとその不安からまた衝動的にものを買ってしまい、元通りになってしまう可能性があります。

もったいなくて物を捨てられない

もったいないという心理によりゴミをため込んでしまい、ゴミ屋敷化することもあります。本人は物に対しての執着心が強く、周りの人がゴミだと思うものでも本人は「必要な物」「価値のある物」と認識しているため、捨てるのがもったいないので処分できません。

 

捨てられずに物がどんどん増え続けていき、結果としてゴミ屋敷になります。戦後の物が少ない時代を経験した方にこの傾向が多いようです。

片付ける時間がない

本人は片付ける気はあるのですが、仕事や育児や家事に追われてなかなかその時間がとれず、だんだんとゴミや物が増えていくパターンです。ゴミが溜まれば溜まるほど片付けに時間がかかるため、そのうち本人の手に負えなくなっていき、気が付けばゴミ屋敷状態に。

 

この場合は本人に時間がないだけで片付けようという気持ちはあるため、不用品回収業者などに片付けを依頼することで問題は解消されます。

生活が不規則のためゴミが出せない

夜間の仕事をしていたりすると、ゴミを出せる時間に家にいなかったり睡眠中だったりしてゴミが出せず家の中にゴミが溜まってしまうことがあります。

 

マンションなどで24時間いつでもゴミ出しができる環境なら問題ありませんが、そうでない場合はそのために中途半端な睡眠時間で起きてゴミを出たりとなかなか大変です。そのうちにゴミ出し自体が面倒になりゴミ屋敷化してしまうのです。

注意してくれる人がいない

自身で部屋にゴミが散らかっていると認識していない場合は、周りに注意してくれる人がいないと気付けません。これは一人暮らしで自宅に友達を呼ぶことのない方によく見受けられます。

 

また、普段から会社以外の人とほとんど会わず、会社と自宅の往復のみ、人とあまり会わない生活を続けていると、孤独な気持ちを埋めるためにゴミを溜め込むという行動に出ることがあります。
 
そのため、少しでも不安に感じたら友人や家族に相談することが大切です。

認知症

高齢になり認知症が進むと、同じものをたくさん買ってしまったり、ゴミ出しの日が分からなくなって部屋の中にゴミが溜まり、ゴミ屋敷と化してしまうことがあります。

 

同居している家族や定期的にヘルパーさんが訪れる場合はこのようなことは防げるのですが、そうでない場合は本人もゴミ屋敷化しているという認識が無くなっている場合もあるため、問題解消が難しくなります。

精神的な病気

ゴミ屋敷に住まわれている方は何らかの精神的疾患を抱えていると言われています。大事な人を亡くしてしまったために感じる喪失感やうつ病などによって、掃除をする、片付けなどの意欲が失われ、このような精神的要因がゴミ屋敷化の引き金になることがあります。

 

下記のリンク先にて詳しく説明しているので気になる方はこちらをご覧ください。
 
関連記事:ゴミ屋敷は病気が関係している?

ゴミ屋敷をそのままにするとどうなる?

ゴミ屋敷をそのままにするとどうなる?
 
ゴミ屋敷をそのままの状態にしておくとさまざまな弊害が起こります。住んでいる本人だけの問題ではなく、近隣住民とのトラブルにも発展しかねません。
 
また、命や健康にかかわることも。ゴミ屋敷をそのままにすると主に以下のようなことが考えられます。

  1. 病気になる恐れ
  2. 火災の原因

病気になる恐れ

ゴミ屋敷のような不衛生な場所は害虫・害獣の格好の住処。もちろんこれらは健康に悪影響を及ぼしますので、さまざまな病気にかかる可能性が高くなり危険です。

 

ゴミ屋敷で発生した害虫にはウイルスを媒介するするような虫もいるため、最悪それらが原因で命を落とすことも。また、害虫・害獣はゴミ屋敷の敷地外にも被害をもたらしますので、近隣の住民とのトラブルに発展する恐れもあります。

火災の原因

ゴミ屋敷にはたくさんのゴミがため込まれているため、ちょっとした火種で火災につながり、あっという間に燃え広がる可能性があるので危険です。
 
その場合、ゴミ屋敷に住む本人も火災に巻き込まれて亡くなることもありますし、助かったとしても近隣に延焼してしまうと損害賠償責任が発生するかもしれません。自身の命や財産を失う可能性があるのです。

ゴミ屋敷の原因を取り除くためにできること

ゴミ屋敷の原因を取り除く方法
 
ゴミ屋敷に住み続ける、またはゴミ屋敷を放置するとさまざまな問題を引き起しますので、できるだけ早急にその原因を取り除く必要があります。とは言え、実際にどうやって原因を取り除けばいいのでしょう?
 
