不用品・粗大ゴミ回収なら24時間365日受付のKADODE!

KADODE 24時間365日受付中!0120-966-926
COLUMN

ゴミ屋敷の住人は意外にも女性が多いのはなぜ?弊害や解決策をご紹介

ゴミ屋敷の住人は女性が多いのはなぜ?プロが教える!おすすめの解決策!

お客様
お客様
ゴミ屋敷は男性と女性ではどちらがなりやすい?ズボラな人がなりやすいのかしら?
お客様
お客様
ゴミ屋敷を解決するにはどんな方法がおすすめ?気を遣わずに片付けて欲しい!

ゴミ屋敷化してしまう人のイメージと言えば、面倒くさがり屋できれい好きではない人でしょう。そのため、ゴミ屋敷にしてしまうのは男性の方が多いと考えられがちです。実は、女性がゴミ屋敷の住人と言うケースが増加してきています。

 

この記事を読んでいただくと、女性がゴミ屋敷になる理由や特徴が理解できるようになります。ゴミ屋敷になっているなら、このまま住み続ける弊害も知っておく必要があるでしょう。

 

ゴミ屋敷から解決するための方法もご紹介していきます。ゴミ屋敷を何とかしたい女性やその身内・友人の方も、ぜひ今後の参考にしてください。


0120-966-926
簡単LINE見積もりはこちら 無料見積もりフォームはこちら
0120-966-926
無料見積もりフォームはこちら 簡単LINE見積もりはこちら

ゴミ屋敷になってしまうのは実は女性が多い

ゴミ屋敷になってしまうのは実は女性が多い!意外な事実!なぜ女性が?

 

ゴミ屋敷に住んでいると言えば、男性を想像するでしょう。しかし、意外にもゴミ屋敷になってしまうのは女性の方が多くなっています。

 

だらしない生活をしている女性がゴミ屋敷になりやすい先入観がある方も多いでしょう。実は、きちんとした職にありながらもゴミ屋敷になってしまっている女性が増加しています。

 

ゴミ屋敷と言うと一戸建ての住人が多い印象を受けますが、集合住宅でも見られます。マンションでは、室内に入らないと部屋の様子が分からないためゴミ屋敷の問題は深刻です。

ゴミ屋敷になってしまう女性の特徴

ゴミ屋敷になってしまう女性の特徴!チェックしよう!ズボラな人がなる?

ゴミ屋敷にしてしまいがちな女性には、以下のような特徴があります。具体的に見受けられる行動や性格を分析してみました。

ゴミ屋敷化してしまう女性の特徴

仕事が忙しすぎる

職場では責任のある立場の女性だと、仕事が忙しいことで家での家事がおろそかになりがちです。夜遅く帰宅して朝早く出勤する暮らしでは、ゴミは溜まる一方で整理をする時間もありません。

 

その結果、多忙すぎることが原因で気づいたらゴミ屋敷になっていたという事例もあります。中でも、教師や看護師・医師は不規則で多忙なため、片付けができにくくなる傾向が顕著です。

片付けや掃除が元々苦手

片付けや掃除をすることが元々苦手と言う女性もいます。こういうタイプは、部屋が散らかっていてもそれほど気にすることなく、後回しにしがちです。

 

「洗濯ものを元の場所に仕舞わない」「少々埃があっても気にしない」「キッチンに洗い物が残っている」などがあっても、気にならなくなるとさらにゴミ屋敷化してしまいます。

ストレスが蓄積している

ストレスが重なっていくと、ゴミ屋敷化の傾向が現れます。家庭や仕事、子育てなどの悩みでストレスがかかり続けると、それまでのように片付けや掃除ができなくなってしまうのです。

 

ストレスが引き金になってメンタル面をこわしてしまうと、やる気が湧いて来なくなります。見た目は元気そうに見えても、目に見えにくいメンタルの不調から部屋が乱れることも珍しくありません。

物を買いこんでしまう

人間関係や仕事などストレスがかかると、物を買いこんでしまう傾向が強い女性もいます。一時的に、買い物でストレスを発散することは誰でもあることでしょう。

 

しかし、ゴミ屋敷になりがちな女性は必要だから買うのではなく発散したいだけで不要なものまで買ってしまう悪循環に陥ります。

 

しかも、ものの管理ができないために要不要に関わらず溜め込んでしまうので、さらにものが増え続けてしまうのです。

ゴミ屋敷のまま住み続ける弊害

ゴミ屋敷のまま済み続ける弊害!注意喚起!健康を損なう!

ゴミ屋敷のままで住み続けると、以下のような深刻な弊害が生じてしまいます。「もしかしてゴミ屋敷化になっているのでは?」と自覚し始めている女性は、このような弊害があることを知り早めの対処を考えて行きましょう。

ゴミ屋敷のままで住む弊害

悪臭や害虫の発生から健康を損ねてしまう

  • 食べ残しを放置している
  • 洗濯がきちんとできていない
  • 掃除がおろそかになっている

悪臭があってもその臭いに慣れてしまう問題は、深刻です。自分に悪臭がついているのにそれを感じなくなり、周囲へ不快感を与えてしまうこともあるでしょう。

 

食べ残しをため込んでいると、ゴキブリやハエなどの害虫が発生します。衛生上良くない環境で暮らし続けていると、健康を損ねる可能性も高くなります。

 

特に梅雨時から夏にかけては、害虫の繁殖が顕著なので気づいた時に駆除を行うべきです。自宅だけではなく、近隣住民への悪影響もあるので注意してください。

火災のリスクが高くなる

ゴミ屋敷になってくると火災のリスクも高くなります。

  • 庭にまでゴミがはみ出すとタバコのポイ捨てで火災が起きやすい
  • コンセントの埃から出火の可能性がある
  • ガスコンロでライターが他のごみに引火してしまう