ここではその方法を3つご紹介します。

  1. 友人や家族と一緒に片付ける
  2. 引越しをする
  3. 専門業者に依頼する

友人や家族と一緒に片付ける

片付けるということにおいて、友人や家族などの身近な人と一緒に片付けるということはとても効果的な方法です。一人では面倒で気が進まない人でも、誰かと一緒ならばやり遂げることも可能でしょう。
 
完全にゴミ屋敷化する前に片付けをはじめられればベストです。しかし、一旦ゴミ屋敷化してしまった家を片付けるのは大変です。ゴミを分別してゴミ袋にまとめ、家の外に運び出し、決められた曜日にゴミ出しをして、家の中の清掃。
 
特に慣れない方には気の遠くなるような作業に思えるかもしれません。その場合はあまり無理をされず、少しずつ進めていきましょう。
 
ご自身で片付けるための手順は下記のページにて詳しく説明しています。よろしければ参考にされてください。

関連記事:ゴミ屋敷を自力で片付ける方法

引越しをする

ゴミ屋敷の原因を取り除く手段として、引っ越しをするという選択肢もあります。ただし、ゴミをそのままにして引っ越しをするというわけではありません。

 

引っ越しをすることになれば、当然そのために荷物をまとめる必要があります。必要な物を段ボールなどに詰めて、今後使いそうものないもの、あまり使っていないものは思い切って処分してしまいましょう。

 

できるだけ少ない荷物で引っ越すことで、新居では物が少ない状態で暮らし始めることができますので、気分よく新生活をおくることができます。その後はできるだけ物をため込まないようにしましょう。

専門業者に依頼する

一人では片付けられない、引っ越しもしたくない場合は専門業者に依頼するの一つの手です。費用はかかりますが、プロの専門家が短時間で綺麗に片付けてくれます。

ゴミ屋敷を片付けられない場合は専門業者に依頼

片付けられない場合は専門業者に依頼

家がゴミ屋敷なってしまうと自身で片付けるのはかなり大変な作業です。もちろん不可能ではありませんが、大きな労力と長い時間がかかります。

 

しかし、業者にまかせることで早ければ数時間でゴミ屋敷だった家をきれいな状態にしてもらえます。ゴミの分別、運び出し、回収、清掃まですべてまかせられるので、依頼する側はゴミにふれることもありません。
 
そしてきれいになった家で心機一転、新しい生活をスタートできます。

再びゴミ屋敷にならないために

再びゴミ屋敷にならないために
 
物やゴミを片付けてせっかくきれいな気持ちのいい家に戻っても、また物が増えてゴミ屋敷になってしまっては元も子もありません。何か物を購入するときは、購入するものをしっかりと吟味し、できるだけ余計なものを購入しないようにしましょう。

 

忙しくてゴミがなかなか捨てられず溜め込んでしまう方は、時間に融通の利く不用品回収業者利用するといいかもしれません。今回ご紹介したように、ゴミ屋敷化する原因はさまざまですので、一概にこうしたほうがいいというような解決策はありませんが、できるだけこまめにゴミや使わないもの処分するのが得策です。

 

一方で、心的な部分に原因がある方は、できるだけストレスを溜めないように心掛け、異常を感じるようであれば早い段階で家族や友人、または医療機関に相談することをおすすめします。

ゴミ屋敷の片付けはKADODEにおまかせ!

ゴミが増えすぎてどこから手を付けていいかわからないゴミ屋敷の片づけは、ぜひKADODEにおまかせくださいませ。24時間365日ご対応可能で、すぐにでも現場に駆け付けます。
 
おうちの広さ、状態に応じて派遣するスタッフの人数決め、できるだけお安く、迅速に作業いたします。また、定額料金プランもご用意していますので、ゴミの量が多くても安心です。
 
さらに、KADODEは買取サービスも行っていますので、もし処分する不用品の中に買取可能なものがあればその場で査定させていただき、回収費用から買取分の金額を差し引かせていただくことも可能ですので、よりお得にお片付けのサービスを利用できます。

 

片付けのお見積りは無料ですので、ぜひお気軽にご相談くださいませ。

KADODEのゴミ屋敷の清掃実績をチェック!

まとめ

この記事ではゴミ屋敷化してしまう原因から、片付けの方法まで詳しくご紹介いたしました。できればゴミ屋敷になる前に片付けるのが一番なのでしょうが、その方の環境、体や心の状態など、片付けられない原因がたくさんあります。
 
しかし、ゴミ屋敷化してしまい、そのままそこに住み続けるのは体に悪影響を及ぼし、命に係わることもあるかもしれません。また、近隣にも被害が及ぶことも考えられますので、まずは家族や友人なのどに相談することをおすすめします。
 
お片付けに関するご相談であればKADODEでも承りますので、できるだけお早めにご相談ください。そして、ゴミ屋敷とは決別し、快適で気持ちのいい空間で過ごしていただければと思います。

EXAMPLE

不用品回収例

単品からOK!

など、様々な不用品処分
ご活用いただけます。

下記のような場面でお役立てください! 下記のような場面でお役立てください!
AREA

対応エリア

areaページ地図

四国地方

0120-966-926
簡単LINE見積もりはこちら 無料見積もりフォームはこちら
0120-966-926
無料見積もりフォームはこちら 簡単LINE見積もりはこちら
↑