自宅だけではなく、延焼によって近隣の住まいまで火災に巻き込むことも心配されます。ゴミ屋敷をそのままにしておくと、火災の問題も起こる可能性もあることを認識しましょう。

無駄な出費が続く

ものがたくさんある方が、豊かな暮らしだと考える女性もいます。特に、高齢になるとものに囲まれている方が、寂しさを埋めると考えがちです。

ものがあり過ぎることで管理ができなくなり、無駄な出費がかかってしまいます。

  • 家にあるのにまた買ってしまう
  • ただなんとなく衝動買いを繰り返してしまう

また、片付けを先延ばしにするとそれだけゴミ屋敷清掃を依頼した場合の費用も高くついてしまいます。

女性でゴミ屋敷になった時は人を頼ることで解決できる

解決方法!女性でゴミ屋敷に!人を頼って解決できる!知っておくべき!

ゴミ屋敷になってしまっているのに気づいても、住人の女性が自発的に片付けや掃除を行えるものではありません。「何とかしなくては」と思っても、解決方法が分からないから悩んでいる女性も多いでしょう。

 

そのような時には、身近な人や業者を頼ることを考えてみましょう。

家族や友人に片付けを手伝ってもらう

女性でゴミ屋敷となった場合、家の様子を見せることに抵抗感がある人も多いものです。それでも、気持ちの良く分かる家族や友人なら恥ずかしいところを見せたとしても片付けを手伝ってと頼めるのではないでしょうか?

 

自分だけで解決しようと思っても、ゴミ屋敷の片付けは根気もいる上に人手がなくてはできない作業も多いものです。

 

家族や友人であれば、ゴミ屋敷の片付けを手伝ってくれる可能性も高いでしょう。第三者に知られたくない部屋の状態でも、家族や友人なら手伝いを相談できるでしょう。

 

ゴミ屋敷清掃業者に依頼する

一方、プロであるゴミ屋敷清掃業者に依頼する方法もあります。親しい間柄の人に頼むのは返って戸惑いがあるという方も、業者なら安心して依頼できます。

 

業者は、ゴミ屋敷清掃に慣れているので住人への配慮もしてくれるため、恥ずかしい思いをすることもありません。もし、女性のスタッフを希望すれば対応してくれるところもあるので、まずは相談してみましょう。

間取りごとの料金相場

間取り 料金相場
1K 30,000~80,000円
1IDK 70,000~200,000円
2DK 90,000~250,000円
2LDK 120,000~300,000円
3DK 150,000~400,000円

その際には、複数社で見積もりを取り作業内容がどこまでなのかも把握しておくようにするのがおすすめです。

不用品回収のKADODEは女性でも心配なくゴミ屋敷清掃が依頼できる!

KADODEは心配なくゴミ屋敷清掃が依頼できる!女性でも安心!プロにお任せ!

ゴミ屋敷となってしまったものの、住人が女性だとなかなか業者への依頼も踏ん切りがつかないかもしれません。そのような時には、不用品回収のKADODEへお気軽にお問い合わせください。

  • 害虫が発生していてどうしようもない
  • ご近所からの苦情が来ている
  • 床や水回りの掃除もお願いしたい
  • 自分では対応できないごみを何とか処分したい

女性だと業者と言っても、部屋の状態を見られるのに抵抗感があるでしょう。こちらでは、そのようなお悩みを少しでも軽減できるように女性スタッフを出張させることも可能です。ゴミ屋敷清掃に関することならどんな些細なことでも遠慮なくお伝えください。

 

ゴミ屋敷を長びかせるのは弊害ばかりです。1日も早く元のきれいな部屋に戻せるようサポートしていきます。業界最安値に挑戦し続けているKADODEは、不用品買取も可能なので少しでも費用を抑えたゴミ屋敷清掃を実現して行きます。

0120-966-926
簡単LINE見積もりはこちら 無料見積もりフォームはこちら
0120-966-926
無料見積もりフォームはこちら 簡単LINE見積もりはこちら

女性のゴミ屋敷まとめ

女性のゴミ屋敷まとめ!いつ誰がなるかも?

ゴミ屋敷に悩みながらも、なかなか解決できない女性が結構いらっしゃることが分かりました。ゴミ屋敷化の傾向がある女性の特徴をお伝えしましたが、いくつか思い当たるという方も少なくなりでしょう。「私だけは大丈夫」との思いでいても、いつ誰がゴミ屋敷にしてしまうかもしれません。

 

ゴミ屋敷の傾向がある場合には、弊害を考えた上でできるだけ早い段階でゴミ屋敷を解決するのがおすすめです。女性なのにゴミ屋敷にしてしまったことで、羞恥心や劣等感もあるかもしれません。しかし、そうしたゴミ屋敷の悩みを抱え解決した方も大勢いるのも確かです。

 

女性でゴミ屋敷になってしまった時には、業者の力を借りる方が早い改善につなげられます。ゴミ屋敷にこのまま住み続けても、プラスになることは一つもありません。健康を損なわないためにも、ゴミ屋敷からの脱出を目指していきませんか?

EXAMPLE

不用品回収例

単品からOK!

など、様々な不用品処分
ご活用いただけます。

下記のような場面でお役立てください! 下記のような場面でお役立てください!
AREA

対応エリア

areaページ地図

四国地方

0120-966-926
簡単LINE見積もりはこちら 無料見積もりフォームはこちら
0120-966-926
無料見積もりフォームはこちら 簡単LINE見積もりはこちら
↑